人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2011年 11月 ( 33 )   > この月の画像一覧
偏ったレンズの話;ズミクロン編
a0281778_17492179.jpg

M6 Summicron90mm f2 2009

エルマーの次はやっぱりねの、ズミクロン。

おお、ズミクロン、なんと罪作りなレンズよ、ズミクロン。(訳分かりません。)

なんて言うかこれほど、風評に振り回されるレンズはないんじゃないか。

まず、50mm。
沈胴ズミクロンのL、Mマウント。
その中にある、「トリウム」ズミクロン。
放射能が出ているから危険とか風評被害もいい所。
しかも写りが良いとか何とか。
えっと、全然違いはないです。私の経験上。

トリウム、トリウムと言って高いおかね払うのだったら、
普通の沈胴ズミクロン買った方がいいと思う。

そして、固定ズミクロン。
これも前期、後期ってあるのだけれど、なんだっけ、アサヒカメラかなんかで、
すげー写るよとかなんとかって記事になって、有名。
前期の方じゃなかったっけ。

なんか後期の方がかっこいいと思うけれど。
写りは比べたことが無いので分かりません。

固定と沈胴だと個人的には沈胴の方がボケが回っている感じがあったり、
少し柔らかい感じがする。私は沈胴の写りの方が好き。

M3と沈胴ズミクロン5cmって、「純粋セット」って呼んでいて、
嗚呼、このひと純粋に写真を楽しんでいるなって感じを勝手に抱いている。
しかもフードがIROOAじゃなくてITDOOだっけ?そっちの方。

DRズミクロン。
所謂、近接ズミクロンだけれど、50cmぐらいまで寄れる。
いや、ピントなんて合わない気がする。開放なんてムリ。
でも、メガネを外して普通に使ってみたら、
これ、今まで使ったズミクロンで一番良く写る気がする。
あれ?って思った。

これも前期後期があるみたいだけれど、どっちでもいいんじゃないか。
近接はあんまり使わない・・・。M8で少し遊んだりする位。

このレンズ、同じズミクロンだけれど、少し重い。
メガネを外しても重い。
でも写りは一番いいと思う。
ただ、構造上、M8、M9では使えませんよと。

その次はなんて言うの2ndズミクロン?
黒の鏡胴になったヤツで小さい感じの。
これから70cmまで寄れるようになったのはでかいかも。
でも、70cmまで寄りますか?
これ、良く写るのね。
今でも買い直したいなー。
もう、1stとかいいのは無いに等しいから、この辺りから買うのもいいのかな。
私の初めてのライカレンズがこれ。楽しかったなー。

3rd、4th(現行)は設計は同じみたい。
綺麗に写るように思う。
外れは無い気がする。
でも、中古は殆ど大陸に行ったんじゃないかな。

新品で買って使い続けるのもいいかも。
今の私だったら、新品MPと新品ズミクロン買うかも。
もしくはM6。

35mm。
初代は「8枚玉」ってやつ。
うーん。どうだろう。値段と見合ってない。
これに尽きる。かっこいいけれど。M2と8枚玉っていやらしいよねぇ。
かっこよすぎ。渋過ぎ。でも写りは・・・なんか好みとは違う。
ぼやっとしている感じ。普通に絞って撮ったほうがいいのかも?
私だったら、同じ鏡胴に見える、ズマロン35mmのf2.8の方が好き。
こっちの方が良く写る。シャキッとしているし、焼いても楽しい。

で、2nd。
「角付き」と「角無し」に大体別れるみたい。
私は50mmでも書いたけれど、2ndあたりが好き。
ズミルックス50も2ndが好き。

「角付きの方が良い」と言う人が多いみたい。
「角付き」は所謂絞りがツノみたいなので操作するからなのだけれど、
これ、やりづらい。
普通の角無しがいいんじゃないのか?
設計は変わっているに違いないって本に書いてあったよ。
でも、私には写りの違いはわからん。

3rd。
これ、なんか現代風ね。
最近全然見ないなー。やっぱり大陸に行ってしまったらしい。
使ったこと無いから分からない。
個人的に買う機会はあったけれど手が伸びなかったと言うのもある。
なんか分からないけれど、棚に並んでいるこれを見ていると、愛想がない感じ。

4th。
ここからアスフェリカル。現行だっけ?
これは良く写った。綺麗だった。
なんか重いのね、このレンズ。なんだろ。
これもあんまり手元にはなかった・・・。
これ以上求める必要はないんじゃないか。

28mmのズミクロンは使ったこと無いし、買えない・・・。
すごいんだろうなーって感じです。

あ、90mm。
1st。
これねー、すごいです。
重いです。手首痛い。でも作りはすごい。
そして、すんばらしい写りです。
重い、もしくは暗いレンズは良く写ると思っています。
やば、書いていたら買い直したくなった。
焼いてみたら凄かった。ゲッ!って思った。
あー、買い直そうかなと思うのだけれど、兎に角重いからなー。

2nd。
微妙に2ndって言っていいのか分からないけれど、
アスフェリカルになる前のもの。
これも欲しいなー。良く写るようだし。

3rd。
なんだか、すんごいレンズになったよ。
使ったこと無いけれど。
APOでしょ、アスフェリカルでしょ。
何だか、ライカって分からないなぁ。

あ、あ、75mm。
APO-Summicron75mmf2だ。
これ、どうなんだろう。
欲しいけれど。高い。高過ぎる。

ズミルックスの75mmは使ってみたけれど重かった・・・。
開放で最短、ピント合うのかなって思う。

でも、ズミクロンになってからはどうなんだろう。
やっぱ、綺麗に写るんだろうなぁ。

うーん、やっぱり、値段と写りから言うと、
コシナの75mm買った方がいいような・・・。

と、思いつきで書いてみました。

個人的には2ndの35、50ズミクロンが好き。
by kasime | 2011-11-29 22:15 | レンズ | Trackback | Comments(2)
偏ったレンズ話;エルマー編
a0281778_17511022.jpg

DIII Elmar5cm f3.5 2007

エルマー。
大好きなレンズ。
絞りが扱いにくいけれど、
良く写るし、焼きやすい。
大体、ストレートプリントが多い気がする。

特に5cm f3.5。
ニッケル、コーティング無し、コーティング有り、赤、旧エルマー。
これが私の知っている限り。値段もピンキリだけれど、それも良いんじゃないか。
振り回されるのも面白い。

でも、どれも同じ様な物だと思う。
コーティングがあろうが、無かろうが、エルマーはエルマー。

ニッケルと赤を持っているけれど、うーん・・・って感じ。
ブラックボディならニッケル買えば良いし、シルバーなら別に赤じゃなくても、
シルバーのエルマーを買うと良いんじゃないかな。
だって、そっちの方がかっこいいじゃないー。

1本持っていれば幸せになれる。
わたしゃ、幸せだよ(じーさん。)

これで結構お気に入りな写真を撮って来た。
開放でも絞っても別になにも不満はない。
上の写真のように流し撮りを初めてしたのもこのレンズだ。
このレンズには色々と教わった気がする。
体験させてもらった気がする。

今あるバルナックのDIIIとニッケルエルマー5cmがあればどうにでもなる気がする。
ま、露出やら何やらで面倒なので、M5とかM6あたりにつけるといいんじゃないか?

3.5cm、9cm、135cmとあるけれど、
唯一手を出していない135cm、今なら安いから欲しいと思うけれど、
流石に使わないと思うし、機動性に欠ける気がする。

バルナックで、エルマー兄弟を揃えても、
お高いM型広角レンズ一本より安くあがると思う。
それでいて、良く写る。

エルマーの整備は構造上、安い!
3000円程でグリース交換をしてもらえる。
M型レンズだと15000円は取られるでしょう。

M型を買う人はズミクロンを選ぶでしょう。
バルナックを買う人はエルマーを選ぶでしょう。

ズミクロンを常用してからエルマーに戻るとやっぱり違うかもって思うレンズ。
わたしゃ好きよ。
エルマー。

おじいさんになって、バルナックとエルマーで、
カラーネガ400詰めて、お散歩なんていいなぁ。
by kasime | 2011-11-28 11:18 | レンズ | Trackback | Comments(0)
世界中のみんなが見ている。
a0281778_18363460.jpg

RF645 zenzanon45mm f4 @ 鋸山

私が「インターネット」に初めて触れたのは、今から、18年前。
当時は「ダイアルアップ」で、「ISDN」に切り替えて、
「テレホーダイ」(パケホーダイでは無いです)という、
22時から5時まで定額制のサービスがあって、それで22時になった途端に、
APにダイアルアップするのだけれど、ピピピピポポポポッ。・・・・。
「繋がりませんでした、再度、お試し下さい。」
所謂、「チケットぴあ状態。」

一斉に22時になるとみんなでかけまくるので繋がらない。
30分かけても繋がらないのはザラだったように思う。
仕方ないので、その日はインターネットを諦めたこともあった。

18年前当時、ネットの接続を教えてもらった友人から言われたこと、
「インターネットは危険だからね。その気になったら、なんでもバレるから。」
「絶対に個人情報とか出しちゃダメ。」
当時はネットスピードが最高で64k(メガじゃなくてキロバイト。)だったかな。
だから、画像をアップなんて考えられなかった

エッチな画像を見たくて、ドキドキしてぽちっと押しても、
150kbぐらいの大きな画像なんて、
「見たい所」が見えるまでに何分かかるか、さっぱりわからないぐらいで、
段々、画像の上の背景の部分が見えて来て、段々、髪の毛辺りが見えて来て・・・。
顔が・・・顔が・・・。

画像が「徐々に降りて来る」ことに、そして、混線すると止まる。
ぐはー!!!後少し!後少し!(必死だったなぁ。)
あああああああああ。待ってられない!と、
諦めたこともあったかも?待っていたかも?
その時の「スケベ魂」は今も健在か!

ちょっと、興奮してしまいました。

そんな状態で続けていた、インターネットもHPを作ろうと思い、
画像をアップするようになると一枚につき30kb以下と言うのがマナーだったような。
それ以上になると、見てもらえないと言う感じだった。

その時のインターネットは「狭い世界」だと思っていた。

12~3年ぐらい前にADSLが普及し始めて、触ったときは驚いた。
もの凄い勢いでインターネットが普及したと思う。
ソフトバンクのヤフーBBのモデム無料配布とか懐かしい。

そして、光が普及してさらにインターネットの世界が拡大して行き、
インターネットが当たり前の世界になり、

決めては「i mode」じゃないかな。
あれは凄い物が出たと思った。
「ショートメッセージ」からメールに変わった。

でも、中々届かないので、「センター問い合わせ」が必須だったり。
夜出してくれたメールが朝届いたり。

そして、スマートフォン。

どの世代でもインターネットに触れられる今、
自分の顔をアップしたり、(抵抗があったころは鏡で自分撮りしましたよね。)
トモダチ、コイビト、カゾクをアップする方が多くなった。
特に「家族写真」は「某カフェ日記」の影響は大きいと思う。
だれもが笑い、楽しみ、憧れ、
多くの家族のある人々があんな風に家族写真をアップしたいと思ったと思う。

私もいいなぁと思って見ていた記憶がある。
カメラピープルと言う商売も生まれたり。

インターネットが宇宙規模になった今、逆説的ではあるけれど、
その中から「一粒の小惑星」ほどの情報が一気に世の中に漏れることがある。

それは悪意が無くてもだ。
非常識だからでは済まない。

インターネットと言う、混沌とした世界にプライベートを晒すことの危険性。
インターネットに個人情報を出さないと言うのは、「自己責任」と言えば聞こえはいい。
でも、自己責任では負いきれない程の危険がある。

インターネット、本当に怖い物だと思う。

インターネットを制する物は全てを制すると言っても過言ではないと思う。
アメリカはインターネットを戦場として見なしている。

使い方次第だとは思うけれど、決して油断してはいけないと思う。
極論から言えば「発信している」限り、

「世界中のみんなが自分を見ている」と思って良いと思う。

何が起こるか分からないし、リスクは絶対にある。
無論、メリットもあるが、リスクの方がでかいと思っている。

私はインターネットを上手に使いこなせないので、今の状態は閾値。
殆ど知られていると思っているので、あまり上手に使えていないと思う。
by kasime | 2011-11-27 19:35 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
久しぶりに甥っ子だったっけ?
a0281778_18354461.jpg

RF645 zenzanon 45mm f4

何だか、いつも甥っ子バカぶりを書いている気がするが・・・。

妹夫婦がどうしても家にいられないとのことで、
母と私で甥っ子の面倒をみることに。

私が母の迎えに行く予定が、さっくり寝坊した。
昼前に到着すると、お出迎え。

最近はチョロQみたいな小さな車がブーム。
あと、「缶」特に丸いアルミとかの。

で、そろそろ捨てようかと思っていた、「長巻きの缶」を持って行った。
洗浄して、乾かして、渡すと。
ずっと、手放さなかった。

しかし、閉めることはできても、まだ開けられない。
開けられないと、眉をしかめて、口をへの字にして、手渡して来る。
ちょっと、開けやすいようにして渡すと、また押し込む。
また、への字。

充分言葉は理解しているみたいで、「絵本?」と言うと、しまってある所を指差す。
「電気?」と言うと、上の照明を指差す。

お茶の時間で私たちがおやつを食べていると、オンギャーとジタバタ。
で、「たまごポーロ」をかりかり。

食べ終わったのだが、物足りず。

「もうないよ」と前掛けを外すとそれをぱっと取って、
自分で自分の胸にかけて反り返ってオンギャー!という、テクニックも身につけた。
「まだ、食べるー!」と言いたげ。大笑いしてしまった。

妹が帰宅すると、甘えん坊に変わる。
やっぱりお母さんが一番なんだなと。

でも、子供は家族にとっての宝だな。
甥っ子がいなければ、こうやって母と会う回数も増えなかったし。

甥っ子を撮る「基準カメラ」のT3でポートラを入れて撮ってみた。
どんな仕上がりか楽しみ。
by kasime | 2011-11-26 23:34 | 日記 | Trackback | Comments(0)
落ち葉
a0281778_18344763.jpg

M6 Elmar 9cm f4
by kasime | 2011-11-25 23:33 | 写真 | Trackback | Comments(0)
プリントの整理
a0281778_18341118.jpg

M6 Elmar 9cm f4

写真を撮っていて、結果プリントという形として残るのは必然だと思うけれど、
一番困るのは、「整理」だ。

特にカラーネガの同時プリントのサービス版のもの。
モノクロの機械焼きも含めると、ざっと1000枚はあると思う。
モノクロの機械焼きは日焼けの進行が早く、とてもじゃないが飾れない。
すぐに茶色になってしまう。
それがセピア色とかの雰囲気が出てくればいいのだけれど、違う物だ。

全ての写真は無印のアルバムに入れているけれど、
クローゼットの大きな部分を占めている。
何冊あるか分からない程だ。

それらの機械焼きの極普通のカラープリントは記録でもなくただの写真。

ここに引っ越してから、4年になろうとしているが、
一度も見直したことはない。

そろそろ、ネガだけ残して整理をしてもいい頃かなと思っている。

ただ、
モノクロの自分で焼いた物はずっと持ち続けると思う。

記録用は機械に任せるけれど、
これからもプリントは可能な限り自分でしていきたい。

今度、プリントをしよう。
by kasime | 2011-11-24 20:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
黒い瞳
a0281778_1830156.jpg

PENTAX ME Super M 85mm f2

目が覚めると日差しが眩しかった。
でも、テーブルに差し込んでいる日差しは冬を感じさせる、線の細い光。

朝、ベランダでM8にコシナの75mmをつけてパチパチ撮っていたら、
全てが後ピンだった。写りは凄く気に入っているのと、
保証があるので修理に出すことにした。
購入店に連絡してみると、送料はこちら持ちだそうだ。
少し腑に落ちないが仕方ない。

実はこのレンズ、7月にも後ピンで修理に出した。
伝票にはコシナからの連絡事項に「少し前に調整しました」と書いてあった。
その時上がって来たときはきちんとピントが来ていたのに、
今日は幾ら撮っても来なかった。

以前どうだったかと思ってデータとネガを見返してみると、
8月に戻って来てから2回程しか使っていなかった。
気に入って入るが中々出番の無いレンズなんだな。
それらの写真はきちんと来ている。

黙々と梱包して伝票を書いて行く。
近所のコンビニから発送。
コンビニの店員さんから手渡された「控え」を手にすると、
また一ヶ月近くかかるのかと思うとうんざりした。

もう直らないんじゃないかとさえ思う。

外に出た時に感じたのは日差しがきつい。
風邪はだいぶ良くなっているけれど、
この日差しではちょっとコントラストがきつくなるかも知れないと思い、
夕方までのんびり過ごした。

15時、あっという間に陽が落ちて来た。
フィルムが入っている、CLにズマロン3.5を持ち出す。

ふらっと、道路に出ると、露出はと、思った数値を合わせる。
ファインダーを覗く。ぴったりだった。一人ニヤリと笑う、怪しい男一人。

空は雲が出ていて、秋とも言えない、冬とも言えない、「曖昧な雲」と言うか、
そんな薄い雲が出ていた。

スーと空気を吸い込む。
少し冷たい空気が鼻を伝わって肺に入って来る。
体に酸素が入って来るのと、頭に光が差し込んで来る感じ。

カウンターを見ると残り10コマ程。
さて。

近所を一周。
先日回った方向とは逆の方向。
コスモスを撮ったり、信じられない程大きな「ローズマリーの塊」を撮る。

そして、いつも気にしている、ワンコの入る家へ。
小さなアパートなのだが、その少し動き回れる庭に放し飼いされている、
ミニチュアダックフント。

庭には糞がそのままになっていて、
季節の変わり目になると毛並みがぼろぼろになる。
気になってしまうのだ。どうして、もう少しかわいがってやれないのかと。

近づいて行くと、その気配を察し、こちらをじっと見る。

そしてブロック塀に前足でしがみつき、
ブロック塀の透かし(穴)に鼻と前足を突っ込んで、
尻尾を振って、こっちを見ている。

「こっちこい」と。

そして、透かしに頭を突っ込む。

私がその姿をじっと見ていると、

「あれ?来ないのか?」と。

またこちらを見て尻尾を振る。
そして、私は透かしに手を、いや、指を突っ込んで鼻や足、喉を触ってやる。
そこでべろべろと舐めて来るのかと思いきや、特に何もしてこない。

私が手を抜いて、ブロック塀の上から覗くと、
うれしいのか、庭を八の字に走り回っている。
ひとしきり走り回ると、今度は別の「透かし」に頭を突っ込んで尻尾を振る。

「遊べ」と。

再び繰り返す。そして八の字走り。その姿をパチパチと撮る。
その繰り返しを4~5回していたら、陽が暮れて来て肌寒くなって来た。

通りかかる人は何をしているのかと、
怪訝な表情でこちらを見て、足早に去って行く。
時に、「何をされているの?」と声をかけて来る人もいる。
答えると、大体「あらー」と微笑む。

段々、陽が沈んで来たので帰ろうと思い、
バイバイと手を振ると、尻尾を振って頭を突っ込んでいる状態から、
何かを悟ったかのように透かしから頭を抜き、こちらをじっと見つめて来る。

黒い瞳がじっとこちらを見つめる。

これが辛い。

「まだ行くな」と言われているようで辛い。

でも、そこを後にする。いつも後ろ髪を引かれる思いだ。

首輪も無いし、散歩に連れて行ってもらっている姿を見たことが無いし、
飼い主さんにあったこともない。

どんな事情があるのだろうと考えるのだけれど、
所詮は他人のことだ。どうにもならない。

パチリと交差点で一枚撮って、
カウンターを見ると最後のコマになったので、帰途へ。
巻き戻す。しかし、久しぶりのCLで巻き戻しに戸惑う。

風邪も問題ないようだし、いい疲労感。

帰ってすぐに現像した。

吊るされた、ネガを見ると、あの犬がこちらを見ている。
黒い瞳で。
by kasime | 2011-11-23 18:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ビックリ!
a0281778_18273725.jpg

M8 canon 50mm f1.2

昨日、M8を使おうとしたら、シャッターボタンを押しても、
全く、あのガジッとした手応えがない。
スコスコと空振りしている感じ。

しかも液晶に「シャッターしくじってるからな」って英語で書いてある。
冷や汗がドッと出て来た。

逝ったか・・・。

幾ら電源を入れ直しても、カードを指し直しても不可。

つ、ついに故障?
嗚呼、10万円?20万円?

買ってから2000ショットぐらいだったのに・・・。
販売店の保証書を見る。
保証期間・・・6ヶ月・・・。

4月購入。

今は11月だよね。そうに違いない。
これって保証切れ?そうに違いない。

どうしたらいいか。
とりあえず、「工場出荷時」に戻す。
「初期化」
ダメだ・・・。

機能の画面をいじり倒していると、
「センサー検査」なんて機能があったので試しにやってみる。
「レリーズボタンを押す センサーの清掃後 カメラをオフにする」
カシャ。手応え無し。
とりあえず、電源を落とす。
再度電源を入れて、シャッターを切る。



手応え来た!

赤いランプがぴぴぴぴぴぴと光り続けている。
あ、撮れてる!
画像を確認する。
ピンぼけだけれど、撮れてるー!

直った!

うはー。
危なかった・・・。

何だったんだ、これ・・・。

とりあえず、センサーにゴミがあるんだよね。
今度、センサークリーニングに出そうかな。

デジカメ、ライカこえー。
by kasime | 2011-11-22 20:20 | M8 | Trackback | Comments(0)
風邪
a0281778_18201366.jpg

RF645 zenzanon 45mm f4

風邪ひいた。
一昨日の夜から喉が痛くなって、
昨日の朝は激痛のあまり、鎮痛薬飲んだ。
今朝はガラガラ。

寒暖の差が激しいからなー。

参った。
今は鼻水が止まらないのと悪寒・・・。

改めて、ゼンザノンすごいなーって思う。
中判、やはり凄いのか、レンズがすごいのか。両方か。

あとはここだな。ポンポン。(腕を叩く)
by kasime | 2011-11-21 18:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
縛る
a0281778_1819446.jpg

M6 Elmar90mm f4 (Triplet)

「縛る」
何だか淫靡なフレーズだけれど、気にしない。

以前から気になってはいたのだけれど、
写真を撮る時にぶらりと散歩中に気になった物をパチリと言う方法と、
目的を持って、対象物がはっきりしていて、撮りに行く方法。
(家族写真も目的がはっきりしていますよね。)

どちらかと言うと前者は、のんびり楽しみましょうと。
後者は気合い入っているなと。

そして、もう一つ、対象物をあえて縛る方法。

例えば、
必ず、「黄色」の物を入れる。
必ず、「人」を入れる。
必ず、「光源」を入れる。
必ず、〜を入れるとか、縛りを与えることによって、
少しは撮りやすくなるかも知れないと最近思う。

逆に撮りづらさと言うこともあるかと思うけれど、
撮りづらさも必要なのではないかと。

「縛り」は私が困った時に時々やる方法。

でも、あの辺行こうかと言う感じの基本フラフラ系です。
by kasime | 2011-11-19 18:17 | つぶやき | Trackback | Comments(0)