人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2011年 09月 ( 26 )   > この月の画像一覧
日差し
a0281778_23394668.jpg

DIII Elmar 5cm f3.5
by kasime | 2011-09-30 23:39 | 写真 | Trackback | Comments(0)
進入禁止
a0281778_2338894.jpg

M4 Canon 50mm f1.2

今日、夕方、ふらりと幕張の方へ行ってみた。
しかし、どこの駐車場も入れない。
「進入禁止」と書いてある。

とりあえず、離れに止めて浜に近づいて行くと、
やはり、「進入禁止」と書いてある。

駐車場の中にはガードマンが立っている。

理由は浜の周辺を歩いていて分かった。
「液状化」だった。

ドスンと落ち込んでいて浜が消えている所もあった。
特に駐車場から浜にかけては、一気に崩れ落ちている所もあった。

でも、そんな光景とは裏腹に、
夕陽がとても綺麗で遠くには「スカイツリー」が見えた。

17時を回ると、陽がどんどん沈んで行く。
到着した時はf5.6で1/125ぐらいはあったのに、
30分ぐらい経つと、一気に露出は開放で1/30などになってしまった。

浜辺と言っていいのか分からないけれど、「岸」では何人かのカップルが、
または家族連れが犬の散歩に訪れていた。

幕張ニュータウンにも足を伸ばしたが、何だか不思議な街だと思った。
自分が今まで住んで来た、街、町という概念、価値観とズレているのだと思う。

真新しい雰囲気の建物、整備された歩道、街灯は整然と並んでいる。
そして、オートロックの玄関。
ベランダには、テーブルとチェアが出ていて、
電気のついている部屋からはとても広い空間を感じる。

こういう暮らしとは、一生縁がないのだろうなと思う。
それは憧れの気持ちなのだと思う。

やはり進入禁止な所だったのかもしれない。
by kasime | 2011-09-29 22:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
私の彼は左利き〜♪
a0281778_23341552.jpg

GXR 50mm f2.5 MACRO

私は男です。女性が好きです。
最近ですと、吉高由里子さんが好きです。

とりあえずタイトルでの誤解を解いておくと。

で、左利きについて。
私は左利きですが、箸は右、ペンも右、ハサミも右。

後、他は左。特にスポーツ関係は全て。

は?なんで?と思うでしょうけれど、これには訳があって・・・。

それは6歳時、幼稚園卒園を間近にした、雨の日でした。
その日は、風邪を引いて幼稚園を休んでいました。

でも、そんなに重症ではなく、お家で普通に過ごしていました。
多分、卒業式本番に休まないようにと言うことだったと思います。

お家で暇を持て余していた、私は「工作」を始めました。
何を作ろうとしたのか今ではもう思い出せないのですが、
牛乳パックを「カッター」で切り開いていたのです。

「カッター」
なんでしょう、この響き。血を想像させますね。

何を思ったのか、このカッターを私は右手で持っていて、
左手で牛乳パックを支えていました。

これは今でも疑問です。

牛乳パックの角を切り開いて広げようとしたのだと思いますが、
カッターで角に沿って切って行った所、右手のカッターがザッと、
すべって左手をザクッと切り開きました。

おいおい、そこを切り開いてどうするんだよ、切り開くのは牛乳だよ。
と、冷静にはいられるほど、当時の私は大人ではありませんでしたから、

あー、切った。

見てみると、左手親指と人差し指の間を切り開いていました。
真っ赤な血が見え、何故か、その中に「白いもの」も見えました。
「骨?」とか考えたのは覚えています。

で、そこからは幼稚園児です。パニック。

「おーかーさーん!手を切っちゃったー!」
「えー!」

と阿鼻叫喚。

母はハンカチかなにかで傷口を押さえてくれ、そのまま、
雨の中歩いて、救急外来に行きました。

3針縫いました。

痛みは覚えていないです。
むしろ、病院から帰って来てからがじんじんしていていたように思います。

左手は包帯でぐるぐる巻き。
卒園式も包帯姿で参加。

当然、左手は使えないです。

そこで、母はこれを機に右利きになりましょうと考えました。
今思うと嗚呼、時代だなーと思いますね。

以来、一ヶ月ほど箸は右手で、鉛筆は右手でと決まり、
そうしていた所、今のようになりました。
ちなみに握力は右の方が強いです。

でも、野球のバットは左、グローブも左。
スポーツ全般は左ですね。あ、サッカーは右だな。

あ、「剣道」って体育の時に教わったのですが、
「左利き」はないそうですが本当ですか?
普通に竹刀を持ったら、「そうじゃない、逆だ!」と怒られ、
左利きなんですと答えたら、「剣道には左利きはない」と言われ、
渋々持ち替えました。未だに理解不能です。

お侍さんで「右」に刀を差している人はいないかな・・・。
つまり、左手で抜刀すると言うことなんですけれど。

私は生まれつきの左利きですが、これが結構、社会生活において不利。

例えばお茶。
急須で淹れようとしたら、あれは右利き用に出来ているんですね。
左手で持つと、注ごうとしても左手ひねって痛い。
危うくこぼす所でした。やけどする所でした。

ドアノブ。
あれも右利き用ですね。
ドアに向かって、右にひねるようになっていますね。
これを左手でやろうとすると、「押し回し」みたいな感じで、
引くドアだと苦労します。

エレベーターのボタン。(左右両方ある時もありますが。)
電話機。左手で取って、右手でダイヤル、メモを右手で取ると言う構造。
缶切り。これは絶対に左手では開けられない。今はプルトップが多いから助かる。

カメラ。
これって、右手でシャッターを切って、
右手で巻き上げですね。
オスカー!お前もか!

って、何故か、全然苦じゃないですけれど。

あと、自動改札機が普及し始めて、初めて通ったとき。
(もう、20年ぐらい前なんですね。)

どうやって通ったらいいのかわからない・・・のです。

どこに切符を入れてどこを通ればいいのか。
そして、どこの扉が開くのか。
相当な難題だった。

部活の帰り道、むさくるしい男子高校生数名で、
自動改札機の前で立ちすくんでいる光景。

ほんと今じゃ、想像出来ない。

じゃあ、オレ行くぜと先陣を切って突入した、一人目、無事通過。
じゃあ、オレも、オレもと次々に突入。おおっと、感嘆の声があがる。

で、私も。
当然、切符を左に持って。
スパンッとかっこ良く切符を滑り込ませる。イケル。イケテル。
そして、前の扉がバンと開いてかっこよく、通過する・・・はずだった。

が、突然、開いていた前の扉がバンとしまって足を取られて、オワッといい、
つんのめり、ビタンと前屈状態に。

?と言う感じ。
何故、オレだけ?

みんな大笑い。

駅員さんが飛んで来て助けてくれました。

これも右利き用なんですね。
右手で切符を通して、その左側を通る。

私は左手で切符を通して、当然その右側を通る。→閉まる。

今でも結構不便な時がありますね。
思わず、左手で定期など持ってしまうと、タッチするのに、手がクロスする感じ。
流石にこけませんけれど。

「左利き症候群」と言うのがあるのですが、
これ、左利きの人の寿命が右利きの人に比べて短いと言うことらしいんです。

つまり、上記に書いたように世の中が「右利き用」に出来ているので、
「事故」を起こす可能性が多いからと言うことみたいです。

今は左利きを矯正することはしない方がいいらしいですね。
「ストレス」になるかららしいですが、確かにそうかもしれません。
映画「英国王のスピーチ」のジョージ6世も矯正されて、それがストレスになって、
吃音になったようです。(それが映画化されたの?)

左利きには天才が多いらしいですよ。
ふふふ。

例えば、アインシュタイン。(でもペンを右手で使っていたらしい。)
他には、
レオナルド・ダ・ビンチ
ミケランジェロ
ピカソ
モーツアルト
ベートーベン
ニュートン
など、天才だらけ。

だから私も天才決定。どもども〜。
by kasime | 2011-09-28 07:31 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
秋の前触れ
a0281778_23311686.jpg

GXR 50mm F2.5 MACRO
by kasime | 2011-09-26 08:30 | 写真 | Trackback | Comments(0)
カンパニーメン
a0281778_2328835.jpg

DIII Elmar 5cm f3.5 

ちょっと興味を惹かれる映画が明日から公開される。
カンパニーメン

どうやらハッピーエンドらしいのだけれど、
素直に喜べそうにない今の世の中だから、
ちょっと、どんなエンディングを迎えるのか楽しみでもある。

なんと言っても、キャストに大好きなトミー・リー・ジョーンズが出ていることが、
(「ナチュラルボーンキラーズ」から好きになった。)
決め手かも知れないけれど。
by kasime | 2011-09-22 23:26 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
台風来た。
a0281778_23265619.jpg

DIII Elmar5cm f3.5

ごごごごごごごごごご。

すごいや。
今回の台風は。
ニュース見ていると、早く帰って来て正解だった。

アパートが揺れた。(気がする。)

外を見ていると、いい感じに荒れているじゃないか。

撮影日和じゃないか。

Big Miniにモノクロ入れて外に行こうかと思ったけれど、
ドア開けた途端、

びゅうーーーーってもんじゃない。
ぐごごごごごーーー。

や、やめい。
ひ、ひけい!

と、将軍様から命令があったので止めました。
by kasime | 2011-09-21 20:23 | 日記 | Trackback | Comments(0)
これで完璧!
a0281778_2322139.jpg

M8 DR Summicron50mm f2

最近、デジタルカメラを見に行って思ったこと。
近所のビックカメラはすでにフィルムカメラを扱っていない。

カメラコーナーへ行くと、なんか、一杯ある。
「カメラはソニー」なんて冗談みたいなキャッチコピーを見る。
嘘ではないよなと思いつつ、ニコンや、キヤノンの人が見たら、
苦虫潰した様な顔すること請け合いだなと。

なんかこう、こんなにあると、どれがどうなのか、わからないのね。
もう、見た目で判断するしかないんじゃないかって。

もちろん、それもありで。
PENなんて可愛いし、実際女性が使っているのをよく見るし、
売れているみたいだし。

でもね、個人的にこれで完璧!
って思うものは一つ。

キヤノンのEOS Kissシリーズ、一番新しいヤツでレンズセット。
もう、他要らない。完璧でしょう。

フルサイズの5DMkII持ち歩けます?
重くないですか?

HDムービーは撮れるわ、1000万画素以上だわ、
全て自動でやってくれるし。
Pモードで充分良く写ると思う。
色味も鮮やかでわかりやすいし。

あえて、EOS Kissを買ったら、DVカメラなんて要らないでしょう。
でも、逆にDVカメラで動画を撮りながら、パシャって撮ることもできるの?
だから、そっちを買うのもありかなぁ。

ペンタックスなんて、マニアックなものなんて買わなくて良いと思う。
好きな人は絶対にペンタックスだもん。一点買いでしょう。

ニコンは・・・これ、微妙だけれど、
おっさんの私は、いまだニコン神話に縛られているので、
女性がNikonって書かれた黄色いストラップをぶら下げているだけで萌える。

下心持って話しかけるね。

やっぱり、色々見ても、分からないし、一番売れている、
EOS Kissは完璧なんだと思う。
どこに不満を見つけたらいいのか、わからないでしょう。
高級コンデジと同じか、安いでしょう。

でかいなーと思ったら、PENにしましょうよ、PEN。
安い(あんまり安くないか)、小さい、良く写る。

でも、結局は何を使ってもシャッターを押す人の問題なのかな。

そう言う訳で着々とGXR購入に向けて電卓を叩いている。
え?
by kasime | 2011-09-20 23:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
疲労度120%
a0281778_18394664.jpg

DP2

今、起きてしまった。

頭イタい。

朝6時に散歩へ。
例の靴でペタペタ歩いていたら、
お、と思って畑の小屋のそばに咲いている、
「ニラの花」をパチリ、パチリ。
後ろを振り向くと、自転車が止まっていた。
そこにはおじさんが一人。

あ、ここの畑の方かな。

ここはきちんとご挨拶を。
「あ、すみませーん。」にこりと挨拶。

が、
黙ってジロッと、睨まれた。
怖い・・・。

おずおずと畑の周りを歩いていると、畑の真ん中で仁王立ちになった、
おじさんがこちらを睨んでいる。

ああ、まずいなと思い、再度、会釈する。

フン!と首を振り目線を逸らされた。

がっくり。

どっと疲れが出て来た。
精神的に疲れた。
もう何も撮る気が湧かなくなった。
帰路へ。

午後。
お彼岸と言うことで、実家へ行き、母を乗せて父の墓参りへ。

会話は不況の話へ。
そして、今のご時世、
少子高齢化でお墓を守る人がいなくなっているんだって。と、話してから、

あー、墓穴掘った。

ウチがそうだった。

「あなたも頑張らないとねー。」にこり。
「お墓を建てた時は、(15年ぐらい前。)
『こんな風に(私に子供がいない)』なるとは思わなかったからねー。」

はは。いや、頑張りますけれど・・・。うん。

えと、ウチの場合、
父が次男で本家の墓は長男の伯父さんが守っているはずだけれど、
伯父さん、新潟で独り暮らし、独身、子ども無し。
むーん、とりあえず、新潟は次男の長男(難しいな)の私。

でもその後の予定は無しと。
こう言う時は無縁仏?
じーさん、ばーさん、ごめん。

でも、母は死んだら、この父の所に入るでしょ。
そこをとりあえず守るのは長男の私。
でも、その後の予定はこちらも無しと。

つまり、私の家の名字は私で途絶えるということが確定。

甥っ子は義弟が長男なのであちらの方を守らねばならない訳で。
でも、とりあえず、甥っ子か?
大変だ、ここと、新潟と、義弟の家と全部・・・はムリでしょ。

そう言う訳で、ここのお墓は私が入って、
(ところで誰が入れてくれるのだろうか?)終わりと。

公営の墓地なのでどうするんだろう。
やはり、ある程度「管理費」が払われないと、無縁仏入りなのかな。

そんなこと考えながら、
「ごめん、オヤジ」と墓前で手を合わせる。
この墓石に「建立者」で自分の名前が書いてあるのがイタいね。

でもさ、この先、こうやって少子化でお墓を支える人がいなくなるってことは、
葬祭業も危ないの?
「管理費」とか、「お布施」とかが入って来なくなる訳で、
公営墓地が縮小されて行って、一般のお寺さんは倒産?するのか?

あれ?少子化ってことは、お坊さんの成り手もいなくなる訳で。
あれ?医者の成り手もいなくなる?

すると、病院も潰れるの?
え?じゃあ、病院で診てもらえないし、ましてや死ねないの?

あれ?
なんか、日本ってお先真っ暗じゃん。
でも、今が楽しけりゃいいじゃんって、思いたいなーと考えても、
どうしてもダメ。気持ちが暗くなって来た。
空も暗くなって来た。台風が近づいて来ているの?

そう・・・。

帰り道、正面衝突している事故を見た。
ぶつけられた人が身振り手振りで興奮している。
ぶつけたメルセデスの人はどこ行ったのだろう。
あら、もう一台にもぶつかっている。
二台に正面衝突は中々のやり手だなー。

あ、そう言えば高齢化で車の事故も増えて、
保険料も来年、再来年と高くなるんだっけ。
あー、参った。

そんなことを色々と考えていたら、どっと疲れが出て来て、
帰りはフラフラに。

帰って寝たら、今の時間になったよ。
うはー。

良くないね、こういうこと考えるの。

写真撮ろうっと・・・あ、畑には行かないように。
あと、公園では人に向けないように。
捕まるよ。
木の根っこでも撮っていようかしらん。

ま、いっか。
by kasime | 2011-09-20 00:39 | 日記 | Trackback | Comments(0)
筋肉を破壊する靴
a0281778_18374764.gif

CONTAX G2 Planar45mm f2 (カリモノ)

最近、トレーニングシューズを買った。

以前、ナイキのフリーランを買って履いていた。
それにはとても満足していた。

しかし、やはり最初から狙っていたモノが頭から離れず、実際に買って履いてみようと思った。
購入時、試し履きしたら、びっくり。
こんなのあり?という感じ。

それは、ビブラムのファイブフィンガーズ。


値札の下には、

「履き始めは短時間から始めて下さい。
履き慣れない内の急激な運動は怪我を招く恐れがあります。」

ちょっと、気になったが、「短時間」=30分しか履かないから大丈夫だろうと。

そして、早速履いて歩いてみた。
うほ。
すごいや、これまさに裸足感覚。
5本指が独立していて荷重が前に来る。
でも、言われている程しんどくないな。

しかし・・・
歩くと、ペタ、ペタ、ペタ、ペタ。
走ると、ぺたぺたぺたぺたぺぺぺぺぺぺぺ。

ちょっとネズミ小僧な感じ・・・。
怪しい・・・。

で、30分経った頃帰宅。
玄関でシューズを脱ぐ。
リビングに行く。

ソファーに座ろうとした時。

あれ?

プルプルプル。

ひ、膝が・・・。
ふ、太ももが・・・。

え?

しんどい・・・。

こんな所に筋肉があったの?
と言う所がきつくなっている。

履くことに躊躇いが・・・。(意味ないじゃん)
これからも履いて出るぞー。
by kasime | 2011-09-18 01:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)
湿地帯にて
a0281778_18321088.jpg

M8 Hektor7.3cm f1.9
by kasime | 2011-09-17 22:30 | M8 | Trackback | Comments(0)