人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> kakitarouさ..
by kasime at 22:19
ヨスケさん、 初めまし..
by kasime at 03:03
初めまして。 ズマロン..
by ヨスケ at 16:03
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
記事ランキング
<   2010年 01月 ( 27 )   > この月の画像一覧
黒ということ。
ま、ここで黒と言えばブラックライカの事しか無いのだけれど。

ただ、電車が銀座方面の電車が入って来たら行く。
自宅方面だったらそのまま帰ると決めた。

すると、銀座方面入って来ましたー。
仕方ないですね。行きましょう。はい。

ブラックM4ニ台あり。

ブラッククロームとブラックペイント。
二台ともOH済み。
ファインダーも凄く綺麗。
今まで触ったものの中で一番感触がいい。

さて、目を引いたのは極上品のブラッククローム。
傷一つない。ちっさいスレがあるだけ。
ファインダーも綺麗。
よく、ブラッククロームはごりごりしているとか言われているが、
それほどでもなかった。
うむむ。
渋くてかっこいい。

そして、ペイント。
あまり禿げていないが、一部アタリを修理した後有り。
そのため、安くしていると言う。と言っても安くないですが・・・。
凹みの修理は別に気にならない。
こういうのを買う人は気にする人が多いとのこと。
でも、巻き上げの感じもいい。
ファインダーも綺麗。
ペイントは触っていると独特の感触。
柔らかい。

しかし、中古でこの値段・・・。

新品ブラックと言えばMPか・・・。
うーん。
ちょっと触手が伸びないなぁ。
むーん。

とりあえず、お店を後にする。

何故に黒?
かっこいいからに決まってます。
それ以外に何のために買うの?
別に戦場に行く訳ではないので黒である必要性はないです。
でも、黒がかっこいいんです。
・・・。
うん、かっこいいんです。

はー。
高いだけに悩ましい。

a0281778_19165813.jpg

M6 Summilux35mm f1.4 ASPH.(125PX)
by kasime | 2010-01-31 22:15 | ボディ | Trackback | Comments(0)
1人でない湿地帯。
今日はtksnkmさんと湿地帯へ。
湿地帯は初めてのお招き。

広大な場所で二人でプラプラと。
DP2を使ってもらったり。
私は克服と言うか挑戦ということでM4にSA21mm f3.4。
前回露出計を忘れたのが功を奏し、今回も殆ど露出計無しで。

ポチポチ撮りながら歩き、
川に鴨がいるが近づくとばっと逃げる。人慣れしていないのがいい。
でも、新興住宅が建ち始めていたりとギャップもいい。

市民農園そばにポンプ式の井戸発見。
以前からあったことは知っていたが、実際に触ってみる。
引き上げて、押し込む。
なんと、手応えあり!

すると先から水が出て来た。
ぱちり。この水はどこへ?
市民農園へ伸びていた。なるほどー。
水に触れてみる。

暖かい。

小さい頃教えてもらった通りだ。
井戸水は冬は暖かく、夏は冷たい。

ふと、市民農園で湿地帯の計画図が貼ってあったので見てみる。
どうやら公園にする予定のようだ。
市民農園は駐車場。
なるほど。
たのしみだ。どうなっていくのか。
あと一帯の管理は県になっていた。
市じゃないんだと驚いた。

そこからまたパチパチ撮りながら歩く。
沼の近くを撮っていたら、向こうにカメラをもった男性が(20代後半?)いた。
すれ違うときも、特に話すこともなく。

が、はたと沼を挟んで向こうを見るとレンズをこちらに向けていたのだが、
私が気づくと?ぱっとレンズを降ろした。

ので、何を思ったのか、瞬時に私は

「撮って下さーい!」

と叫び手を振る。

今、思えばどうしてそんなこと言ったのか。

男性は、はてと言う顔をしている。
お互い近づいて行って、どもどもと。
「よくこちらには来るのですか?」と尋ねると、
「え、半年に一回位ですかね。」と。小さな声で答えた。

ヒゲを蓄えてニット帽を被って、今風というのだろうか。
「是非是非、撮ってもらえませんか?」
「え?」驚く彼。

「お願いします、折角なので。」にこにこ。どんな折角なのかわからないが。
「はい、あの、プリント渡せませんが・・・。」戸惑う彼。
「全然構いません!」これ今考えるとおかしいな。欲しいよ、プリント。

彼は我々二人に向かってレンズを向けてくれる。
FM-10にはズームレンズらしきレンズがついていたが、
「何mmですか?」と尋ねると、
彼は改めて確かめるように、レンズの鏡胴を覗き、
「えっと、35mmです。」
「そうですか、いいですね。」と話しながら、
彼は一生懸命露出を合わせていた。
「すみません、遅くて。」
「いえいえ、全然構いませんからっ!」なんつう、モデルだ。

すると、彼から、
「あれ、ちょっと光が強いですかね」との返答が。
では、順光にということで動いた。
「じゃあ、行きますー。」彼。
「はいー。」男二人。

ぱちり。
にっこり男二人。

その後はお決まりです。
「私も撮らせて下さい!」
「あ、はい。」
「すいません、寄ります。」
ずいずいずい。
その距離1mちょっと。
驚きを隠せない彼。

そ、そんな寄るなっ!って聞こえた気がする。

気のせいでしょ。気のせい。

だって、21mmなので仕方ないでしょ?

出た目の露出と一段オーバーで。
tksnkmさんも撮らせてもらっていた。

どうもどうもありがとうございました〜と後にする。
へぇ、ここに来る人もいるんだと不思議な感じ。

そのあと、二人でバチバチ。
段々、21mmにも慣れて来た気がする。
でも、アガリ見て落胆するんだろうなぁ。

なんだかんだで7本。
寒くなって来たのとフィルムが無くなったので、
駅前でコーヒー。

いやぁ、いつもは湿地帯は1人だったけれど、
ご一緒するのも楽しい。

さて、tksnkmさんはDP2を買うのか?
買うのに10票!

お疲れさまでしたー。



a0281778_1910312.jpg

DP2
by kasime | 2010-01-30 21:04 | 湿地帯 | Trackback | Comments(0)
バルナックライカについて
今回は、M型に続いて、
今まで「自分が使った」(流石に多すぎます。)
バルナックライカについてです。

DIII。これを一押しします。
なんと言ってもこの私が3年も使っていますから!
(説得力無い・・・。)

DIIIは全てが揃っている感じです。
DIIに無かった、スローシャッターがついたと言う点が大きいと思っています。
ほんとこれで全て揃った、完成と言う気がします。
小さくて良く写る。これに尽きます。

以前から書いていますが、火事になったらまずこれを持って逃げます。
はい。

DII。
これ、未だに欲しいです。
(一度買ったのですが、故障で返品しました。)
潔いカメラだと思います。

以下、このニ点が好きです。

・アイレットがない→手で持ちましょう。
・スローが無い→暗くなったら帰りましょう。

Elmarの35mmをつけてファインダーなしで
写ルンですのようにパチパチ撮りたいカメラです。

しかし、上記の黒いバルナックを買うと、
レンズがニッケルしかつけられなくなる恐れあり。

IIIa。
これ、完成度高いと思います。
1/1000が入って、(実際には1/700位かもしれませんが・・・。)
DIIIより、更に磨きがかかった気がします。
はじめてのバルナックの方にお勧めだと思いました。
Summarをつけるとかっちょいいです。
私はクロームレンズを使いたいが為にこれを買うと言う暴挙に出ました。

何事も格好が大事。はい。別に写りに違いはないですね。悲しい。

IIIb。
これはなんともワイルドなカメラでした。
板金部分とダイキャスト部分があるんでしたっけ?
そのためか、上記のバルナックとはシャッター音がまた違って、
バチン!と言う感じでああ、撮っているなぁという気分になります。

あと、内蔵ファインダーがピント合わせのファインダーと近づいていますね。
なぜか、私は一度もそのファンダーは覗いたことが無く、
そのため、外付けファインダーを使っていました。
嗚呼、この5cmのファインダーはすごかった・・・。
不必要に欲しいです。

なんだか、思い出深いライカです。

IIIf。
IIIcとか書きたいのですが、使っていませんので。
IIIcも使ってみたいですねー。(え?)

上記のバルナックに比べて少し大きくなっています。
このバルナックも素晴らしかった。
もう、不満な点が無いと言ってもいい位です。
嗚呼、M型に近づいて来たなぁと思います。
シャッター音も気持ちよかったです。
これも一台目の方にお勧めしたいです。
Elmar5cmとかいいですね。

あとですね、ここからは使っていないけれど欲しいバルナックです。
ずばり、A型です。
旧Elmarだろうと、新Elmarだろうとどっちでもいいです。
(あ、いえ、旧Elmarが欲しいです・・・。)

これ、以前も書いたかと思うのですが、
「義務カメラ」だと思っています。
フィルムカメラを使っている人はこれを買わないと行けません。
(冗談です・・・半ば本気ですが。)

まったく実用性はないですが、これぞ、THE カメラ。
距離計なし。スロー無し。アイレット無し。
はっきり言って写ルンですより、機能的に負けてます。
おお、フラッシュが無い時点で完敗。

でも、なんだか、年取ったらこれ一台しか持たないと言うのもいいかも知れないな。
と、思っていたりします。
そのころはフィルムもとても高くなって、一杯撮ることができなくなって、
一枚、一枚、目測でピントを合わせ、露出も自分で読んで。
ぷらぷら、よぼよぼ。
いい感じです。

年取ったら(=定年退職したら)将来の奥様とオープンカーに乗って、
バルナックライカを持ってデートしたいです。(赤面・・・。)

あ、30年後。オープンカーなんてあるのか?「モーター」カーですね。
フィルムは無くならないかな・・・。いや、流石に危ないか。

なんだか、バルナック編は感情的なことを書く部分が多かった気がしますね。
それほど、バルナックライカはM型程、機能的な差が少ないのかもしれません。

大きく違うのは戦前、戦後というぐらいでしょうか。
つまり、大きさということです。

どれを選んでも後悔は無いと思います。
この私が一台で済んでいること自体がそれを物語っていますね〜。

確実に言えることはこれで充分と言うことです。
露出、ピント、レンズ交換、全て出来ます。
Elmarなんて、超がつく程良く写りますし、
さらにSummarや、Summaritなど、個性的なレンズ群が溢れています。

時々、M型を全て売り払ってDIII一台にしてしまおうかと言う、
ある意味、危ない思想に駆られます。

最後に一言、黒か白かそれが問題だ。
by kasime | 2010-01-30 09:02 | ボディ | Trackback | Comments(0)
M型ライカについて。
今更、何を言うという突っ込みはあえて受けますが・・・。

今までM7以外のM型ライカを使って来て、
各M型ライカの長所短所といいますか、
番付けをしてみたいと思います。

どれか選べと言えば、間違いなくM6です。
やはりこれが一番です。

そして次はM4です。
やはり35、50mmのみでしたらこれがいいと思います。

さて、他のM型ですが、
やはり一長一短がありすぎる気がします。

M3、ファインダー最高です。
でも、なんだかもう古すぎる部分があります。
巻き戻しのクランクつらかった・・・。
あと、フィルム装填も大変。
モノとしてはいいのでしょうね。

M2を選択する人、渋いですね。
シンプルですね。
あの、ファインダーとカウンターがなんとも割り切りがあっていいですね。
でも、やはりカウンターが自動復元でないので時々忘れてしまいます。
報道関係で当時は活躍したのかなとか思いました。
M2のブラックなんてかっこいいです。
35mmとの相性も抜群でしょう。
やはり、これもM2-"R"でない限り、私にとってはフィルム装填が大変です。
そして、巻き上げも。

M5。
最近、めっきり稼働率が落ちています。
どうも、手にしなくなりました。
ただ、もう少し使ってみたいと思っています。
あの、露出計は最高にいいと思います。
ホールドの良さもすばらしいです。
また、Summilux35mmとの相性は抜群です。
あ、北井さんも使っていますしね。(なんてミーハーな。)

MP。
これです。
これが問題です。
最新にして、最後のフィルムライカ。(だと思います。)

ファインダー覗くと、おおこれはいいと思います。
絶対にM3よりいいと思います。
嗚呼、新品っていいなと思いますね。
が、何故にあんな巻き上げレバーと巻き戻しクランクにしたのか、
理解不能です。

あと、グッタベルカもあれをどうしたら採用になるのか不思議です。
どうも滑りやすいと言うか、持ちづらい。
それで、ライカジャパンは要望が多いとかでカスタマーサービスと称して、
革の張り替えしていますね。
その額、4万とかでしたっけ?
あり得ないです。
最初からそれで出して欲しいです。
あと、斜めの巻き戻しクランクなら買ったかも。
多分、よっぽどの理由が無い限り買わないと思います。

最近のライカ社に対しては(特にライカジャパン。)理解が出来ないことが多すぎますね。

次回はバルナックです。(って、いつやるかわかりませんが・・・。)
by kasime | 2010-01-30 01:00 | ボディ | Trackback | Comments(0)
50と35
50mmと35mmがあればなんとなる気がしてならない。
というのも、持ち出すのが50mmか35mmばかり。

今回21mm使ってみて、一枚も納得出来ない。
つまらない写真ばかりだった。
21mmぱっと見、すげーとか思うが、あり得ない世界が広がっているだけ。
ジャンルー・シーフがどう使いこなしたのか知りたい。
欲しいから持っているだけ。

で、結局28mmも広すぎでいつまで経ってもまともに撮れない。
これも欲しいから持っているだけ。

で、ちょっとした遠出の時はSummilux35とM6
知っている所だと、何かしらのボディと(M6が多い)Summilux50。

あれ?
これで充分?

a0281778_1859362.jpg

M6 Summilux35mm f1.4 ASPH. (125PX)
by kasime | 2010-01-28 21:58 | レンズ | Trackback | Comments(0)
昨日から今日
昨日のお散歩。
月曜日って、お休みの所が多いのね。
M4にSA21mmf3.4だったのだけれど、露出計を忘れた。
適当に撮ってみた。
現像したら、何とか撮れていたのでまぁ良し。
しかし、21mmって凄まじい画角。
とてもじゃないが使いこなす自信がない。

自由学園周辺を歩いて池袋を抜けて、鬼子母神へ。
どでかいイチョウの木に圧倒される。
21mmでも入らなかった。

再び池袋にもどりビックへ。
やはり長巻きの125PXを20%オフで買ってしまった。
3月期限なのに。ま、使い切るでしょう。

その後、上野へ。
レチナのEktar47mm f2付きを探したが、「取り置き品」になっていると言う。
残念。
そして、M4のBPを触らせてもらう。
いい感じにボロ。
しかも、ラピッドローディングの底蓋。
それでペイントされているから、M2かM3の底蓋なのかな。
ニコイチか。それもありかな。別にコレクターじゃないし。
でも思いとどまる。
なんだか、動きが渋かった。

夜は現像を6本。

そして、今日。
やはり我慢ならず相模原へ。(何故にそんな遠くへ・・・。)
M4BPを見に行った。
が、これがよくわからないM4だった。
まず、シリアルではない番号のペイント。
でも、オリジナルらしい。そういうこともあると聞いていたので、それはよし。
一番わからないのは、M4の「4」の刻印が普通のM4と違うのだ。
普通、「4」はくっついていないのだ。
でも、見た個体はくっついているのだ。

(試しに手で「4」を書いてみて下さい。
くっつく「4」書く人とくっつかない人いるでしょ?)

今日は社長ともう一人の男性がいなかった。
それでおばちゃん二人でお店を切り盛りしていたが、
危うく押し切られる所だった。
すげー押しの強いおばちゃん達だった。
「どう?買っちゃう?逝っちゃおうよ。」ってほんとに言うんだから。
高いし、ビビっちゃって。
あと、ファインダーもかなり汚れていたのと、動きが渋いから二の足を踏んだのだ。

結果、買わなくて良かったと今は思っている。
恐ろしい。
新品買ってもいい位の値段って・・・。どうなの?

今はFOVEONにどっぷりです。

a0281778_18581273.jpg

M6 Summilux35mm f1.4 ASPH. (125PX)
by kasime | 2010-01-26 23:54 | 日記 | Trackback | Comments(0)
うれしいですね。
a0281778_185353.jpg


こんな感じでお店において頂いています。
うれしいですね。
by kasime | 2010-01-25 00:52 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ショップカード
最近、お花屋さんよりショップカードの作成を頼まれ、
喜々として、自分の写真を使い作ってみた。

最初はカラーネガとポジのスキャン画像を使っていた。
(モノクロはインクジェットで出すと転ぶのでヤメた。)
眺めていると、
まぁ、いいじゃんと思っていたが、ふとDP2の画像をプリントしてみた。

これがいい感じだったのだ。
やはり、フィルムは印画紙に焼き付けてこそなのかも知れない。
しかし、このDP2の画像はプリントするとデジタルカメラの写真っぽくないのだ。
それでいて、フィルムっぽいと言う訳でもなく、
好みのプリントがすっと出て来た。

恐るべしFovoen。
これからはFoveonの方で作って行ければと思う。

ショップカードと言うよりは、
ポストカードとして持ち帰って下さる方もいらっしゃるとのことでうれしい限りだ。
これからも少しづつバリエーションを増やしたい。

今度、置いてある所を見て来ようと思う。
by kasime | 2010-01-24 02:51 | プリント | Trackback | Comments(0)
あなたは・・・




買ってしまいそうだ・・・。
by kasime | 2010-01-23 01:49 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ピント合わせができない。
「現像するために」夕方からトライーXを詰めた、
Ariaと50mmを持ち出し近所を歩いた。

結構見落としている所がある。
でも、撮りたいと思う物はあまりなかった。

これと言うモノはパチパチ。
が、ここで感じたこと。

ピントが合っているのだろうか・・・。
ピントリングをぐるぐる回すと、

ん?行き過ぎた?
ん?足りない?
ん?

イライラ。

と言う繰り返し。

RFに慣れたピント合わせの感覚と
SLRのピント合わせの感覚は全くの別物で短気な私はピントが合うまで我慢が出来ず、
撮るのを止めてしまった物もある。
(振り返ると、それはそれほど撮りたい物ではなかったのかも知れない。)

SLRの悪夢再び。
これがRFに写った理由か?
短気な私にはRFのピント合わせの方が合っているのか?

でもね、京セラCONTAXの写りは最高です。
だから手放せないと言う理由もあり。

a0281778_1849294.jpg

CONTAX Aria Planar50mm f1.7 (125PX)
by kasime | 2010-01-23 00:48 | 日記 | Trackback | Comments(0)