人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
Kasime様 こんば..
by R100RS at 19:54
今日は養老渓谷でしょうか..
by 川越 at 09:26
> 川越さん 桜ですね..
by kasime at 21:38
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
久しぶりのElmar 5cm..
at 2019-01-29 21:50
記事ランキング
<   2012年 07月 ( 29 )   > この月の画像一覧
M9-P
a0281778_20442653.jpg

M9-P C Sonnar 50mm f1.5

初めての「フルサイズデジタルカメラ」がライカになるとは、
あんまり意識していなかったけれど、結局中古で買った。

M8も良かったけれど、「フルサイズ」という欲望には勝てず。
M8とかなりのレンズを出して、キズ多めのもので下取り交換。

今回のM9-Pの中身はHPにも書いたが、
ライカジャパンでCCD交換、距離計調整済みのものだった。
もう1台は何も触らずの状態。

比べてみるとピント合わせはしやすかった。
あと、CCD交換済みというのも安心材料だった。

何度か使ってみたが、んー、根本的にはM8と変わらないかも。
フルサイズだからってことはないし、使用感もそれほど変わらないかな。

色味はよく言われるようにポジっぽく濃い感じ。
M8はネガっぽいとか言われるけれど、確かにそうかも。
コントラストも高いのかもしれない。
わかりやすい絵作りになっている気がする。

ピントは合わない。ダメなものはダメ。
もう諦めた。最短付近が全体的に前ピン。
A3伸びとかに引き延ばす予定が無ければ良いんじゃないの。
不思議なことに135mmは開放からガッチリ来る。

ただ、2~3m辺りは大丈夫みたい。
ピントについては重箱の隅をつついて、目くじらたてても仕方ないかと。

何よりも気楽になったのはUV/IRフィルターが必要でなくなったこと。
これは大きい。一番のメリットだと思う。
結構コストもバカにならないなと思っていたので、ほんと助かる。

今回、「フルサイズデジタル」を手にして思ったのは、
やっぱりフィルムの方が良いということ。
まぁ、今後を考えるとデジタルも有りだと思う。

しかし、もう少数派になってしまったけれどまだまだフィルムがいいな。
by kasime | 2012-07-31 21:43 | M9-P | Trackback | Comments(0)
便利さと使いやすさ
a0281778_20431491.jpg

DIII Elmar 5cm f3.5

ある記念撮影の風景。

おーい、じゃあ、みんなで記念写真撮るぞー。集まれー。

うぇーい。ぞろぞろ。

よーし、このカメラは「スマイルシャッター」がついているから、
みんなの笑顔を絶対に逃さないぜー。

おお、すげー。

じゃあ、みんな笑って、笑ってー。構える。

にか、にこ、にひ、えへ、うふ、ふふ、ぐへへ。

液晶を見つめる、撮影担当。画面は笑顔を検知したと表示されない。

うーん。みんな笑顔が足りないぞー。もっともっと、スマイルー。

えへへへ。

液晶を見続けるが一向に「笑顔」が検知されず。
なぜだ。

自慢のカメラだ。ここ一番のカメラだ。
それが、ここに来てシャッターが切れない。
これではまずい。面目丸つぶれだ。

みんなー、もっともっとー。

集まった人々はさすがにどうすればいいのかわからなくなってくる。
困惑の表情が広がり始める。

どうしたんだよー、みんな、笑って、笑って、スマイル、スマイル!
もうだめだっ!笑いが取れたと言うことにしてしまえ!
シャッターを切ってみるも、カメラ受け付けない。赤ランプが点灯している。
顔が青くなる。

みんなからは固い笑顔が広がり始める。

再度、液晶を見るも検知されず。
・・・焦り始める。
イヤーな汗が出てくる。

しかし、その焦りが怒りへと変わり始めるにはそれほど時間を必要としなかった。

なんだよー、なかなか撮れねーじゃん。早くしろよー。
と、冗談っぽく言う、被写体達。

一気に点火した。
うるさいなっ!!

みんな、笑えよ!笑えよ!笑えば撮れるんだよ!

笑えよ!

凍り付く場。

1人が言う、
なんだよ!笑えって!そんなに強制されて笑えねーよ!
そうだよ!なんでカメラのために笑わねーといけねーんだよっ!
怒号が飛ぶ。表情はみな

なんだと!笑わないと撮れねーんだよ!
笑えって!笑え!笑わないとぶっ飛ばす!
撮影者は鬼の様な形相で、笑えと言う。

全ての人々から笑顔が消え、怒りの表情へと変わる。
もういいよ!他のカメラで撮ってくれよ!
だれか、他のカメラ持って来て!

少し離れたところで状況を見ていた、おばちゃんが
はーい、じゃあ、私がこれで。
おばちゃんがと言って持って来たのは「写るんです。」

被写体達は一瞬曇った顔をするも、

おばちゃんはあらー、これはだれでも撮れるカメラよ。

はーい、カチャ、ピカっ!
オッケー。

カメラ、写真において第一義としての使命は「撮れていること」だと思う。
良い写真かどうかは副次的なものだと思う。
by kasime | 2012-07-30 21:42 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
safari6.0と山ライオン
a0281778_20414366.jpg

M6 Summicron 90mm f2

ちょっと、使ってみての感想。

まず、safari6.0。
体感的に早くなった気がするけれど、
使い勝手は不便に。

フォントは選べなくなり、全て明朝体という。
ヒラギノさえ選べないという完全に日本を捨てた仕様。
RSSもダメになったとネット上では聞く。元々使っていなかったので、
支障はないのかなと思いきや、Top siteに入れていたサイトの更新を教えてくれる、
モードも無くなったのでおそらくRSSと関係あるのかなと。
とにかくすんごい使いづらい。

OS。
うーん、これは完全に必要なかった。
必要がある人はiPhone、iPadでいろいろと使いこなしている方には、
とても恩恵があるのかも。
さっぱり必要性を感じないものが多い。

そもそも、iCloudでつまづいた時点で、終わっているんだけれど、
これがコアになっているので、
何かしらやってくれているんだなーぐらいしか、わからない。

何だか、今まであった、OSのバージョンアップの革新性というか、
あっ!と言わせるようなものは、今の私には全く見いだせず。
Lionで十分じゃん。と言うのが正直なところ。

このOSを「使いこしているぜ!」と言い切れる人ってどれぐらいいるのだろう。
ジョブズがいなくなってから云々と言うのは言いたくない。

彼がいなくなったからアップルはダメになるとしたら、そんなものなのだろう。

あと、今回のハードの買い替えで思ったのは、完全にラップトップについては、
Airのような方向性を考えているのかもって言うこと。

つまり、使い捨て感覚。
もっと、ハードのアップグレードしたいなら、買い替えてねと言う。

HDDでもなくなり、SSDの直付け。
メモリーも直付け。
変えようが無い。

そして、記憶媒体はクラウドで行くからねって。

今後はAirの13インチあたりにレチナが入ったら、それぐらいで十分かも。
by kasime | 2012-07-29 22:40 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
Mountain Lion
a0281778_20395552.jpg

M6 Heliar CLASIC 75mm f1.8

発売されましたね。

うーん、どうもよくわからないのが正直なところで、
わざわざ、アップグレードする必要があるのかと思う。
Lionでさえ、まだ使い切れている感じがしないし。

「リマインダー」や「メッセージ」、
「通知センター」、「Game Center」

が使えるって、書いてあったけれど、iPhone、iPadでおなじみって、
言われても、使ったことがないので全くピンとこない。

それでも最新のOSにしておきたいと思うこの感覚。
今は無料でアップグレードできるからやるかという感じかな。

それでも、OSが1700円ってどうなってるんだって。
windowsの最新版って、いくらなんだろう。
by kasime | 2012-07-26 22:39 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
ホテルルワンダを観た。
いつも手に取ってはまた今度でいいかと思っていた。
今回、手に取ってみた。理由は旧作100円だったから。

その「ホテル・ルワンダ」
評価;つけられない。

キーワードは
「命の値段」
「無関心」
「私利私欲」

「アフリカの奇跡」

映画の内容はあまりにも悲しく、辛く、涙さえ出ない。
淡々と現実のみが描写されている。

1993~1994年にアフリカのルワンダで起きたことを知らないのは恥だ。

私には何もできないが知ることはできる。
まず知ることから始めたい。

現実に興味のある人は見ておくべき映画だと思う。

しかし、今回映画を観て、ことさら、私は募金は決してしないと強く思った。
全ての事象における募金だ。

「アラブの春」は失敗に終わったと思っている。

しかし、それに触発されシリアでも独裁政権に対してクーデターが起き、
現在、内戦状態とされている。

政府軍は民衆を虐殺しているという。
民衆も武装して戦闘を継続している。

政府軍はロシアから武器を購入している。
(だから、ロシアは国連決議に拒否権を発動する。)
では、反武装勢力はどこで武器を手に入れているのか。
政府軍から。政府軍の軍人が横流しをしている。
武器を売ったお金は軍人個人のポケットマネーになる。

政府はロシアから武器を買い、政府軍は反武装勢力にその武器を売る。
結局ロシアから買った武器で戦争をしている。
ロシアはシリアがこのまま崩壊したら、武器を売ったお金を回収できなくなる。
それはロシアにとって好ましくない状態だから、シリアはこのままで居てほしいのだ。

ではロシアが武器を売らなければいい?
どうやって止めるのか?
話し合いで?
それともロシアに実力行使する?だれが?

国連で制裁を加える?中国が拒否権を発動するし、
むろんロシアは猛反発するだろう。

さて、シリアがもしクーデターに成功し暫定政権が樹立した後、
国として成立するだろうか。
私は甚だ疑問だ。

イラク、エジプト、リビアと同様の道をたどると思う。

独裁国家の方がマシだったと。

今回、「化学兵器」の存在が明らかになったが、
その「管理」ができなくなった時が軍事介入の潮時だと思う。
テロリストへ流出するのが、欧米各国の一番の懸案事項だと思うから。

現在の中国、ロシアが独裁国家の中に入るが、
これが崩壊したら・・・考えるだけでも恐ろしい。

最後にエリトリアという国も知っておくべきだ。
by kasime | 2012-07-26 21:49 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
俺を撮っているのか?
a0281778_20374416.jpg

M9-P Summilux 50mm f1.4

俺のこと撮っているのか?
そう言っているようだった。
いや、ただ木を撮っているだけ。
そっか、おーけー、おーけー。

〜〜〜〜

近所の公園に撮りにいったときのこと。
この公園は「もめること」がないのでいつも時間がある時はカメラを持って、
撮りに行くことがある。

公園に着くとベンチに麦わら帽子を被り、首元が真っ赤になっているおっさんがいた。
入り口から入るとちょうど、おっさんの後ろ側になった。
下を向いている。何しているのかわからん。
Tシャツとバミューダだったので、近所のおっさんか。

こんな暑い日になぁ。よくやるわ。まぁ、夕方なので少しはマシか。
で、近くで花を撮ったりして、その後木を撮ろうと思い、幹を撮った。
その先におっさんがいる。
そして、上を向いてオーバー気味に撮ろうかと思っていたら、

何か、声が聞こえてくる。

なに?

向こうのおっさんだよ。
ん?
日本語じゃねぇー。

そこには日本代表の本田ばりに手振り身振りをしながら、
立ち上がって、こっちに、
英語で俺のこと撮っているの?と言っているようだ。

ああ、間違われたか。

違う、違う。
木を撮っているだけよ。

あー、そうなんだ、オーケー、オーケー。

そうそう、どーもね。

はいよー。と言いながらベンチに戻っていく姿はさながら、
ベンチ組の控えの選手。

なんだよー、びっくりしたじゃんかー。
ここに来ても、国際人ぶりを発揮しないと行けないのかよ〜。

じゃない。

ゆっくり撮っていられないのかよーって。

まぁ、公園を一周している間に、なんか声かけてやろうと考えていた。
誤解って、単語がわかない。ミステイクじゃなくて、ミスアンダースタンドだっけ。
おっさんとの会話のネタに捕われて全然、撮ることに集中できねー。

よっしゃ、目の前に出た。正面から正攻法でよっ!と行こうか。
顔、真っ赤じゃん。日焼けしにきたのか?でも麦わら帽子だぞ。

すると、向こうから、よっ!と手を振ってきた。
ち。先手を取られたか。

しょうがねぇ。

今日は一番暑いんだって言ったら、
ええ!?おっそろしーっ。おれね、もうね、ナツバテ〜。
そこだけ日本語!?と突っ込みたくなるのを抑えていると、
だからね、これ。と、手にしていたのはビール。
あ、酔っぱらい。
チアーズ!とニコニコしてる。

私はわははと笑い、ナイス!とかなんとかと言い、
もうこれ以上関わりたくねー。

そんじゃーね、いい夢見ろよぉ!(意訳=ハバグッタイム)

イヤッ!ファイン。シーユ。と言って本を改めて手に取る。

シーユー。

もうなんだよー、あのおっさんは、日本語しゃべれよ。
今度いたら、日本語責め決定。
by kasime | 2012-07-25 23:36 | 日記 | Trackback | Comments(0)
現像が・・・。
a0281778_2036357.jpg

RF645 65mm f4

どうも、現像する気にならない。
5本の未現像フィルムがある。
日付を見ると、6月25日のがある。
まずいなー。

最近、現像が面倒くさくなってしまって、
楽しいというより、義務的になってしまっている。
「現像しなくちゃ」と。

これ、撮影と比例していて、現像しなくなると撮らなくなる。
これ以上、溜めたくないと思うんだろうなぁ。

いかんなー。ただの趣味なのに。

そろそろ、現像方法を変えてみて気分転換してみようか。
ロディナール?の「静止現像」に興味があるので、調べてみようかな。
1時間ほったらかし?そんなんで現像できるのかなと。

ま、いいや、現像はまた今度やろうっと。
by kasime | 2012-07-24 00:35 | 現像 | Trackback | Comments(0)
誕生日
a0281778_2034849.jpg

RF645 65mm f4

今日は母の誕生日。
20時過ぎに妹宅へ。
甥っ子がお出迎え〜。

もう既に私の名前をはっきりと発音している。
うふふ〜、待ってたかー?

現在2歳と2ヶ月だけれど、みんなそうなのかな?
きちんと話をつなげられるのね。
あのね、あのね。こうでね、こうだったのって。

地元の祭りでバカ面踊りが怖かった〜って。

チェキを持っていって家族みんなを撮った。
パシャ!とストロボを焚くので甥っ子は、そのピカッ!が、
もう、うれしく、てうれしくて、
もう一回!もう一回!とせがんでくる。
あっという間に10枚撮っちゃった。

義弟手作りのカレーと買ってきたケーキを食べる。
義弟の料理はとてもおいしいのだ。
私もいつか炒め物から卒業したい・・・うう。

甥っ子にも、マンゴープリン。
ご飯食べたのに、パクパク。
おいしぃ〜。とほっぺをきゅっ。
パクッ!おいしぃ〜。きゅっ。

実家のTV(18年使った。)がついにダメになったそうなので、
今度買いにいくことにした。

父も生きていれば今年で71歳。
父に孫を見せたかったかな。やっぱり。

でも、今私達の家族は幸せなんだと実感した一日だった。
by kasime | 2012-07-23 00:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)
寒い。
a0281778_2032218.jpg

RF645 45mm f4

何だ、今日は。
寒い。
全然、涼しくないぞ。
寒いぞ。

で、最近アップしているフィルムの写真たちは2月のです。
親不知的な感じで。

いやー、最近暑くて暑くて撮れないなー。
夜も歩いているだけで汗が吹き出てくるもんなー。

で、今日だもん。参った。
by kasime | 2012-07-20 23:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)
引きづりながら
a0281778_20305451.jpg


くっくっく。
家の中では完全に引きづっているぜ〜。
圧倒的じゃないか、この引きづりっぷりは!(ギレン・・・かな)

3サイズ(!)股上を長くしました。
えーっと、買い直しました。

501が2本。
うわわわわん!
by kasime | 2012-07-19 22:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)