人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2011年 05月 ( 34 )   > この月の画像一覧
バンシックスティーン
a0281778_22381327.jpg

DIII Elmar5cm f3.5

「制汗スプレー」というと、
「バンシックスティーン」だと言う方、
若い子と話さない方がいいです。
?と言う顔されました。
by kasime | 2011-05-31 19:37 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
プリントしてみて。
a0281778_22365652.jpg

DIII Elmar5cm f3.5

プリントをしてみて。

やはり、楽しい。
撮影の次に楽しい。
正直な所、現像は面倒くさい・・・。
が、重要な所でもあるので、ネガ作りは手は抜けないなぁと、
プリントして実感。

ネガが無ければ、プリントができないので、
ネガをきちんとしないとなと。

黒を黒として出す。
白を白として出す。
黒から白へのつながり。

なーんて、難しいことはわからず。
ただただ、
オレンジ色の光のもと、バットの中で像が浮かんで来るのを見て、毎回感動する。

現像液に浸された印画紙は生きているみたいだった。
by kasime | 2011-05-30 21:36 | プリント | Trackback | Comments(0)
やきやきしょぼしょぼなかぱっぱ
a0281778_22333484.jpg

乾燥中。

a0281778_22335654.jpg

昨日の。

今日も焼いた。
昼間2時から夕方6時まで。
夜、21時から、1時半まで。

流石に2日連続はキタ。
段々、凡ミスが連続する様になり、
脳内のブドウ糖が無くなった気がする。

目はしょぼしょぼするわ、頭が痛くなってくるわ、
流石にこれ以上は絶対にバットとかをこぼして、
まさに「現像液盆に返らず」みたいな状況になったら、
目も当てられないので、終了。

片付けもふらふらと。

うーん。
どうしても納得できないプリントがあるので、
また同じ物を焼こう。

ルサールは逆光だったので、コントラストが落ちていたけれど、
これはすごい良く写る良いレンズだな。

ズミルクス35もストッパー有りと無しを使って焼いたことがあるけれど、
どうも、今持っているストッパー有りの方が、「なんか好き。」
こっちの方が気泡が入っていたり、小さなゴミが入っているのだけれど、
どうもこっちのストッパー付きの方が写りがいい気がする。

うう、あまりにも凡ミスが続いてしまい、
ズミターの初焼きがまだできない・・・。

え?ヌル?1億5千万円!?
31台あるみたいだけれど、あと30台はどこにあるの?
アジアのコレクターですって?
だれよ。
あなた?
え?私ではないです。

そう言えば、ウルは3台作って、1台はバルナック本人が使っていたんでしょ?
もう1台はライツI世でしょ?
もう1台は?

だれ?

あなた?

え?私ではないです。ふふーふ。
by kasime | 2011-05-30 02:34 | プリント | Trackback | Comments(0)
やきやき
さて、起きたら背中が鈍痛。
昨日、プリントしたためで、
丸椅子に座ってやっているので、つい背中が丸くなって、
変な筋肉を使ってしまう。

昨日は夕方から、雨戸を閉めてプリント。
とりあえず、ベタから。
10枚。
凡ミスが続き、あっという間に夕食。

入浴後、再開。
22時から。

まずはプラナー50mm f1.7で撮った甥っ子。
いやー、相変わらずこのレンズは凄い。
感心させられる。
いつも思うのだけれど、ツァイスっていい意味で個性がない。
でも、そのクセのなさがツァイスらしいのかな。

はがきサイズで焼くにあたって、フォルテの純黒調と温黒調のうち、
純黒を選んだのだけれど、焼いたらびっくり。
被ってる・・・。
フチがアンスラサイトのような、ハンマートーンのような色になっている。
4〜5枚焼いたのだけれど、全て。
うーむ。何故だ。印画紙が古くなってダメになったのか?
しかし、温黒調に変えたら、問題無し。
理由がわからない・・・。

次、なんと3年前のネガ。
ズミクロン90。所謂、1st後期。

これ、ベタで選んで、赤丸がついていて、
焼きたい焼きたいと思っていたのだけれど、
伸び伸びになっていた。
この事が、今回の一番の後悔になった。

いやはや、すごい。焼いてびっくり。
バットに沈めて出て来る、像の出方とかが今回焼いたレンズの中で、
一番きれいで、すぅっと出て来る。
このレンズ、ほんと重くて、(600gは超えていたかな?)
2~3時間で手首が痛くなり、すぐに手放してしまった。
持ち歩くには大変だけれど、この写りと引き換えなら・・・。
「使いたいレンズ」になった。
(「欲しい」と言うより使いたいと言うピュアな理由だぞー。)

とにかく、暗部がすごくキレイ。
ピントもキレがいいし。
ああ、いいなぁ。

「重いレンズ」は良く写るのではないかと思った。
ズマレックスとかね。いいなぁ。

次、エルマリート28。
あらー、ネガになんか変な傷か、汚れが・・・。
ま、いっか。

ネガがちょっとアンダー。
T-MAX400なのだけれど、結構粒状感あるなぁ。
意外な感じ。
覆い焼きしたりして、何とか一区切り。

エルマリート28は焼くのが結構好き。
思いの外シャープで、すっきりしていていつも満足。

プリントはプリントとして、
28mmはきちんと「写真として成り立つ」様に頑張って撮らねば。

はい、次。
待ってました。
GW670II。
定着を終えて見ると、お、これはすごい。
なんと言っても、あれ?
写真の中でここにこんなのがあったんだと、発見することが多かった。
それほど、細部に渡って写っている。
像はビシビシしているし、コントラストも高すぎず。
2号から3号に変えて焼いたらギチッと来て、大変満足。

これからが楽しみなカメラだなぁ。

体力も限界に近づいてきた・・・。
外では新聞配達のバイクの音が・・・。

ええい。
焼くぞー。
RF645、45mm。
箱根のネガ。

いや、これもすごかった。
なんだ、このコントラスト。
かちっとしていて、すごい。

これはもっと焼きたいな。
もっと、一杯撮りたい。
実はこのカメラ65mmより、45mmの方が好き。
なんか45mmの方が撮りやすいのだ。
しかもこっちの方が写りが好き。

そんなこんなで4時に終了。
背中、痛っ。
最後は立って作業してたよ。

あと、引き延ばしレンズはフジの50mmなのだけれど、
80mm同様、ロダゴンが欲しいなぁ。

嗚呼、楽しい、プリント。
プリントしていると、物欲が抑えられるのだけれど、
ズミクロン90のようにすごいって思うと、
欲しくなるなー。

フィルムが高くなったりしているけれど、
プリントしているとやっぱりヤメられない。
少しぐらい撮るのが減ってもフィルムで撮って、プリントして行きたいな。
楽しかった!

今日も雨。
これから焼くぞー。
by kasime | 2011-05-29 14:27 | プリント | Trackback | Comments(0)
GW670IIについて。
a0281778_22251172.jpg

GW670II fujinon90mm f3.5 (TMY)

遅くまで起きていたのに、朝早く目が覚めてしまった。

GW670IIについて。
たまたま、昨日現像したので、ちょっと思うこと。

67版にしてはあまり見かけない物だと思うけれど、
(ミッドタウンのフジの展示場にもなかった。)
EBC Fujinonレンズで90mm f3.5。
元々は69判だったのを68、67と増やして行った感じ。

69判は写真屋さんには必ずあったとか。
集合写真で撮ってもらったのがこれとか。

ブログで見かけていたので、かなり欲しかった。
なんと言っても90mmと言うのが魅力的だった。
67だと換算45mm。
広すぎず、狭すぎず。50mm大好き人間としては魅力的だった。
(マキナや、マミヤは80mmなので40mm。)

で、掘り出し物を見つけて、格安で購入し、
ここ数ヶ月使ってみた。

何しろ、中判カメラはローライや、ハッセルであっても、
どれも酷く暴落している気がする。

レンジファインダーなので、使い勝手はとてもいい。
ファインダーもクリアだし、ピントも合わせやすい。
絞りとシャッタースピードの調整もしやすい。
ハッセルのようにEV値を固定して同時に動かせる。
f8、1/500なら、f11、1/250と。
(使ったこと無いけど・・・。)

完全マニュアル、機械式カメラ。

重さは1.4kgあるけれど、そんなに重さは感じない。

写りはまだスキャン画像でしか見ていないけれど、
fujinonレンズは定評があるらしいので、どんな物かと思っている。

なにわともあれ、プリントをしてみないとわからないので、今度プリントしてみようか。
by kasime | 2011-05-28 07:24 | ボディ | Trackback | Comments(0)
欲しいもの
A型。旧エルマーでなくても・・・。(いや、ムリ。)
by kasime | 2011-05-27 22:23 | 今欲しくなったもの | Trackback | Comments(0)
すごいな。
a0281778_22223513.jpg

DIII Elmar5cm f3.5

と、あるお店のネットを眺めていたら、
突然、更新された。

どうやら、毎週金曜日に更新がかかるみたいで、
ズミクロン28新同、21万、とか、ノクチ新同39万とかそれはそれは、
市場価格より若干安いなと見ていた。

で、次に5分後に更新かけたら、「販売済み」
まさに瞬殺。

すごいな。

いくら市場価格よりやすくても、結構なお値段。
しかも、カードとか切れないネット通販ということは、
「現金」(振込み)ですか!

そこのお店はズミクロン90の美品、300万台辺りのが6万とあったが、
それも更新した日に行ったら既になかった。

いやはや、売れる物は売れるのね。
買えない物は買えないのよ。

7月に迎える、フィルムの値上げについて。
当然と言えば、当然なのだけれど、今までの様には撮れなくなるのは確実で。

しかも長巻きのメリットは薄れた。
ので、コダックを使うなら、パトローネで買う。

で、お値段で選ぶならこれで逆転か同列にイルフォード。
しかも実は今まで高くて買いづらかった、イルフォード。
フジは高くてあまり好みでないので関心がない。

プレストは好きなのだけれど。
20本パックが生き残ればこれにしようと思っていたけれど、
これも生産終了した・・・。

やはり、長巻きかな・・・。
メインフィルムに切り替えようと思っている。

問題はブローニーだ。
どうすっかな。
by kasime | 2011-05-27 19:21 | 日記 | Trackback | Comments(0)
バラ園へ
a0281778_2221639.jpg

DIII Elmar5cm f3.5

近くのバラ園へ行って来た。
初めてバラが咲いているバラ園に入った。

バラのそれはとても見事で、香りもとてもよかった。
見て、香って、そして、バラアイスを食べて。

最近ハマっている、RF645。
65mmとポジでと。
最後のブローニーポジになるのかなぁ。

平日で曇りだったけれど、結構人出があった。
三脚持った人もちらほら。
フィルムカメラの人はいなかった。

芝生に入って、どっかり座って、マクロレンズで撮影している、
マナーのない人を見てがっかりする。
テレビとかで見るけれど、ホントにいるんだなって。

バラの名前もユニークで面白い。
プリンセスミチコとか、シャルルドゴールとか。
あと、カトリーヌドゥヌーブとか、結構俳優が多かった。

グレーの変わった色だなと思ったら、「青」ということらしい。
香りがとてもよく、うーむ、バラ、好きかも。

ただ、私はホントこういうところで撮るのは難しいと言うか、
下手。
一眼だと寄って行ってしまうし、今回の様にレンジファインダーだと最短1mで、
むー、要らない物まで入ってしまうとか。
ライカで90mm辺りにすればよかったか。
それとも思い切って広角で645の45mm(換算27mm)にすればよかったか。

とにかく難しいなりにポジで2本。

その後、バラのアイス。
これが美味しかった。
本物のバラの香りを嗅いだ後、食べると、まさに!と言う感じ。

天気も持ってくれて良かったなと。
by kasime | 2011-05-26 22:20 | 日記 | Trackback | Comments(0)
Kodak フィルム値上げ、7/1から
a0281778_2218431.jpg

DIII Elmar5cm f3.5 (TMY)

コダックのフィルムの値上げについて、メーカーに問い合わせた。

回答は、

1.7月1日より値上げ。
2.フィルム全て。
3.5~50%の値上げ。(商品に寄って値上げ率が異なる。)

聞いた範囲では、
★135
・トライ-X 36 ・・・520円→550円
・T-MAX400・・・520円→550円
・同100・・・520円→550円

★100ft
・トライ-X・・・40%値上げ
・T-MAX・・・45%値上げ

★120
・トライ-X・・・360円→500円
・T-MAX400・・・360円→490円
・T-MAX100・・・360円→490円

全て税抜き価格。

情報は順次小売店に伝えて行くとのこと。
kodakのHPには載るかどうかわからないとのこと。

うーん、計算してみたら、ILFORDと値段が同じぐらい。
手元になくなり次第、ILFORDに変えます。
だって、そっちの方が好きだもん。
なんだか、「厚みのある黒」が好き。

トライーXとか嫌いじゃないけれど、
今まで高くて使えなかった物が同じ値段なら、
「好きな方」を買うかな。

つられて、ILFORDも上がったりして。

フィルムって段々お高いお遊びになりそうだな・・・。
by kasime | 2011-05-25 19:18 | 機材 | Trackback | Comments(0)
ご機嫌
a0281778_19385397.jpg

Pentax ME Super M 50mm f1.4 (TX ) Nov.2010

久しぶりにミノルタハイマチックに続く、
父の形見のPentax Me Superにフィルムを入れてみた。

いつ以来かと思い出せない程使っていなかった。
(ネガを探したら、最後に使ったのは去年の11月だった。)

で、パシャ、パシャ撮っていた。
一眼レフのミラーがパッシャン、パッシャン言うのが懐かしい感じ。

6年ぐらい前に、このカメラを思い出して、実家に取りに行って見つけた。

ついていたレンズはタムロンの35-70mmのマクロズームレンズ。
グリースは抜けてすかすか。
エレメントにはカビが至る所に生えていた。
(レンズだけは自分で50mmを買った。)

何故、「マクロズーム」なのか。
母、曰く、
「あなたのサッカーをしている所を遠くからでも撮れるように」って。
マクロを撮ろうと言う気はないはずだったと。

私がサッカー部で試合をした時に撮ってもらっていた。

当時は知らなかったけれど、撮ってくれた写真を見ると、
タムロンのズームレンズしか持っていなかったためか、
理由はわからないけれど、ピンぼけ、手ぶれの写真ばかりだった。

それでも、小学生当時、
「カメラをもった、おとうさん今日も来ているよ。」
と、仲間によく言われて、恥ずかしかった記憶がある。

探しに行って、取りに行ったその時、シャッターが切れず、
6年前は全く使い方がわからなくて、無理矢理巻き戻したら、
ぶちっ!と音がして、中にあったフィルムが切れた。

あ。

と、思って、カバーを開いたら、完全に劣化したカラーネガが入っていた。
カスが出ている程、ぼろぼろだった。
20年(!)近く入れっぱなしのようで、完全にアウトだった。

父は何を撮ろうとしていたのか。
そして、途中だったフィルムには何が写っていたのか。
今では知る由もない。

このカメラで撮っていたものは、私が小学生の頃のしか思い当たらない。
しかも、小学5年生まで。

実はその頃、転勤の話があって、新潟の新発田に行く予定だった。
初めての転校になるということで緊張した記憶がある。

だけれど、当時の新潟は千葉に比べて、かなり生活が不便で、
生活がしづらいだろうと言うことで、父1人で単身赴任と言うことになった。

父の実家が新潟だったので、そこから通勤することになったのだけれど、
免許を持っていなかったので、電車通勤、バス通勤。
が、便が悪過ぎるということで、
父は原付の免許を取る。年にして45歳あたりだったと思う。

そして、原付で片道30kmを通勤していた。
が、雪の中転倒し、車の免許が必要になり、免許を取得すべく、
47歳にして自動車学校へ。
そして、卒業期間ギリギリ、とてつもなく高い授業料を払って、
免許を取った。

その後、月一で車に乗って、新潟から千葉まで帰って来た。
その頃にフィルムを入れた可能性があるのだけれど、全く覚えていない。

単身赴任生活は結局、亡くなるまで続いた。
私が10歳ぐらいに出て、20歳で亡くなったから、
恐らく10年以上だと思う。

その時に企業は酷い所だというイメージができた。
(一応、父の勤めていた所は現在でも業界でトップ2の内の1つ。)
(私が大学生の時、どうひっくり返っても入社できない会社だった。)

決して、サラリーマン=企業勤めにはならないと決めた。
朝5時に家を出て、帰宅は21時過ぎというイメージがある。

完全に私見だけれど、
私は「父性」が欠如している気がする。
そして、父にある種の「嫌悪感」と、
超えられないという、「敗北感」と「コンプレックス」を持っている。
つまり、私は「アマチャン」「ボッチャン」なのだ。

そして、葬儀の時に父の偉大さを知ることとなる。
ごく普通の葬儀をこちらは予定していたが、
本社から取締役と言う肩書きの人々が尋ねて来てくれたり、
若手がもう必要ないとお断りする程、会社から派遣されて来る。

こういうことは当然の事と当時は思ったりしていたが、
私が社会に出て、あれほど勤め先がお手伝いに来ている、
葬儀に参加したことは少ない。

そして、私と妹が学生だったと言うこともあり、今ではあるかどうかわからないけれど、
卒業まで、月、子ども一人当たり2万円の支援金が出ていた。

葬儀の後、本社にご挨拶行った時、「社長」と会ったけれど、
あまりの大企業ゆえ、かなりビビった。
スーツを着て、応接室で20歳の私はカチンコチンだった。

父を亡くしたとはいえ、そんな恵まれた状況だった。

話は戻るけれど、その父のPentaxで早朝目が覚めて、室内で撮っていたら、
20枚超えた辺りから、巻き上げるとごりごり言っている。
巻き上げてもクランクが回っていない。

これはまずいかなと思い巻き上げた。

とりあえず、無事に巻き上げたけれど、もう1本とってみないとわからないかな。
今までこんなことなかったのにな。
OHしてから5年か。

最初の一年はがっつり使っていたが、
その後、あまりにも使わずにいたからご機嫌が悪くなったか。

父とカメラが。

嗚呼、新潟に墓参りに行かないとな。
10年以上行っていない。
一応、長男の私は墓を守らないといけないのだよな。

もう、だれも 親類がいないに等しい状態だけれど、責任を感じる。
by kasime | 2011-05-24 19:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)