人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2012年 01月 ( 37 )   > この月の画像一覧
法華経寺その2
法華経寺その2です。

a0281778_9193488.jpg

これはなんて言うんでしたっけ?雪帽子?

a0281778_917324.jpg



a0281778_9243567.jpg

なんかお気に入りの写真

a0281778_9214880.jpg

どでかい笹だけれど、これは普通の笹なのだろうか。柄?が面白い。

M4 Elmarit28mm f2.8
by kasime | 2012-01-29 18:15 | 写真 | Trackback | Comments(0)
色々と。
a0281778_914467.jpg

DIII Summar 5cm f2

昨日は色々と楽しんできましたよ。

義弟に誘われて2人で写真家の秦達夫さんの講演会に行ってきました。

元々、義弟と秦さんが仕事柄、顔見知りと言うこともあって、
一度は行ってみたいと思っていました。

今回の展示会、「山岳島 屋久島」に合わせての講演会で、
場所は品川の「キヤノン S タワー」

この日、集まった方々、400名程。凄いですよね。

講演前、
秦さんはとても気さくな方で、

「良い機会なので良かったらここの写真を撮らせて下さい。」
「まぁ、コンデジなので良くは写らない・・・って、
あ、いや、『キヤノンのコンデジ』なので良く写ります!」

と、笑いを誘ったりとつかみはOKです。

このブログの一枚目の写真、拡大するとしっかり義弟と私が写っていますよ、と。

講演前に写真展を見て行ったのだけれど、
写真はすごいの一言。
圧巻だった。

屋久島と言うと「屋久杉」、「熱帯雨林」というイメージだったけれど、
なんと、冬は−10℃以下!撮影中、遭難しかかったとか。

講演では7年間、30回、屋久島に行って、
デジタルで約4万5000枚、フィルム多数ということで、
選ぶに相当苦労されたとのこと。

まずは登山が出来ないと撮れない。
一日かけて撮影ポイントまで行くとか。辿り着けなくてビバークしたとか。
死ぬ。私だったら、確実に死ぬ。

凍り付いた5DMkIIとか見たとき、勿体ない・・・と思わず思ってしまった。
貧乏性な私・・・。

「三脚」、「1時間半露光」、「A0変形(伸び?)カラープリント」という、
今までの自分にはない世界だった。
お話がとても楽しくて面白くて、時間をオーバーしてしまったと言うが、
こちらはえ?もう終わりと言う感じだった。

その後、写真集を義弟からプレゼントしてもらい、秦さんにご挨拶して、
「今度、一緒に撮りに行きましょう!」なんて言ってもらえたり。

帰り道、キヤノンのショールームを覗いたら、
300mm〜800mmまでファインダーで覗くことが出来たので覗いてみた。
吹き抜けを利用して、50mぐらい向こうを覗く感じ。

まず、300mm。
これが、「サンニッパ」かー。覗く。
何となく理解できた。ふーむ、なるほど。
しかし、これは持ち歩けないなぁ。
大砲ですよ、大砲。

これ、レンズ付けたまま持ち歩いて、手持ち連写したら、
ちょっとした「ランボー」ね。

多分ね、自分で持てない。三脚に据えられない。
自分でやったら落とす。そして全力で逃げる。

買ったとしても持ち帰ることができなそう。
まず、筋トレからしないとダメそう。
75万円なり。M9-Pって80万ぐらい?
んんんー。

400mm。
ふむ。全ての意味でムリ。
多分ね、レンズの中になんか住んでる。
あの大きな穴の中に絶対にいる。
絶対に「それ」が撮ってる。

あの大きさだと、ガタイのいい専用アシスタントに据えてもらって、
「ありがと☆」って、お礼を言ってから、
よーしじゃあ、撮るかみたいな。
125万円なり。車、買おうか悩む所です。

800mm。
これは・・・ソーラレイ。絶対にビームが出る。
もうね、破壊力抜群。カシャ、ドカン!
月ぐらい木っ端微塵。「粉々」だかんね。
絶対に宇宙空間に浮いている。
宇宙空間以外使えない。

もしくは「人間大砲」ってあるじゃない?
あれみたく、人が入って飛んで行ける感じ。

ファインダー覗いた瞬間、「あー綺麗な花が咲いているなー」と思った。
が、ファインダーから外して向こうを見てみると、あの「花壇の小さな花」かい!
自分の小指の爪の先もない程の花だよ!
と、1人レンズに向かってツッコミを入れてました。

しかも、「半押し」すると「ぴぴっ」って言ってピントが合うんですよ!
当たり前だろうけれど、すんご。
175万円なり。どこか土地買う?

もうね、ヴィバキヤノン!って感じね。

あと、義弟と2人で話していたのだけれど、
なんでプロの方ってみんなキヤノンなの?って。
ニコンの人って見かけないよねって。

なんでだろ。

帰り道、その足で妹宅へ。
甥っ子と久々に会った。

発語のキレが良くなってる!
巻き舌になってる!
カエルのキャラクターが好きなのだけれど、それらを見ると、
「ラリラリラリラリ」って言う。

それが、昨日は「ラリィラリィラリィラリィラリィ」って、
小さい「ィ」が入っている。
しかも、「ママ」、「パパ」、「ばあば」ときちんと分かって、
指差して言っている。

高い高い〜をして上げたら、思いの外、ツボったみたいで、
もう一回、もう一回となり。

お陰様で今日は筋肉痛です。

でも、楽しい一日だったなぁ。
by kasime | 2012-01-29 14:13 | 日記 | Trackback | Comments(0)
法華経寺その1
tksnkmさんとご一緒した、法華経寺での写真です。

ゆくゆくはHPの方にも大きくしてアップしたいと思います。
全てM4 Elmarit28mm f2.8です。

a0281778_932246.jpg

参道です。

a0281778_911464.jpg

がっつり睨まれてます。

a0281778_9254649.jpg

苦労して撮った割に「普通」になってしまいました。

a0281778_9124693.jpg

お坊さんが通らないかなーと待っていましたが、寒くて待ちきれず。

つづく。
by kasime | 2012-01-29 00:08 | 写真 | Trackback | Comments(0)
X-Pro1に思うこと
a0281778_14403194.jpg

DIII Hektor 5cm f2.5

X-Pro1が来月に出るみたい。
お値段、ミラーレスの中でも一番高い15万円ぐらい。
レンズも合わせると20万はするみたい。

私はこういう値段設定賛成。
作りや写りがどうであれ、カメラは高い物であっていいと思う。

資本主義とは言え、「価格競争」でコストダウンの嵐で、
「2万以下で良い物」が欲しいと言う、おかしな時代だと思う。

カメラってもっと高い物でいいと思うし、「憧れ」のものであっていいと思う。
記念に写真を撮るとか、趣味というより「道楽」と言う様なもの。
またはプロが持つものとか。

一台のカメラを買ったら大切に使う。
父がPENTAX ME Superと35mm-70mmのズームレンズを買った時、
すごーい、お父さん!って思った。

ウチでは赤飯が出たからね。(うそです。)

でも、カメラを買うのってそう言う感覚だった様な気がする。
いつごろか、価格競争が激しくなって、
フィルムカメラも「3割引が当たり前」みたいになって、
「いくら値引いてくれるの?」と言う感じになって行った。
家電量販店で扱い始めてからなのかな。
(ヨドバシとかビックカメラとかも含む。)

そうやって、価格競争した結果、メーカーもコストダウンに耐えきれなくなって、
競争に負けると撤退するようになって、安くなって手に入りやすいはずなのに、
反比例して選択肢が減って行く。

それは今のデジタルカメラにも言えるし、
「デジカメ」という商標登録を持っている、サンヨーも無くなった。

このまま行くと液晶テレビみたいに、激しい価格競争の末、
どんどん撤退してしまうんじゃないか。
もしくはミラーレス一択みたいな事態になるんじゃないか。

コンデジが携帯カメラに実質負けている今、稼ぎ頭は確実にミラーレスだと思う。
だとしたら、フジのように「高いカメラ」を出して、あんまり値引かないで販売して、
利益の出るカメラを出して行く方法は間違っていないと思う。

ライカなんかはブランド料とかあると思うけれど、売り方としては間違っていないと思う。
欲しい方だけどうぞみたいな。

ただ、その「高い」と思う程のカメラに買った人が満足できる物かどうか。
それが一番の問題だと思う。

X-Pro1、高いと思う。この値段設定はカメラとして間違っていないと思うけれど、
サンプル画像を見る限り、今のところ全く選択肢に入らない。
あー、良く写るなぁって。
これって凄いことなんだけれど、
もう目が肥えている消費者にどれだけアピールできるのかなって思う。

AFを載せてしまったのも残念。
もっとニッチな所を狙って、完全MFにして、レンジファインダーを組み込んで、
もう少し値段を上げても良かったんじゃないか?

でも、こういう(今となっては)「変わり種」のカメラらしいカメラをもっと作って欲しい。

カメラって高くても良い物だったら頑張って買いたいと思うモノだと思う。

先日、
ハードオフのジャンクコーナーにポンっておいてあった、
後ろ玉に完璧な「カビの巣」が張っている、
Takumar135mm f3.5の値札、1575円を見て、色々考えてしまった。

買って自分で分解してみようかな。
レンズって、分解してみたい。
by kasime | 2012-01-27 23:41 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
ギャラリー冬青へ
a0281778_1434289.jpg

DIII Hektor 5cm f2.5

北井一夫さんの展示を見にギャラリー冬青へ行って来た。

北井一夫さんは「フナバシストーリー」を見た時から大好きで、
「日本カメラ」の連載を毎月楽しみにしている。

写真を見て。
いいよねー。北井さん。
力がいい感じに抜けてて、感情的にもフラットな感じ。

プリントを見て。
やはり、柔らかくて、優しいプリントでいい雰囲気。
自分だと、全体を見ていると、もう少し焼き込んでしまいそうだけれど、
結構よく見ると締まって所は締まっていて、いいなぁって思う。

「エルマーで撮ってエルマーで焼く」が有名だけれど、
また、やってみようかな。

プリントは一枚、105000円。
(エディションなし。)

今が最後の買い時だと思う。
(ただ、エディションがないので・・・ちょっと買いづらい。)

11月に写美で個展をするらしいので、もうそうなったら手が出ない値段になる。
2~3年前は半額ぐらいだったのに・・・すごい勢いで人気が出ているなぁ。
特に海外からの引き合いが強いとのこと。

フナバシストーリーのプリントがキャビネで約36000円だった。
自分にとって、とても欲しいプリントなのだけれど・・・拝見させて頂いて、
更に欲しくなってしまった。

この値段が最後だよなぁ。北井さんのプリントが買えるのは。

うーむと腕組みしながら、ギャラリーを後にした。
by kasime | 2012-01-26 22:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)
Walking with Leica <3>
a0281778_14305097.jpg

M5 Elmar 3.5cm f3.5 2009

北井さんの「Walking with Leica <3>」が出ていたの、気づかなかったー。
しかも展示会、今週土曜まで。気づかなかったー
冬青社へ行かねばー!

しかし、北井さんのプリントどんどん値段が上がってるなー。
一番最初に見た時から3倍ぐらいになってる。
ああ、買える値段だった時に、買っておけば良かった。
by kasime | 2012-01-25 21:28 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
電気代
a0281778_1427471.jpg

DIII Hektor 5cm f2.5

あいたー。
やってしまった。
今日投函されていた、電力使用量みたら、
ここ15年で見たこともない使用量で、且つ、値段だった。

モードを「自動」に切り替えて、殆ど「暖房」を使わなかったんだけれどなぁ。
しかも、サーキュレーターも導入したのだけれど・・・。

春、秋の3倍以上。

レンズ買えるよ。

あいたたたた。

これでも、なんだかいつも寒いんだよなー。

これだけ、暖房使っても寒い思いして過ごす、我がボロアパートかな。しくしく。
by kasime | 2012-01-25 20:26 | 日記 | Trackback | Comments(0)
雪が降ってる
a0281778_14261975.jpg

M8 canon 50mm f1.2
by kasime | 2012-01-24 01:25 | M8 | Trackback | Comments(0)
雪が降ってる
a0281778_14261975.jpg

M8 canon 50mm f1.2
by kasime | 2012-01-24 01:25 | M8 | Trackback | Comments(0)
このすばらしき教育革命?
a0281778_14234186.jpg

DIII Summar 5cm f2

「iBooks Author」が出ましたよ。
ここの動画見て、ちょー驚いた。
iPadをブラインドタッチみたいな打ちをしている子がいた!
これなら、スタンドアローンに・・・ならないか。

ニュースでも見たけれど、発表会に参加した「教育関係者」という感じの人々が、
「これは教育における革命だ!」「教育革命」「これで教育が変わる!」
云々。大絶賛。

ほほう、そこまで言うなら、私だってどんなモノか試したいぞ。
早速、ダウンロードしてみた。

これ、「無料」だからね、すごいねー。

ふむ。
確かに言われる通り、iWorkを使ったことがないから表現しづらいけれど、
エクセル、ワードの数段上のインターフェイスと入力のしやすさ。

いい感じ。

で、完成したモノをみるには・・・

iPadで確認。

iPadで?それだけで?

つまり、教科書作って、iPadで使いましょうと言うもので、
これなら、重い教科書を持ち歩く必要も無く、さっと鞄からiPadを出して、
さっさっさとページをめくり、付箋代わりの作業がぱっとできちゃう。
スンゲー。

ここのの動画を見ると凄さがわかるよ。
確かに革命だ。

しかし、革命にはお金がかかるのだ。

この教科書を使う、大前提として、学生全員がiPadを持っていること。
そう「全員」だ。
2人で1つとかケチなことしていたら、この革命は成り立たない。
そして、教科書を作る教員は「全員macで且つ、OS10.7.2」が必要。

さて、iPadの一番安い16Gで事足りるだろうか。
ムリね。
最低、32Gは必要ね。
えっと、お値段は・・・。52800円。「学生教職員割引」使っても・・・ねぇ。
それをどうするんだ?買うんだよね?

一体幾らかかるの?
だれが買うの?自分で?いやいや、買えない子もいるでしょう。
じゃあ、学校で。どこからお金が出るの?
公立校なら、税金ね。
私立なら、学費からね。

公立校。教職員のお給料の低さは辛い所だったよね。
私立。学費がただでさえ高いのに・・・さらに多く払うの?

私立はいい。払える人が入ればいい。

公立校はそうはいかない、特に義務教育期間。
完全に税金。完全なる税金。
どこ削る?やっぱり、教職員のお給料?あとは・・・給食費?
ちょっと、ムリよねー。

で、iPadはだれが買うの?

え?買わないの?じゃあ、私が、じゃあ、私が、じゃあ、私が、

じゃあ、僕が・・・

どうぞ、どうぞ。

って、ならないんだなー。

この「iBooks Author」、確かに未来ですよ。未来。確実な未来。

いつ頃だろう、小学生の鞄がとっても薄いものになって、
その中にはiPadしか入っていないと言う光景が見られるようになるのは。

iPad"7"ぐらいの時?あと、5年はかかるじゃないのかな。

そう言う意味では、apple先行き過ぎ。
だれも追いつけない。使えない。

何を隠そう、私は動画を見て引いてしまった。
iPadを使いこなす自信がない。

そうそう、iPadを落とした、壊した、という生徒は弁償なの?
それともただでまたくれるの?貸与してくれるの?

iPadを上手に使えない、私みたいな子は愚れない?愚れない?泣かない?

どんな素晴らしい教科書を使っても、教える教員次第だと思うけれどなー。
日の丸、国歌で悶着起こしている、この国の教育環境では未来はなさそうだなー。
by kasime | 2012-01-23 18:22 | つぶやき | Trackback | Comments(0)