人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> kakitarouさ..
by kasime at 22:19
ヨスケさん、 初めまし..
by kasime at 03:03
初めまして。 ズマロン..
by ヨスケ at 16:03
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
記事ランキング
<   2013年 02月 ( 29 )   > この月の画像一覧
鎮守の森
a0281778_21413831.jpg

M6 SWH 15mm f4.5

by kasime | 2013-02-27 21:42 | 写真 | Trackback | Comments(3)
集落
a0281778_21354374.jpg

M6 Summicron 50mm f2

久しぶりにA型を片手にお散歩に。
うーん、このリストストラップだけだと不安定だな。
本当に片手で持つ感じで、のんびり撮るのにはめんどくさい。

単体露出計で日向をポチリ。
うーん、大体、f8の1/250。
A型にはその値は無いので、
エルマーの絞りをf9、シャッターダイヤルを1/200に。
日陰は・・・f4の1/250。二段落ち。
絞りをf4.5と1/200で。

単体距離計を付けるとバランス悪いなぁ。
ぶらーん、ぶらーんって。頭でっかち。

おっ、これ、撮ってみるか。
ビニルハウスが好き。あのヌメッとした白さが好き。内側に付いている水滴も。
うーん、大体3mかな。先に単体距離計のダイヤルを回して合わせておく。
覗くと、大体合ってる。何度かこの方法で撮ってみたが、極端に外すことは無かった。

距離計いらないかな。
どっちにしてもケースが欲しい。

お、木だ。縦構図で撮っておくか。
シャッタースピードは1/200。
シュ、ルン。・・・。あれ?シュ、ルン?
シャッターダイヤルゆっくりじゃ?1/200出てなかったな?

あ、グローブがシャッターダイヤルに触れてた・・・。

グローブを外して、もう1枚。
シュタン!

M型だとグローブ付けていても問題ないけれど、
バルナックはシャッターダイヤルに触れてしまうと、
シャッタースピードが落ちてしまい、結果オーバーになってしまうので、
指には気をつけていたけれど、グローブの指先のほんの少し余った所が触れてた。

歩いて15分ぐらいのかなり古くからある集落に行ってみた。
真ん中に神社があって、その先にお寺さん。
周りを大きな家で囲んでいる。森も残っている。
遠くから見るとそこだけ、別世界のように見えていた。

集落の中を歩いていると、アパートの部屋の玄関前でじっとしている猫がいた。

エサ待ち?

少し先を見るとゴミ捨て場におばあさんが出て来ていた。
コンビニの白い袋で別の猫をあやしている。

「こんにちは。この辺は猫が多いんですかね?」と話しかけると、
にっこりと笑って、「ええ、そうなんですよ〜。」
「あっちこっちにいますよ。あの神社の周りに。」
と、木々で覆われていて、高台にある神社を指差す。

「ああ、あの森の中がいい隠れ家なんですかね。」
「そうなのよ。でもね、この猫、私が飼ってるの。」
と、目の前いる、キジを指差す。後ろ足で首元をかいている。

「ああ、そうなんですか。他にも一杯いるみたいですね、この辺りは。」
「もうね、いっぱい。あ、ほら出て来た。」

振り返ると、ぞろぞろと隙間と言う隙間から出て来た。
板と板の間から、道路の曲がり角から、大きなお屋敷の様な家の門の隙間から。
あっという間に猫に囲まれた。7~8匹ぐらい猫が出て来た。
「ほとんど、兄弟なのよ。」
「餌をあげているのは大家さんには内緒なのよぉ。」と微笑む。

それを聞いた時、「去勢」とかどうしているのだろうと疑問が湧いたが、
おばあさんは続ける。

「猫はかわいいから。野良にしておくとゴミとか漁っちゃうからね。」
おばあさんは笑みを浮かべながら、猫達を見て話し続けた。

足下から見ると、逆光の光に照らされたウール地のスカートが光っているように見えた。
その時、私が全然おばあさんを見ていなかったことに気づいた。
結構、大柄な人だったんだなと改めて感じた。身長は160cmぐらいか。
70代に見えるが、その世代で160cmを超えていると大柄な方だなと思う。

「猫が悪い訳じゃないからねぇ。」

「人間がどう接するかですかね。」
「そう、そうよね。あ、あの子はこの子と兄弟なのよ。」
「あ、あの子はね、気が小さいのよ。」
「あ、あの子は食が細いの。」
「みんな個性があるんですね。」

そんな会話をした後、少し会話が止まったのを見計らって、
「では、この辺りを一周してきますね。」と伝えると、
「ああ、ええ、うん、どうぞ、どうぞ。」とにっこりと笑った。
その表情を見た時、私が感じていたより年齢が若いかもしれないと思った。

歩き始めて振り返ると、おばあさんは猫達に囲まれていた。すり寄っている猫もいた。

多くの猫に囲まれているおばあさんを見ていると、
色々と思うことはあったけれど、それぞれの生活だ。
「よそ者」の私が思ったことを「全て」口に出す必要は無い。

もしかしたら、「野良」でもめているかもしれない。
でも、「地域猫」で馴染んでいるかもしれない。
その地域に任せるべきだと思った。そして私は中立者であるべきと。

歩きながら、絞りを日陰に合わせる。

お寺が見えて来た。目の前に石段がある。
古い石段を登って行く。
無縁仏もある。塔婆が倒れているものも。
お地蔵さんにある、お供え物は乾燥してひからびている。
高い所にあるので「湿地帯」もよく見えた。
こんな所があったなんて知らなかった。遠くには電車の高架も見えた。

日当りのいい土手に水仙がチラホラ咲いていた。早春。
数枚、パチリ。

大きく迂回して、いつもの湿地帯に出る。
段々、陽が暮れて来たが、陽が延びたなと思った。
それでも、夕日に照らされた、長い影がまだ冬らしさを残している。

湿地帯は以前訪れたときから、あまり変わっていなかった。
歩いていると空気も冷たくなって来た。

露出も開放f3.5で1/60も厳しくなって来たので、
残り一枚何を撮ろうか考えていたら、
渡り鳥が空をV字に連なって飛んでいたので、それを撮って終了。

フィルムを巻き戻しながら、帰路を歩いていると一気に空が暗くなって行く。
まだまだ、寒さが残っている。2月最後の火曜日。
by kasime | 2013-02-27 21:36 | 日記 | Trackback | Comments(2)
巨木-2
a0281778_2024335.jpg

M6 SWH 15mm f4.5

by kasime | 2013-02-25 20:24 | 写真 | Trackback | Comments(8)
Fuji PRO400 販売終了
a0281778_2050048.jpg

M6 Summicron 50mm f2

プロ用銀塩写真フィルム 一部製品のパッケージリニューアル
および価格改定ならびに一部製品の販売終了のご案内


Fuji PRO400 販売終了。
プレストは24枚撮りが無くなる。
PRO400は結構好きな色合いで良かったのになー。
最近、現像難民だからうーんいいかな。無くなっても困らない。

販売終了のアナウンスには流石に驚くことはなくなったけれど、値上げ25%か。
私は完全にフィルムが無くなるのは無いと思っている、楽観主義者だが、
値上げの方が痛い。

これからも少しずつ、値段が上がって「買えない値段」になる時が来ると思う。
それはどれぐらいの値段か。
タバコみたいな話になって来たな。
一箱1000円なったら止めるか!?とか。

流石に36枚撮りモノクロが1000円になったら、潔くやめるけど。

ん?36枚撮り360円で一枚あたり10円でしょ?
すでに10円超えてるのか。結構なお値段です。フィルムは。

で、一番問題なのはフィルムを使えなくなって、デジタルに移るかと言う時に、
「楽しめる」デジタルカメラがあるかどうか。
by kasime | 2013-02-24 20:50 | 機材 | Trackback | Comments(18)
巨木
a0281778_20463342.jpg

M6 SWH 15mm f4.5

by kasime | 2013-02-24 20:47 | 写真 | Trackback | Comments(0)
浦安ぶら。
a0281778_21453225.jpg

DP2

初めて、浦安を散歩した。
浦安と言えば、某ネズミの国・・・かも知れないけれど、
どちらかと言うと港町、漁師町だった所。

で、まずは全くと言っていい程知られていないであろう、浦安市郷土博物館へ。
ちなみに無料!太っ腹!浦安市!この市は税収で困ることは永遠に無いだろう。
ここは昭和27年の浦安を再現した所で、以前から気になっていた。
入ってみると小規模ながらとても充実して、
ボランティアさんによる説明も一所懸命でとても好感が持てた。

見学した後、ぶらっと浦安魚市場へ。少し寂れていたけれど、ここにあったのかと。
以前から良く通っていた所だっただけに少し驚いた。
近くで「マグロづけ丼」をいただきました。おいしゅうございました。

境川周辺をぶらりと歩く。
天気にも恵まれて気持ちよかった。
日差しがきついぐらい。あー、UVカットクリーム塗って行くの忘れたー。
お肌のシミを防がないとイケナイのよ。

川沿いに歩いて行くと、またもや、スカイツリーが見えたり。
スカイツリーって、どこからでも見える感じだな。

陽が暮れる頃、寒くなって来たので終了。もう少し浦安は探検してみたいかな。

a0281778_21451439.jpg

博物館内にある「天ぷら屋」の柊鰯
魔除けとか、鬼除けだけでなくて、「一本だたら除け」の意味もあるなんて!

a0281778_214512.jpg

ヱビスビール
流石にここまで古いのは知りませんでした。

あ、久々のM3と50mmは狭かった〜。でも50mmは原点みたいで心地いい。
50mmを使っていると、真面目になった気分。
by kasime | 2013-02-22 21:45 | 日記 | Trackback | Comments(4)
11月の海辺-4
a0281778_21393937.jpg

M6 Summicron 50mm f2

by kasime | 2013-02-20 21:40 | 写真 | Trackback | Comments(0)
11月の海辺-3
a0281778_23222559.jpg

M6 Summicron 50mm f2

by kasime | 2013-02-19 23:24 | 写真 | Trackback | Comments(0)
結婚式にライカを持って行ってみた。
a0281778_2247129.jpg

IIIa Summaron 3.5cm f3.5

土曜日は親戚の結婚式だった。
結婚式はすごい幸せに包まれたものでおじさんは泣きそうになったよ。

さて、その結婚式で写真を撮りたいと思い、M6、ズミルックス35mm。
基本、万能画角35mmで、M4とか、M2、果てはバルナックも考えたけれど、
露出が面倒だなと思い、「無難」にM6。全然、「無難」じゃないけれど。

まぁ、案の定、フィルムカメラを持っている酔狂な者は私だけ。

みんなコンデジか、ケイタイ(意外にスマホが少なかった)です。
デジイチの人はいなかったなぁ。
コンデジ、ケイタイで機能としては十分なんだよね、写真として。
式がメインで写真は撮れればいいのです。
後は、動画の人が多かった!ケイタイでも、コンデジでも。
説得力あるものなー、動画は。

ただ、逆光でどうしてもお嫁さんが暗くなっちゃうのをどうにかして!
と、言われて、何人かのケイタイカメラを「プラス補正」にした。
それぐらいです、趣味が写真で役に立つのは。
フォーカスも絶対にAFの方が高性能な訳だし。

式場のカメラマンはなんとNikon!D800とD1x!?これは・・・見間違え?
キャノンじゃない人初めて見た。
D800と書かれたストラップを見ながら、
今はD800がスタンダードなのだろうか、
あれは「E」なのかな?とかぼんやりと考えてた。

親族一同記念写真はEOS二台。
PC接続して、その場でモニターを見て、もう一枚と指示が出る。
へぇ〜すごいねと家族で話した。

話が逸れたけれど、M6と35mm、うーん、どうだろう。
あまり自由に動けないとき、単焦点レンズは弱いなぁと。
披露宴で35mmは遠い。50mmだと手ぶれが怖い。狭い。
35mmは近くに来てくれる時だと狭い。
28mmは?やっぱりf2.8は暗いかな。
かと言って、ISO400以上のフィルムは使いたくない=増感したくない。

披露宴では照明が変化するので露出はf11のss1/1000と言う時もあったし、
f1.4開放で1/30(絶対にブレてるだろうな)と言う時もあった。
こういう時はデジタルの良さが一杯あるな。ISOをいつでも変えられるとか。
もう、デジタルで撮るか、フィルムで撮るかなんて、感情的な選択肢でしかなくて。
フィルムで撮ってあげたいなんて、結構な自己満足。
フィルムでちゃんと撮れるないなら、デジタルでちゃんと撮れた方がいい。

結局、あまり撮らなかった。撮れなかった。
撮るより、見ていたかったし。

28mmでフラッシュ付きにすれば良かったな。
フラッシュの使い方が分からないから、少しどうにかしたいな。

一番、思ったのは、その場の雰囲気が一番大切。
カメラを持って、イキって、(by小藪@アメトーク)1人寄って行ったり、
お嫁さんを後ろから追っかけて、「シルエット」を撮ろうなんて考えても、
やってはいけないのだなぁと。主役は誰ですかと。

私は「専属カメラマン」でもないので、あまりしゃしゃり出ないほうが吉。
記念写真はカメラマンに任せればいいので、親族で久しぶり〜とか、
これからもよろしくお願い致しますとか、ご挨拶して、
二人におめでとう!と声をかけてあげる事なのかなって。

その時に私が泣いていたのはここだけの話。
by kasime | 2013-02-19 22:50 | 日記 | Trackback | Comments(8)
ゼロダークサーティ
「ゼロダークサーティ」を観た。
平日のレイトショーだが、観客、4人。さみしー。
158分。

ちなみに9.11があった、2001年11月にビンラディンを
「トラボラの戦い」で逃がしているのを映画化しようとしたら、
「本当に」ビンラディンが死んでしまって、今回の映画を作り直した。

ネタバレありありです。

"Zero Dark Thirty"の意味は午前0時半のこと。
つまり、Operation Neptune Spear(海神の槍作戦)が決行された時間。

しかしまぁ、最後の暗殺シーンまでが長かったこと、長かったこと。
中々ビンラーディンに辿り着かないし。

拷問は続く。アメリカって拷問激しい国なんだなって。
ずるいよね、自分の国では拷問は違法だから、海外で拷問するんだから。

あと、アラブ系?イスラム系の名前が一杯で、もう誰が誰か分からない。

ロンドンの爆弾テロとか出て来たから少しリアリティが増したかな。

DEVGRUの暗殺シーンは怖い。
30分ぐらいだけれど、ほんと、怖いから。
あんな人たち来たら、絶対に両手挙げるから。
だって、こんな暗視スコープ付けてるんだよ。
a0281778_1282776.jpg

四つ目の鬼達です。

消音器を付けたライフルはバズッと気持ち悪い音を出してた。
部屋がピカッと光ると人が撃たれてる。

問答無用に殺されちゃうんだよね。確実に頭と身体にニ発撃ち込まれて。
淡々とドアを開けて、殺して行っちゃうから。
あの人たち、悪魔だよ、悪魔。

暗闇で「オサマ」、「オサマ」と呼びかける。
ひょい!と頭を出した誰か。
バズッ!ドタン!
バズッ!バズッ!とトドメ。

どっちがワルなのか、さっぱりわからない。
どっちが正義なの?
手早く、証拠品と言う、モノをかっぱらって行くのはさながら盗賊。

あと、最後まで引っかかるのは本当にビンラディンを殺したの?ってこと。

評価;☆☆☆☆☆(良くも悪くも。)
気分が悪くなる、恐ろしくなる。本当に怖い映画だった。
これがキャリン・ビグローの求める感想なのかなって思ったり。
by kasime | 2013-02-19 01:37 | つぶやき | Trackback | Comments(0)