人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2010年 03月 ( 20 )   > この月の画像一覧
ルデコへ
今日はhideさんが展示をされている、
2Bのグループ展を見に行って来た。

午前に急いで着替えて外に出ると思わぬ寒さに驚いた。
ジャケットを着替えて再度。

電車に乗って一眠りしていたら乗り換えの駅になっていたので
焦って乗り換える。

渋谷。
久しぶり。
すれ違う人々を見ると「違和感」
前は感じなかった。

さて歩いてルデコに着くとなんとかhideさんとお会い出来て良かった。
写真もやはり紙でみると違うなぁ。
見に行ってよかった。

他の方々の写真も拝見。
みなさん、とても真剣に取り組んでいて良かった。
こんなに上手にプリントはできないし、きちっと撮れない。

全てを拝見して、お茶まで出して頂いた。
みんなすごいな。

ルデコを出ると寒い。
空を見上げるとやはり雨が降りそう。

帰り道、渋谷の街を見渡して何か撮ろうと思ったが、
やはり違和感と魅力を感じられず、そのまま。
撮るつもりで出かけないとダメかな。

帰ろう。
また写真が撮れるようになるといいのだけれど。
by kasime | 2010-03-28 19:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)
久々の現像
凄い久しぶりに現像した。
以前現像してから、一ヶ月以上経っていた。

危うくプラス-XをT-MAX100と間違えて現像する所だった。
ぴったりの時間に思い出して、引き出した。

6本一気に現像したが、(これが一回に出来る限界。)
1本のみ、最初のコマあたりの巻きが失敗している。
画像までやられないのだけれど、パーフォレーションのあたりに巻きミスが出る。
すると画像に「もらって」しまうこともある
これ、凄く気にしているのだけれど、中々回避出来ない。

やっぱり現像して絵を見ると楽しい。

M3で撮ったネガも思ったより安定していて良かった。
カン露出も捨てたものじゃないな。

明日は雨か。
見に行きたい展示があるのだけれど。

a0281778_17314431.jpg

CONATAX Aria Planar50mm f1.7 (TX)
by kasime | 2010-03-27 23:29 | 現像 | Trackback | Comments(0)
ライカという不審物。
先日、一日違いで買いそびれた、
M4のブラックペイントをネット上で見つけた。
シリアル番号、傷の位置、ぴったりだった。
悩んだ時、うーん、イマイチだなと思ったがハゲも少なくまた、
来た時にあったらと言うことにしてお店をあとにしたのだけれど、

買おうと思って電話したら、「昨日売れました・・・。」と。
残念、また今度機会があったらと思った。

で、もしかしてと思い検索したら、あった。
値段は私が見た時のプラス15万。
凄いなぁ。
これで売れちゃうんだろうな。

私は絶対にそこでは買わないと決めた。
こう言う裏側を見てしまうとダメだ。

なんて言うか、ブラックペイントって完全な自己満足だから、
MPでもいいわけで。(「でも」って言う値段ではないけれど・・・。)
MPの巻き戻しクランクが元に戻って、革も普通のバルカナイトに戻って、
巻き上げレバーもM4、M6型に戻ってくれれば買いたいなぁ。
と、夢を語る。

この夢プライスレス。

空想は無料です。
by kasime | 2010-03-25 20:28 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
2ヶ月ぶり〜激変〜
久しぶりの写真撮影へ。

まぁ、天気もいいし、とりあえず湿地帯に行くかと。
着替えてM5にルックス35をつけ、
フィルムを100、4本、400、2本持って出ようとした時、
郵便物が届く。

「更新料金が支払われていません。」
は。
確かに振り込んだはず。
見返す。振込済みだ。
このーと思い、賃貸業者へ電話する。
事情を話すと、
「それは大変申し訳ありませんでした。」と平謝り。
いえいえ、いいんですよと。

ん?
振り込み口座番号・・・。
あ、同じ銀行だけれど、最初の契約時の口座番号と今回の更新の口座番号って違うの!?
間違えて振り込んじゃったよ。

あー。
あー。
もうー。

再度、電話する。
申し訳ありません。私が間違っておりました。
やはり調べたら不明金扱いになって本社の方で宙ぶらりんになっているそうだ。
決済出来るか調べるとのこと。

はー。
待っていようか。

だめだ。
行ってしまえ。

歩きながらポチポチ撮る。
お。
撮れるじゃん。

しかし、露出計が・・・あった方がいいけれど結局は自分で合わせておかないと、
撮る時は間に合わないな。
露出計に気を取られるとテンポが狂う。

その点、M4、M3あたりはいい。
特に装填がラピッドローディングで巻き上げがクランクになっている、M4はいい。
晴れたら100で5.6の1/250あたり。ドピーカンでもうひと絞り。
少し陰ったら一段開いて。
日陰は二段開く。暗い日陰は三段ぐらい。
400ならその二段増し。
そんな感じ。

ともあれ、湿地帯到着。
あら。
今まで見たことの無い大きさの重機が二台も入っている。
小さいのも一台。

ポチポチ撮りながら歩く。
市民農園は1人おじいさんがひと休みしていて、
こちらをちらっと見て来たので会釈するが目線を外された。

開けた所に出ると暖かい。
春かなと。
足下をみると、オオイヌノフグリがいっぱい。
あとはなんだろう紫色の小さな花。
触ってみる。薄い感触。でも肉厚の葉。
なんだろう。

更に奥地へ、広場の手前ではおじさんがラジコンヘリを飛ばしていた。
すげーホントのヘリではあり得ない、きりもみ飛行とか背面飛行をしていた。
甲高いエンジン音と、もうもうと出て来る煙が印象的で、
ああ、これってエンジンだから、「環境破壊」なのかなとか思ったけれど、
なんでそんなつまらないことを考えているのかなとも思った。
ヘリを着地させると、振り返ったおじさんは私に気づいてにやりと笑った。
そう、にやりと。どう?かっこ良かった?と言いたいのだろうかと。

おじさん、すみません、何枚か撮らせて頂きました。
そう言う訳でこちらもにやりと。

更に少し歩くと
重機のそばに「削岩中」と立て看板。
いい感じ。
どんどん人の手が入って来た。予想通り。
小径を挟んで広場では子ども達が草野球。
重機と草野球に興じる子供。
不思議な光景。

重機も大きくて迫力があったのでかっこいい。
その向こうでは稼働中。
あらま、いままで田んぼだった所が全て土をあげられて平たい岩がむき出しになっている。
これはすごい。ここまで掘ったのか。
サッカーコートぐらいの大きさの窪地が出来ていてそこで重機をつかってさらに馴らしていた。
近くにいた現場の人に会釈する。
会釈が返って来る。

重機がエンジン音を響かせながら土を持ち上げる。
折れ曲がった首が左右に動くのはなんだかキリンみたいだなと思った。
もしくは黄色いゾウ。

そしてある程度撮ったら、今度は小さな重機の所へ。
ショベルカー。

近くに行くとおじさんが作業をしていた。
手で掘り起こして馴らしている。
山盛りになっているのはイスやモニター、タイヤなどだ。

「こんにちは。」と挨拶をすると、
会釈が返って来る。

私のライカを見て、
「あら、ヘリを飛ばしていた人じゃないんだ。」
「あ、そうですね。あちらの方ですね。」
「ふうん。」とまた作業を始めた。

構わず聞いてみた。
「あの、このゴミはここに埋まっていたのですか?」

ん?と言う表情のあと、
「あ、これ?これね。」
「これ、向こうで捨てられた、産業廃棄物で、違法に捨てられたものなの。」
「だから、市の税金で処理するの。」

「え。それは酷いですね。」と答えると、

おじさんは、
「結局違法だろうと、ちゃんと捨てても税金を使うんだよね。」
と言う。

それを聞いて、私は妙に納得した。「あ、なるほど。」
捨てた側も処理しているおじさんもそして市もそれを知っているのかなと。
知らぬは市民である自分か。

ただのモラルの問題。
大したこと無い。

そうやって市からの下請けで違法に捨てられた、
産業廃棄物を処理する仕事をもらえているのだろうから、
不満は無いはずだ。

私もない。

産業廃棄物を処理するのに一手間増えただけだ。
このおじさんの仕事だ。

「この辺りが湿地帯になると聞いたのですが」
「ああ、向こうの重機が入っている所ね。」
「そうなんですか?」
「うん、あの小径を挟んで向こうが県の管理でここは市。
「だからこのゴミ処理は市の税金ね。」
にやりと。

ははは。県も違法に捨てている輩もうまい。

シャベルをトンと土にさして杖代わりにして話していたおじさんは、
よく見ると日焼けしている。
しかも30代後半かも。
いっても40代前半か。

うむ。

「すみません、お仕事している所撮らせてもらってもいいですか。」
即答で「うん、あ、顔は無しね。」と笑っていた気がする。
「じゃあ、後ろから。」
「はいよ。」
作業している所を、撮らせてもらう。
「ありがとうございました。」
「はーい。」

その後ろでは市の農園なのか、
熟年夫婦が農作業をしている。

何も気にすることはない。
ただの産業廃棄物だ。
あとは、熟年夫婦、少年達、ラジコンヘリ、重機。
そして、私。

目の前に広がっている光景を淡々と撮るだけだ。

淡々と撮り続ける。
気づくと日が陰って風が冷たくなって来た。
ライカをストラップで手首に巻いて持っていたが、
その指もかじかんで来た。

最後のフィルムも残すは10枚。
そろそろかなと引き上げて来た。

残りの10枚は郵便局のそばに咲いていた、真っ白な桜を撮った。
あれはなんて言う桜なのだろう。

湿地帯において、今日ほど変化のあった日はない。
そしてこの変化は、私にとっても変化をもたらした。

写真を撮るのって楽しい。
by kasime | 2010-03-23 18:04 | 湿地帯 | Trackback | Comments(0)
6
えっと、今日、さりげなくしれっと、3時間で6本撮って来ました。
そう言う訳でして。

未現像フィルムが9本になりました。
by kasime | 2010-03-23 17:03 | 日記 | Trackback | Comments(0)
Gelatin Silver,Loveを観た。
まず、評価。
☆☆☆☆☆(★5コ満点。)

つまりゼロ。
(エメリッヒは全て観なくてもゼロだけれど。)
なんて言うか、こだわりが強すぎて、
そのこだわりがおかしい方向のベクトルに向いている気がして。
つまんなかった。
キャスティングもお金かければいいってものじゃない。
いや、俳優さん達は頑張っていると思うけれど、
活かしきれないのは監督の力量かと。

でも、関心を持ってゼロをつけること自体、少しは光がある。
関心がなくて観られずに終わってしまう映画なんて星の数程ある。

観てみようと思うのと観たくないは似ているけれど、
「興味が無い」「知らない」は最低の評価だと思う。

やはり、ハート・ロッカーをもう一度観たくなった。
お陰で「いい映画」を観たくなった。
by kasime | 2010-03-23 11:01 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
一番長い
全くフィルムを通していない。
ここまで撮らない日々が続いたのはない。

ついにネタが切れたので、デジタルでアップした。

ま、いつか撮れるようになると思うけれど。

最近、このまま写真をヤメてしまうのだろうかとも思うこともある。

その時はすっぱりヤメてしまうけれど、
はっきりとしたこととして、一つ言えるのは、

別に「未練」は残らない。
by kasime | 2010-03-22 00:59 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
自分にふさわしい場所
最近、活字づいている。
「自分にふさわしい場所」を一気読み。

ホンマタカシの写真と谷郁雄の詩。

基本的にホンマタカシの写真が好きで買ったが詩も良かった。
普通の言葉で普通のことが普通に書いてある。
写真も普通の日常のことを淡々と撮っている。好きだ。
これ、マネ出来そうで出来ない恐ろしい写真。

本棚は気づいたらホンマタカシの写真集が一番多かった。

カラーネガを詰めて35mmぐらいでパシャと撮ってみたい気になるが、
なんていうか、撮りたいと言う気分にならないんだな。

仕方ない、こう言う時期だ。

今、伊藤計劃の「虐殺器官」を読んでいる。
これも一気に読めそうな感じ。

相変わらず、写真は全く撮っていない。
現像もしていない。
今日は一歩も外に出なかった。
by kasime | 2010-03-19 19:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)
物欲が少し。
赤城耕一氏の、「定番カメラの名品レンズ」を読んでみた。
これが結構面白かった。
無論、赤城氏の主観が思いっきり入っているのだけれど好き。

お陰で少し物欲が出て来た。
ノクチはやっぱちがうなーとか。
15mmのSWHとか。今安いですね〜。
nikkor50mm f1.4とか。
でも、同じようなレンズ持っているからいらないか。

ただ、やはり京セラのzeissレンズは少しずつ揃えたいなぁ。
28mmf2、35mmf1.4 85mmf1.4とか。
良く写るから。

ただ、Summicronの50mmを1本買おうか今真剣に考えている。

お、いい感じ。
by kasime | 2010-03-16 21:57 | 日記 | Trackback | Comments(0)
16年
早いもので父の17回忌。
着慣れないスーツとワイシャツに袖を通し、
巻き方を忘れかけている、ネクタイを締める。
鏡に映った自分は知らない人だ。

両手に花を持ち、車に乗り込み母親を迎えに行く。
お寺さんで妹夫婦と伯父と待ち合わせる。

法事が始まる。
16年。
父とは言え、既に「他人」だな。
もういない人だ。

念仏が5年前に「5億円かけて建て直した」と言うでかいお寺の中に響く。
住職は私より年下の30歳ぐらいか。
途中、読経をしくじることもしばしば。

その度にがんばれ、がんばれと心の中で「蔑んだ。」

念仏のリズムは心地いい。
早く終わらないかな。
それしか思い浮かばなかった。

お説教を聞く。
人はみないつかは「白骨」になると。
ありがたや、ありがたや。

そう、父の骨を拾ったとき「ああ、骨が転がっているな」と思った。

そして墓前へ。
着慣れないスーツで肩が凝って来た。

伯父の自慢のプリウスを運転させてもらう。
例のブレーキ問題も直してあるものらしいが、
とても運転しづらいとのこと。
ブレーキが唐突に効き始めてがそれが早すぎて踏みづらいと言う。

どれどれと墓地を運転させてもらう。
なんだ、この車。いや、これは車なのか。
まず、エンジンをかけられなかった。
サイドブレーキも解除出来なかった。

ボタンを押す。液晶が光る。
が、
音もしない、振動も無い。
すでに動く状態だと言う。
ブレーキを話すとクリープ状態で動き出した。

ハンドルを切ってもどれぐらい曲がっているのか予想がつかない。
アクセルを踏んでも幾ら進むのか予想もつかない。

徐行しようとしてブレーキに足を置くとかっくんと急ブレーキ状態。
伯父は「ね。きついでしょ。」

なるほど、これはトヨタらしい。
これで文句あるかとでも言いたげなリコール対策だ。
しかし、これは確実に「改悪」だ。

伯父は
「今度の点検の時にもっと効きが急にならないように元に直してもらうよ」と言っていた。
さて、メディアが正しいのか、乗っている伯父が正しいのか。

妹夫婦を送迎するために実家と妹宅を二往復した。
やっぱり車を代えないとダメかな。

何がいいのかな。
4人がきちんと座れて、
きちんと運転が出来る車。
そんなことばかりが気になった17回忌。
by kasime | 2010-03-14 20:55 | 日記 | Trackback | Comments(0)