Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> R100RSさん ..
by kasime at 22:48
こんばんは ビット..
by R100RS at 20:24
> R100RSさん ..
by kasime at 18:53
ご無沙汰しております ..
by R100RS at 20:29
> 川越さん 今回のレ..
by kasime at 15:04
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
はりあなのこころ
anon
mONOCHROMe
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
2018年 06月
2018年 05月
2018年 04月
2018年 03月
2017年 11月
2017年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ISO16のCMS20II
at 2018-10-15 21:01
ADOX CMS20II
at 2018-09-17 22:09
安比奈線
at 2018-09-04 20:52
ヨンサンハチロク
at 2018-08-28 22:48
船内
at 2018-07-20 20:26
記事ランキング
<   2012年 05月 ( 31 )   > この月の画像一覧
は行
a0281778_15545679.jpg

OLYMPUS XA zuiko 35mm f2.8

【ハマる】;「沼」と同義語。ほどほどに。

【バースイヤーライカ】;生まれた年のライカを買う事。
それを薦められ騙されること。究極の自己満足。
時折、「50周年」などしか当たらない人がいる。
同情に値する。

【バルナックライカ】;特に説明の必要なし。
最初からこれを使うと別に不便を感じない。意外にこれ一台で済む可能性がある。
特に女性はその傾向が強い。
良くM型と比べられるが、別にどちらが優れているわけではない。
一般人がM型を持ったからと言って、
「サン・ラザール駅裏 」のような写真が撮れるわけが無い。
逆に言うと、バルナックでも腕さえあれば、ああ言う写真が撮れる。

【人柱】;必ず必要な人。少しだけ感謝してもらえるのと、うらやましい。

【ビドム】;「逆像ビ(ヴィ)ドム」と言う、全てが鏡の様に反対に見える、
M気質の人しか使えないものである。
その後、正像ビドムが出て、普通に見える様になったけれど、
ブラックペイントのバルナックには逆像ビドムしか似合わないので仕方ない。
目が回るとか弱音を吐かない事。

【増える】;ライカは増えるもの。仕方なし。
減らして行ける人、教えて欲しい。

【フラッシュ】;所謂あの「フラッシュ。」
しかし、ライカ系の人は好まない傾向がある。
何故か、「アベイラブルライト」=平たく言うと、「自然光」を好む。
私はフラッシュを上手に使えるのなら使いたい。

ライカ系の人は暗くなってもフラッシュを焚かず、スローシャッターを切る。
「オレは1/4切れる」とかが凄いと言う事らしい。
だから、暗がりが好き。

時折、手ぶれを防ぐために夜、道端で電柱にしがみついている人をみたら、
それは「そういうこと」だ。理解して欲しい。

バルナックライカにもフラッシュの接点があるし、M型にもある。
もちろん、純正アクセサリーで存在する。

ライカでフラッシュを上手に使って撮っている人と会ってみたい。
その写真を見てみたい。

【ブレッソン】;アンリ・カルティエ・ブレッソン(=HCBと言う人もいる。)
サン・ラザール駅裏の写真で有名。これを見てライカを買おうと思う人が多い。
ある意味、罪人。
50mmばかり使っていたので、マネをしようとするがマネにならない。

【ヘクトール】;私の好きな玉。2.8cm、5cm、7.3cmどれも案外無い。
7.3cmが一番好きかな。M6に75mm枠があって良かったよ。
135mmは一度で良いから、いや、エルマー、テレエルマーどれでも良いので使ってみたい。
安い、重い、でかい。

【変態】;このブログに集まる人々。

【ボケ】;ライカレンズのボケのこと。
ライカな人は「このボケが好き」という変態が多い。
ライカレンズは個性的な写り、ボケがあるので、沼にハマりやすいのだけれど、
それがライカレンズが好まれている理由でもあるという、矛盾。

それに引き換え、ツァイスは個性よりも正確さと言う感じ。
「ツァイスは真実を写す」と言われているらしい。
ハッセル使っている方、存分にビビって下さい。

ライカレンズは今でこそ、アスフェリカル化が進んで、
数値でスペックを語る様になったけれど、

以前のライカレンズの量販のプレゼンは試作品を3本位用意して、
取締役会に持って行って、試写したプリントを見せて、
取締役たちがこれが良いと言ったものが販売されていたらしい。

今でも、幾ら数値的に優れていても、
最終的には人の目が一番確かだと思うけれどね。

【ホワイトライカ】;最近のライカの変態系販売戦略。
買う人と一度はお会いしてみたい。神々しい方と予想される。

【本数】;レンズの生産本数が少ないものを持っている事を自慢に思う節がある。
実は現行のノクチには「f0.9」があるんですぜ。
無論普通には売ってません。VIP顧客のみ。
あー、ヴェリー・インポータント・ピープルになりてぇ。

ちなみに、本題からズレますが、以前M9-Pが発売前に噂になったときの、
シルバーのMデジタル(=M9-P)を持っていたのは、
世界的に有名なミュージシャンのシールでしたね。

【本】;ライカ系の本を読んで影響を受け、妄想に浸るためのもの。
あまりにも読みふけるため、ぼろぼろになっている人がいる。
トイレに常備している人もいる。
[PR]
by kasime | 2012-05-31 18:21 | kasimepedia | Trackback | Comments(2)
期待したい。
a0281778_1433474.jpg

TIARA II

中古カメラ市。

いや、違う、違う。

今年も出ますね。

「キワモノペプシ」

今年は「塩スイカ味」!
何故に塩?

しかし、このシリーズを制覇している私としては飲むは義務である。
バッチコーイ!

そして、さらに期待が膨らむのは、
「炭酸コーヒー エスプレッソソーダ」
ブラックにしてくれ。
以前どこかが出したよな。甘いヤツ。

「生茶炭酸」で懲りたから、甘くしないでくれ。

あと最後にこれを飲んでみたい。
『イタチのう○ちコーヒー』こと、「コピ・ルアック」
凄いうまいらしい。

期待したい。

が、こういうものは全て裏切られる事を私は知っているよ。

これみんな知ってるよね。

[PR]
by kasime | 2012-05-31 00:03 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
POLAROID 600SEで接写に挑戦。
POLAROID 600SEを購入した時に一緒についてきた、
「スペーサー」を使って「接写」に挑戦してみた。
フィルムは初めてのカラー。

a0281778_13565679.jpg

通常の状態、最短1mぐらい。

a0281778_13571632.jpg

付属して来た、「スペーサー」二つ。

a0281778_13573825.jpg

合体。ロボだ。

で、フィルムをセットして露出を計り撮ってみた。
a0281778_13582933.jpg


はい、意味不明。真っ黒からほんのり緑。
ちなみに撮った物は植物。

原因を追及する。単純にネガの部分を見ると「アンダー」か?

検索、検索、楽しいな〜♪
・・・。
「600SE 接写 スペーサー」などで検索しても出てこないよ。

じーっと、スペーサーを付けたボディを眺める。



もしかして、フランジバックが長くなった分レンズから入った光が遠くなって、
光量が足りなくなっている?

じゃあ、もっと開けばいい?
そっかー。

で、でも、どの位?
わかんねー。

この緑色は恐らく葉っぱの色だと思うんだよね。
だとしたら接写は出来ているのかも知れない。
いや出来ていない。ピントが全く合ってない。

うーむ。

ユニーバサルエクスプレスの方で検索すると、出て来た。
ちょー難しそう。

考え方は間違っていなかったみたいだけれど、
つまりは、75mmか100mmを用意しないといけないの?

でも、レンズ買う程ではないから・・・。
少しずつ、開いて行くか!

が、ISO100なので手ぶれとの戦い。
開放、f4.7と1/8。ブレブレ量産。

これ以上開けないよ。
外で撮れば良いのか・・・。
し、しかし・・・これを持ち歩くのは無理!

結論、接写の方法、だれか教えて下さい。

二枚撮った所で、接写を諦めて、スペーサーを外した。
あ。感光させた・・・。

3枚おじゃんじゃん。

気を取り直して、撮り直す。←うふ。

a0281778_1422816.jpg

a0281778_1401943.jpg

共に手ぶれ。ss1/8・・・。

a0281778_1404739.jpg

焦って、多重露光(二枚も!)。しかも手ぶれ。
これ、普通に剥がしたら「ナニカが写っちゃった?エクトプラズ・・・ム?」って思った。

a0281778_13591458.jpg

無理してss1/15にしてみた。ド・アンダー。

そう言うわけで魔法をかけた(=Photoshopを使った)。
a0281778_1431475.jpg

かっこいい〜!

ううむ、せめてISO400のフィルムがあれば・・・。
[PR]
by kasime | 2012-05-29 18:54 | 機材 | Trackback | Comments(0)
な行
a0281778_1556039.jpg

TIARA II

【泣く】;無理して買う事。でも実は無理をしていない。
また、外れレンズ、ボディを掴んだ時、目から出る汗の一部。

時折、レンズキャップや、アクセサリーなどが一杯あって泣かされる。
そして、探しても見つからなくて泣く。

しかし、ボディを地面に落としても泣かない。
どちらかと言うと、ビックリする。
泣く程の余裕はない。とりあえず、ビックリしちゃう。
でも、修理に持ち込んで見積もりを聞いたら「心臓発作」が起きる。

【滑らか】;ヘリコイドが滑らかであるとか、
巻き上げが滑らかとかを気にする事。
中古品を買うときはこれぐらいしか、分からない。

【ニッケル】;金色。対義語「クローム」
バルナックのブラックボディを買ってしまうと否応無く、
ニッケルのレンズを買う事になる。
ただし、ニッケルレンズとクロームレンズはニッケルレンズの方が少なく、
値段も高くなる。

そこで諦めて、ブラックボディにクロームのレンズを付けると、
「やっぱり、ニッケルの方がいいよなぁ」と言い始める。
そして、下取りに出してニッケルに買い替えると言う、
不毛な行為を繰り返すことになる。

でも、かっこいいからね、ブラックにニッケルは。
M4のブラックペイントにニッケルへクトール5cmとか、いいよねぇ。

ちなみに私は最近、クセノンにニッケルがある事を知り、危篤状態である。

【ニナライカ】;漫画。面白いよ。
特にバルナックを買う人はこれを読むといいかも。

【沼】;泳げる物ではない。深さも分からない。
M42の沼の方が深いとも言われているが定かではない。
沼から抜け出すには「干上がる=お金が無くなる」しかない。
しかし、その時には沼は土と化し、固まり余計に抜けられない。
南無阿弥陀仏。

【粘着気質】;ライカ系の人に多い。しつこい。諦めが悪い。
夜布団の中で巻き上げがおかしいとか夜な夜な独り言を言う人。
また夜な夜な空シャッターを切っている人。少しでも音が違うと眠れなくなる人。

【ノクチルクス】;50mm、f1のレンズの代名詞。
意味も無く、理由も無く欲しくなるレンズ。
お店に並ぶ度に、何か買う言い訳を考えさせるレンズ。

重さ約600gなので、M型ライカと首からぶら下げるとぶらーんと、
レンズの方が頭をもたげる。もしくは首がもげる。

首を痛めても、労災は降りません。

f1は初期の58mm径と60mm系の外付けフード型と、
内蔵フード型の3種類がある。
58mm径の一枚目の硝材が60mm径とは違うらしい。

開放最短(1m)で被写界深度2cmだったかな。
目にピントを合わせたら、鼻のピントが外れる。
名前通り、夜のレンズなので昼に使うのは想定外。
その想定外に使うのも使い手次第。

中にはNDフィルターを噛ませて、日中ドピーカン開放の人もいる。
しかし、M型デジタルのシャッタースピードが1/8000、1/4000になったため、
いきなり日中から開放も可能に。

彼らは「開放戦線」の「切り込み部隊」と思われる。

相場は、ほんの5~6年前までは20万ほどだったが、現在は40~50万。
f1.2の研磨したアスフェリカルの物もあるが、相場は80~かな?

よほど特殊な目的が無い限り必要ではないレンズだが、
それも完全に無視する事が可能なほど、
「おい買え」と言うビームを常に発している。

「葛藤レンズ」とも呼ばれている。

現行のプレスでのアスフェリカルのf0.95は100万円越え。
(実はいくらか良くわからない。)
キヤノンのf0.95に対抗したと思われても仕方ないが高いなー。

明るいレンズで個人的にいいなと思うのは、
同じキヤノンの50mmf1.2と、コシナの50mmf1.1。
この二本は似て非なるレンズなので二本とも買いましょうね。

hige-to-meganeさん、ありがとうございます!
[PR]
by kasime | 2012-05-29 18:22 | kasimepedia | Trackback | Comments(0)
た行
a0281778_1353857.jpg

M4 Elmarit 28mm f2.8

【玉】;レンズのことを指す。例「あの玉さー、個体差が激しくてねぇ。」
「オレの玉さー、何だか微妙なんだよねー。」と使うとセクハラになる可能性有り。

【タンバール】;ライカレンズ唯一のソフトフォーカスレンズ。
これを使うと、「作例扱い」される恐れあり。
「さすがタンバールですね。」と。
つまり写真よりもレンズを褒められる。
すぐに褒められたい人はこれを買うべし。
でももう日本には無いかも。

【正しい】;ライカ系の人はこれを求める。これは正しい買い物なのか。
そんなものはないのが真理である。

【単純】;私の性格。また、男性は殆どこれに当てはまる。
「騙されやすい」と同義。

【高い】;「言い訳」と同義語。高くても結局は買ってしまう。
頑張りましょう。

【楽しい】;買い物中の心理作用。そのため、ムダな買い物をしてしまう。

【DR(デュアルレンジ)ズミクロン】;近接ズミクロンなどと呼ばれる。
0.45mまで接写が可能なズミクロン50mmのこと。
無論、被写界深度も浅くなるので、息を止めて撮る事が多くなり、
心肺機能も高められると言う、おまけ付きである。
前期、後期とあり、目安はメガネと呼ばれる部分の違い。

メガネ部分を落とす人が多く、銀座では良く拾われる。(実話)

もちろんメガネ部分を外して普通にズミクロン50mmとしても使える。

個人的にこのズミクロンが一番良く写る様に思いますね。
初めて撮った時、ビックリしましたね。

ちょっと、前期のズミクロン固定が欲しくなりましたね。ええ。

Mデジタルでは近接側のみしか使用できないよ。カムが当たってしまいますよ。
え?どういう事かわからない?買って確かめましょう。
[PR]
by kasime | 2012-05-28 18:20 | kasimepedia | Trackback | Comments(0)
ふと思った。
a0281778_1349036.jpg

M8 C Sonnar 50mm f1.5

ウォーキングに行って来た。
裸足で、ファイブフィンガーズを履いて。

家から一歩出ると、日差しがきついけれど、
風が気持ちいい。

車はウィンドウを開けて走っている。
車内は何か話しているのか、笑顔。

楽しそう。

早歩きで幹線道路から外れ、田んぼ道へ。
久しぶりに入った所には雑草でいっぱい。
去年は一杯、田植えされていたのに。

看板が立っていた。
住宅街になるようだ。

早歩きで歩いていると、ランニングをしている人が結構いた。
男性が多い。Tシャツが汗で染みている。

道端を歩いていると、色々な花を見る事が出来た。

今はバラ。
近づいて香りを嗅いでみると、残念、あまり香っていなかった。

そこに風がすうっと吹き抜け、じんわりと出ていた汗に触れる。

気持ちがいい。

更に歩き続ける。
細い、歩道を歩いていると、向こうから自転車で向かって来た少年が、
ガードレールの手前で待ってくれた。
とっとっとと、早めにガードレールを出たときに、
「ありがとね。」と少年に言った。

少年はじっと、こちらを見るだけだった。

もう少し歩いたら帰ろうと脇道に入ったら、
珍しい花を見た。

ジャガイモの花。
小さくて白くて、ほんのりと淡いピンクも見える。

その花を見た時、ふと思った。

今この世の中で一番幸せなのはオレじゃないか?

こんな天気のいい日に程よく汗をかき、心地よい風を受けると、自然と笑顔が出て来た。

家に帰るとメールが届いていた。
従妹からだった。
2月に結婚が決まったので式に参加して欲しいとの事だった。

従妹も幸せだ。

自分で自分のことを幸せだと言えなくて誰が言うのか。

私は幸せだ。

幸せだと思ったもん勝ちだ。
[PR]
by kasime | 2012-05-27 18:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)
さ行
a0281778_15571836.jpg

M8 C Sonnar 50mm f1.5

【サファリ】;時々、ライカは訳分からない事をする典型。
基本的に緑色のライカのこと。買っても使わない人がいるが、使う方が正しい。
名前の通り、サファリに連れて行くべきだ。
キリンにでも舐められると箔が付くね。ここがライオンに噛まれた所だとか。
(その前に死んでるかも。)

【最高】;買ってすぐは言い続けるが、一ヶ月もすると普通に変わる。

【シリアルナンバー】;気にする人が多い。
ライカ社は全てのボディとレンズにシリアルナンバーを振っていて、
全て管理されているので、製造年月日まで分かってしまう。
おなじ機種でも番号によって中身が違うこともあるらしい。
*マークがついているのは「双子」=ミス。

ちなみに鏡胴のヘッド部分が外れる物で、
ヘッドの部分と鏡胴の部分には下4桁の
手書きのシリアルナンバーが書かれている。
そのナンバーが一致しなかったら、ニコイチ。
構造のことは詳しくないので分からないけれど、
ニコイチってピントが合うのかな。

試しにぐっと力を入れて外してみよう。ドキドキするよ。

【試作品】:コレクター垂涎の的。良ーく考えて欲しい「試作品」だよ。

【シャッター音】;気にする人が多い。より静かな方がエライらしい。
特にM3の初期がいいと言い張る人が多い。ただの聴き間違いである。
時折、意図的にシャッター音を下げるためにテンションを下げるお店もある。
つまり、壊していると同義。
ただ、コストダウンのあったM5~はきちんと整備すると、確実に静かになる。

【焦点距離】;50mmレンズは51.6mm。90mmには90mmと90.5mmがある。
例えばズミクロン50の固定鏡胴に16とか、
エルマリート90には05と彫ってあるので確認できる。
00か、05かそれが問題だ。と言うのが正統派。

【シュミット】;日本シイベルヘグナーさんの前の代理店。
その次が今のライカジャパン。
降り掛かる火の粉を払ったりもした。

【新聞紙】;カメラ、レンズを買った時にこれに包んでもらい、
家族にバレない様に持ち帰るためのカモフラージュ用紙。一昔前に流行したらしい。
インターネットでの通販が盛んな現在、全く通用しない。
某地図カメラの箱は要注意。

【スカスカ】;グリースが抜けている事。またはいつもの私の財布の状態。

【ストッパー】;ピントリングについているかどうかで値段が変わる。
夜な夜な布団の中でパチンと言わせてニヤッと笑う人。

【ズマール】;これは買っておこう。一家に2~3本。リジットは高いよ。
でも円形絞りだよ。
「円形絞りのズマールが欲しいからリジット」を買うと言うのは、
正当な理由である。再研磨するかしないかでしばしば対立することもある。
再研磨したズマールは凄く良く写った。ズミクロン顔負け。

【ズマリット】;開放はホヤホヤとか言われているけれど、
もしかしたら新品のときはそうじゃなかったも知れないレンズ。
これも「再研磨闘争」有り。

【ズマロン】;大雑把に言って、二種類。LマウントかMマウント。
Lマウントはf3.5で小さい。Mマウントは同じくf3.5もあるが、f2.8の方もある。
f3.5を取るか、f2.8を取るか、それが問題だ。解決するには両方買うしかないよね。
撮るときはとりあえず絞れ!すげーぞ。焼けば焼く程、黒がギンギンに出て来る。
好き。

【ズマレックス】;800gあるレンズ。最近見なくなった。85mmのf1.5。
レンズを覗くと井戸のよう。ブレッソン先生も使っていた。
ライカレンズの中でも、一番良いレンズじゃないのかと思っている。

【ズミルックス】;f1.4のレンズのこと。好きですか?好きです。
1st系が好きです。

【ズミクロン】;f2のレンズのこと。好きですか?好きです。
2nd系が好きです。

【ズミクロン90mm】;大好きなレンズです。重いです。

【ズミタール】;「不遇」と同義語。絶対にいいから!これ買っておけって。

【ずるい】;先に手をつけた人の勝ちです。
[PR]
by kasime | 2012-05-27 18:19 | kasimepedia | Trackback | Comments(0)
何で猫を撮っているの?
a0281778_1345555.jpg

M8 C Sonnar 50mm f1.5

夕方からM8を持って散歩へ。
靴はファイブフィンガーズ。
どれ位疲れるのか試してみたいのと、トーレニング代わり。
もう少し太りたい。

M8は露出計が入っている分、露出が楽。
でも、AEだと迷ったのでマニュアルに切り替えた。

ISO320でf4の1/250。
少し暗い所はf2.8に日陰はf2。

M8の露出計って分かりづらいと感じた。
ファインダーに光る、「▶●」とかの「●」が分かりづらい。

M6だと、「▶◀」で「出た目の適正」と言う事なのだけれど、
M8はMPと同じ、「▶●◀」が適正と言う事。

何だろ、慣れていないのかと考えたけれど、やっぱり使いづらい。
「▶●」ってつまり、半段アンダーってこと?そこまで必要か?

それじゃあ、「適正じゃない」からと「▶●◀」に揃えたくなる。
半段さえズレるのが許されない感じ。
作業が1つ増えた様に感じる。

そこでマニュアルに切り替えて、
完全に外れていると大体カンで合わせ直すと、
半段ズレていても、ま、いいかと思える。

また、私は少しアンダー位の方があまり現像時にいじらないで済むので、
そちらを好んでいる。

M6のように、
被写体にカメラを向ける前に露出を合わせる方法のが自分には合っているみたい。

足を伸ばして、田んぼ地帯から回りこんで湿地帯を抜けた。
時間にして1時間半。

田んぼ地帯を抜けて、湿地帯に向かう途中、歩いた事の無い道に入ってみた。
古い集落の様な所で、神社も古い。
鬱蒼としている、神社もある。その後ろには鎮守の森も。
その神社が高台にあるので古くからある土地だと思う。

すると、庭の大きい農家のような家から、猫がのそのそと出て来た。
警戒して止まるかと思ったら、止まらない。
こちらは止まって待ってみる。
決して目を合わせて来ない。1度も啼かない。

足下で止まったのでピントを合わせて2枚撮った所で、
突然、背後から声がした。

「シロはいないの?」

振り返ると小学生らしい男の子が猫を見ていた。

「ん?シロ?」

「もっと白いの。」

見回す。
「うーん、いないみたいだなぁ。」

少年は猫に寄って行って、「いつもいるんだけれどな」と言う。

空色のTシャツとハーフパンツとベースボールキャップという格好で、
田舎の子供の典型的な姿だと思った。

すると突然、猫に近づきながら、

「何で猫を撮っているの?」

と尋ねて来た。

答えにとても窮した。

「うーん、かわいいじゃん。」
かなり苦しい理由だなと思った。

決してかわいいとも言えない猫だった。
しかし、撮ったのだ。
でも、その理由が分からなかった。

私の答えがおかしい事を察したかの様に、
少年は「ふーん。」とそっけない。

私は話しを逸らす、
「シロはいつもはいるんだ?」

「うん。この猫の親戚なんだって。」
「そっか。」

少年は更に近づいていく。

私が「逃げないね、この猫。」と言うと、

「そうでもないよ。あんまり近づくと、さっ、って逃げちゃうよ。」

「そうなんだ。」

「うん、シロは寄って来るんだけれどね。こう、足にこすりつける様に。」
と、足を差し出す。

「うん、うん。」と答えると、

「シロはどこに行ったのかなー。うーん、それじゃあねっ。さよならっ。」
と、スパッと話しを終えのたのが、印象的な子だった。

この違和感はいつもはこっちから「じゃあね」と切り上げるのに、
逆に「切り上げられた」のが原因だと思う。

「あ、うん、じゃあね。さよなら。」と答えるので精一杯だった。

彼は更に細い道に入って行く。
少し見送ってから、もう一枚撮ってその場を離れた。

その後歩いて、湿地帯に入った。
かなり草木が増えていた。

手掘りの井戸のある所に行き、少し撮っていると、
畦道に高級車が寄せられた。

車から降りて来たのは、50〜60代の男性だった。
スーツのジャケットを脱いでベスト姿だった。

こちらから会釈すると、にこりと挨拶をしてくれた。

私が少し撮って改めて、何をしにきたのか見てみると、
彼は花を抜いていた。

片手に一杯黄色い花を持っていた。

ここのボランティア?
いや、そうであったら抜くわけが無い。

綺麗に咲いていたから、もらって行きたいと思ったのだろうか。

花を一杯手にしている男性を見ていると、何とも言えない寂情感に襲われたが、
これもここの有り様なのかなと「あるがまま」として捉えようと努力した。

その後、足が張ってきたので帰路へ。

1時間半の出来事。

しかし、私は何で猫を撮ったのだろう。

まさか少年に自分の写真を撮ると言う行為の、
根源を揺るがす様なことを言われるとは思っても見なかった。

しかしだからこそ、人と話すのは好きだ。
a0281778_13481586.jpg

[PR]
by kasime | 2012-05-26 19:44 | 湿地帯 | Trackback | Comments(0)
か行
a0281778_13383874.jpg

M4 Elmarit 28mm f2.8

【買い物】;「物欲」と同義語

【カシメ】;ライカ大好き。もちろん写真も。酸いも甘いもかみ分ける男。
会って話すとまた楽しい。(by ryo-n氏

【かっこいい】;これが全て。機能がいいとか、出来がいいとかは別。

【カナダライツ】;何故かドイツのメーカーなのに、カナダで設計、製造された。
わたしゃ好き。先進的なイメージがあるよね。
しかし、コストダウンの塊とも言われる。確かにプラスチックが多用されている。
同じレンズでもドイツ製と、カナダ製があるが、ドイツ製の方が高い。
全ての物はドイツ製の方が良いと言う「ドイツ製原理主義者」の方便。

【カミソリエルマー】;トリプレットエルマー90mmのこと。
雑誌の論評で著者が「カミソリエルマーと呼びたい」と書いたから。
写りは普通のエルマーと同じで良く写る。
外観、作りが好きという事以外買う理由が見つからない。
かっこいいよ。これだけでも買う価値あるね。見たら買っちゃったもの。

【清水の舞台から飛び降りる】;毎度の事。言い訳。だれも飛び降りていない。
私はライカで苦しんでいる人をあまり見かけた事が無い。
むしろ喜んで飛び降りている様に感じる。

【究極超人あ~る】 第8巻「これが基本だの巻」が有名?実は読んだ事が無い。
「逆光は勝利(ラインライト)」「世はなべて3分の1(3分割法)」
「ピーカン不許可」などが有名。
このHPから情報をもらいました。
実際に読んだらまた追記します。

【クセノン】;50mm f1.5。シュナイダーのレンズ。私の大好きな玉。
実はもう一本欲しいぐらい。
絞りはf9までしかない。これ、すなわち、開放で撮れと言う事である。
フードは「XIOOM」。一回しか見た事ない。その一回を活かして買った。
絶対に専用フードがあるから。ズマリットと同じと言うのは違うぞ。

【ケラレル】;フードが邪魔する事。
また、買いすぎで奥さん、彼女にケラレルのと同義。

【現像】;自家現像していると言うと褒められる。
すごいと言われる。憧れてもらえる。プライドを高めてもらうための行為。

【限定版】;一番ずるい販売の仕方と分かっていても買ってしまう悲しい性。
その後、ケロッと現行版として販売する事多々あり。要注意。

【個体差】;ライツ時代はレンズを職人が手磨きしていたため、
描写に個体差があると言われている。そのため、同じレンズを一杯買うことになる。
ライカの販売戦略。ちなみに私には個体差はわからない。

【コトリ】;”良く調整された”シャッター音。(by pyokonen氏)

【細々】;ライカ系の人の性格。細々とした事を気にする。

【コスパいい】;「ライカ」の対義語。
「コストパフォーマンスが良い」なんてない。

【コシナ】;別名「長野のライカ」「みんなのコシナ」
現代のレンズらしからぬ、収差を残したレンズをたくさん生産中。
NOKTON 35mm f1.2と言う、世界で一番明るい35mmレンズも絶賛生産中。
製品においても21mm f1.8、75mm f1.8など気遣いもあるメーカー。
(※ヘリアータイプでf2切りは凄いらしい。)

また在庫がある時にかっておかないといつ買えるかわからない。
突然、生産終了しビビらせることを社是としている。

社長が大のライカファンらしく、趣味でレンジファインダーレンズを作って、
販売していると言う噂もチラホラ。

余程の変態でない限り、ボディをM6、レンズはコシナがどうやら正解のようである。
[PR]
by kasime | 2012-05-25 18:18 | kasimepedia | Trackback | Comments(0)
海ほたる
a0281778_13442957.jpg

NEX-3 SWH 15mm f4.5
海ほたる。

ドピーカン。
DIIIとズマールだったので、露出がオーバーになった。
f16、SS1/1000なのに・・・こちとら、f12.5と1/500。
二段もオーバー。
少し現像時間を短縮してみるか?
あ、その前に同じフィルムで夜に数枚撮っているから、だめだ〜。

海ほたる、10年ぶり。
今は修学旅行先にもなっているのね。

アクアラインを渡って、木更津のアウトレットにも行ってきましたよ。
アウトレットって、なんかイマイチだなー。
セールに行った方がいいなぁ。結局、何も買わなかったな。

しかし、木更津もあのまま、寂れずに生き残って欲しいな。
[PR]
by kasime | 2012-05-24 20:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)