人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> kakitarouさ..
by kasime at 22:19
ヨスケさん、 初めまし..
by kasime at 03:03
初めまして。 ズマロン..
by ヨスケ at 16:03
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
記事ランキング
<   2009年 07月 ( 26 )   > この月の画像一覧
古いレンズでカラー。
今回、Hektor7.3cmでKodakの一番安い、
400のカラーネガで撮ってみたものを見てみた。

思いの外、良く写っている。
というのが率直な感想。
結構、かちっとして、色見もいい。

絞りまくっていたが、ここまで発色がいいとは思いも寄らなかった。
ポジで撮ったらもっと面白かったかなと、
ちょっと、考えた。
でも、現像代が高いのよね、カラーって。

明日、ポジでも撮ってみようかな。
ただ、暑いからなー。
エアコンの効いた部屋でのんびりしたいなぁ。

a0281778_21342511.jpg

Leica DIII Hektor7.3cm f1.9 (GC400)
by kasime | 2009-07-31 23:32 | レンズ | Trackback | Comments(0)
誰かに見られていることの謎についての解答
長いタイトルだが・・・。

要するに下のエントリの謎が溶けた。

どうも、yahoo newsは
「違う記事を同じアドレスで公開することがある」とのこと。

以前見た、アドレスに載っていたnewsがそのまま使われると。
ので、履歴を全て消去してみた。

これで、二度と同じことが起きないと思われる。
起きたら・・・。うわぁぁぁん。

a0281778_21322328.jpg

Canon EOS7s EF50mm f1.4 (PRESTO100)
by kasime | 2009-07-28 23:31 | 日記 | Trackback | Comments(0)
誰かに見られている
最近、不思議に思っていることがある。
safariを立ち上げて、たまたま、yahooへ飛んだ。
そして、yahoo newsを見ていたら、

あれ?
この記事読んでいないのに、既に見に行ったという、
リンクの色が変わっている。
自分では全くこの記事を読んだ記憶が無いのだけれど、
読んだことになっている。
つまり、リンク先にアクセスしていることになっている。
と、いうことは、だれかが見ている。

しかし、履歴を追ってもない。
仮に誰かが、家に侵入して、私のmacを使って、
safariで見ていたとしてもそこには履歴が残るはず。
履歴は全て消さないといけないのだけれど、
全て残っている。

しかも、アクセスしている記事は全て「コンピューター」
中でも、winに関することが多い。
全く興味関心がない記事ばかり。

で、今日も見てみたら、ニ、三箇所、既に見られていた。
一度履歴を全て消去したのだけれど、止まらない。
今日は芸能欄も。
誰かが私のmacにアクセスして勝手に見ている?

いやいや、待て。
アクセスして見ていると言っても、
私のmacのsafariで見ていることになり、これはどうなのか。
macごと乗っ取られている?
遠隔操作で?

誰かが見ているのは確かなのだけれど、
誰がどうやって?

しばらく、無線LAN止めて、有線にしようか。
by kasime | 2009-07-27 06:30 | 日記 | Trackback | Comments(0)
楽しかった〜。
今日はもみさんとお会いして、お散歩へ。

浅草にて合流する。
おお、もみさん、イメージ通り。
明るくて、朗らかでお話ししていて、とても楽しかったです。

水上バスにて、浜離宮へ。
初めて、浅草発の水上バスだったけれど、
お話ししながら、パチパチ撮っていった。

35mmだったけれど、とても撮りやすく感じた。
それは楽しく撮れていたからだと思う。

もみさんにはSuper AngulonとElmarit28をお貸しして、
私はXenon5cmと山崎Summarをお借りした。
どちらも初めてのレンズであがりが楽しみ。

途中、道路工事のオッチャンに「ライカ?」と喰い付かれたり。
浜離宮で声かけた、おっちゃんは、「禿げてるとこ撮らないでな、ははは。」とか。

それはそれは楽しかった。

スキヤへXenonの為のSummaritフードを見に行く。

もみさん、フード、ありましたよ。
もみさん:買います。

私、店員さんに「幾らになります?」
「あと、フィルターつけてないから、フィルターも。」
(もちろん、タダね。)

って感じで。(こんなんでいいですかね。)笑

自分だけでなく、他の方にも散財させる、小悪魔。

夕方はプリントを見て頂き、これも色々お話しが聞けてよかった。
やはり、どんどん、人に(押し付けがましくても。笑)見せて行こう。

その後、お子様を迎えに行く。
おわー、かわいい。
「ママー!」
いいなぁ、もみさん、お母さんだー!
いいなぁ、子供。

そこで、お別れとなったが、
なんだか、すっごく充実した一日だった。

もみさんどうもありがとうございました!

現像は待ってください・・・。
8本も未現像です・・・。
by kasime | 2009-07-24 23:28 | 日記 | Trackback | Comments(0)
お披露目すること
今日、新国立劇場の小ホールにて、妹の公演を見て来た。
ダンサーとして出演している。

二年ぶりの妹の公演だったが、辛口だが、イマイチ。
彼女は、「プロ」を目指して、
ダンサーとしての進路を選ぼうとした程の気合いが入っている。
ので、感想としてはまだまだだと思う。

その事情を知っている私にとって、今の妹は絶対にダンスで食べて行けないと感じた。

今までは私は、じーっと、ひいき目で複数のダンサーがいても妹を見ていたが、
今回は全体を見るようになっていた。

木をみるより、森をみる。

所謂、創作ダンスは全体性が重要と思って見ている。
整合性。

そして、個々のダンサーの力量。

それらが複合的、総合的に表現されたとき、素晴らしいものになると。

すごく、いいと思った場面もあったが、
全体的に、もう少しと言うのが正直な所。

が、フィナーレが来ると、
力一杯、拍手をしている自分がいた。
満面の笑みの妹、そして、ダンサー達は、使い古された言葉だが、輝いていた。
ちょっと、ほろり。

こうやって、自分がやって来たことを「お披露目すること」はとても重要なことだと、
つくづく実感した。

お披露目か。

a0281778_21272612.jpg

DIII Elmar3.5cm f3.5 (PRESTO400)
by kasime | 2009-07-23 23:24 | 日記 | Trackback | Comments(0)
なぁんだ。
なんだか、お風呂に入っていたら、
「あれ?」
「別にSummilux35mmのASPH.じゃなくてもいいんじゃん。」
「なんで、20万もする、レンズを買うんだ?」
「たけー。」
「コシナで綺麗に写るのがあるじゃん。」
「すっきり、くっきり。ZMか、VMどっちかでいいか。」
やはり、1.4にこだわるか。
でも、それだったら、同じようなものかな。
じゃあ、要らないか。
なぁんだ、簡単なことだ。

もう、充分ということか。

a0281778_21241163.jpg

DIII Elmar5cm f3.5 (PRESTO400)
by kasime | 2009-07-22 23:22 | レンズ | Trackback | Comments(0)
「おくりびと」と「おくらないひと」
「おくりびと」を見た。
これ、すごくよかった。
満点!
★★★★★

自分の主に考えていること、
「死」と「生」が(自分にとって)巧く表現されていた。

キャストがよかったとか、そういうものではなく、
映画そのものがよかった。

泣きそうになった。

納棺。
父の時、私もやったが、
あの映画のようなものではなかった。

死。

灰。

無。

骨はだたの「物」。
荒野等に転がっている、動物の骨と一緒。

私は荼毘が好きだ。

死んだら、きちんと灰にしてもらいたい。
そして、骨をそのまま、骨壺に入れず、墓の中の地面に撒いて欲しい。

死は怖くはない。

でも、困る。

楽しみがなくなるから。

ライカで写真が撮れないとはなんてつまらないことか。

遊べなくなる。

だから、生きたい。

私はだれに納棺してもらえるのだろうか。
自分の子供にしてもらえるのだろうか。
映画のような納棺をされたら、最高にうれしい。

a0281778_21203821.jpg

DIII Elmar5cm f3.5 (KR)

私はおくらない人
by kasime | 2009-07-21 21:19 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
血だらけライカ
大袈裟ですけれど。

今日、tksnkmさんとお散歩。
銀座で待ち合わせし出発。

あ、銀座でNOKTON50mm f1.1を触らせてもらったが、
中々いいかなと言う感じ。軽い方だと思うけれど、
買わないなぁ、あれは・・・。

それよか、Summilux35のASPH.が気になる。
f1.4の「きちんと写る」50mmと35mmが欲しい。
いや、写らないレンズは無いけれど。
ぐるぐるボケが少し飽きて来た。それだけ。

で、月島まで歩き、そこから、清澄白河公園へ。
その清澄白河で、撮影中に50mmだったので、引きを撮ろうとしたら、
足下に車を止めさせないような石が・・・。

ぐらっとなり、立っていられなくなり、どったん。
その間、すごいスローモーションになり、「あ、ライカだけは!」と思い、
転びながら左手でM6を掴んでいた。

そして、右手で支えた。そのまま、ごろんと仰向けに。

気持ちよかった。

久々に地面に寝転がった。
地面が暖かかったのを鮮明に覚えている。

気づいたら、右手の手のひらは真っ赤っか。
そして、M6を掴んでいた手は小指と手の甲から血が・・・。

tksnkmさんを見ると、真剣にそして熱い想いでファインダーを覗いていた。
彼が振り返ると、驚いた表情で寝転がっている私を見て、「だ、ダイジョウブですか。」
「ダイジョウブ、ダイジョウブ、ちょっと血が出たちゃった。」

血だらけライカ。

そして、新宿へ。
かなりヤバいもの発見。
Sonnar5cmf1.5、「L」=スクリュー。
まずかった、あれはまずかった。
値段も激しく高いわけではないし、しかも、jena。

嗚呼。

ぐっと飲み込んで、我慢。
しかし、今になって、かなり欲しくて仕方なくなった・・・。

でも、かなり楽しく写真を撮れた。
また遊びに行きましょう。今日はお疲れさまでした。

a0281778_2118391.jpg

DIII Elmar5cm f3.5 (DNP400)
by kasime | 2009-07-20 23:15 | 日記 | Trackback | Comments(0)
ライカM7/MPカスタムレザーサービス
表題のサービスがライカカメラジャパンで始まったようだ。

一言。
腹が立つ。

MPの貼付けられている、貼革はほんと購入意欲を削ぐ程、
嫌いだった。
MPは新品で二回買ってみたが、
二回とも手につかなかった。
「何かが違う」と思っていた。
機械としてみれば優れていると思うが、
何か肌に合わないと思っていた。

何かはわからないし、もしかすると、私の飽きっぽさもあるのかと思うが、
あの貼革は一番嫌いだった。

やはり、同様に感じていた方が多かったのか、
ライカカメラジャパンのInformatinには
「お客様からのご要望の多い云々」と謳っている。

そして、その値段。
42000円

法外だ。

この張り替えを自分でやられている方をネットで見たことがある。
その方は既に販売されている、社外品を購入して、
新品に貼ってある、MPの貼革を自分でバリバリと剥がして、
新たにヴァルカナイト革に張り替えていた。
その値段はどう思い出しても5000円以下だったと思う。

「お客様からのご要望が多い」と言うなら、
新品もヴァルカナイトにするべきだと思うし、
もっと安い値段で交換に応じるべきだと思う。

M6のファインダーのハレーション対策も同じだと思う。

こういう、今のライカ社のやり方にすごく不満がある。

最初、このサービスを知った時は、お、いいじゃないと思ってしまったが、
よくよく考えると、腹が立って来た。

このサービスに喜々として手を出すのはなんだか、
ライカ社にだまされて、ばかにされている気がする。

興ざめとはこのことか。

しかし、まぁ、唯一新品のフィルムライカはMPかM7。
これから先、ライカ社はデジタルに完全に移行すると思う。
どう考えてもMP等が生き残るとしたら、それこそ、受注生産で、
半年待ちとかして、法外な値段を支払うことになるのだろう。

なんだか、自分は今のライカ社(特にライカカメラジャパン)とは考えが合わないのかと、
思い始めてしまった一件だった。

a0281778_21151370.jpg

DIII Hektor5cm f2.5 (TMX)
by kasime | 2009-07-19 07:13 | 機材 | Trackback | Comments(0)
ショット社のガラスを使ったレンズ
本日、Ariaに使うレンズを買いに行った。
このお店、店員さんがとても丁寧で、対応もしっかりしていて、
知識も素晴らしいです。
何よりも気が合いました。
買い物がしやすかったです。

下車の後、歩いてお店に向かう途中、
「Planar安いといいなぁ。」とか考えながら、久しぶりに楽しみにしていた。

そして、お店に入り、店員さんに、Ariaを購入して、レンズが欲しいこと、
画角は50mmと伝えると、
店員さんから、「今まで一眼は使ったことありますか?」と尋ねられ、
機材の遍歴、自家プリントまでやっていることを洗いざらいゲロした。

すると、「あー、そうなんですか!」と、楽しげ。
「そこまで、色々とされているようなら、1.4でなくて、1.7をお勧めします。」
「Planarのですか?」
「はい。これ見て下さい。」とPCのモニターを回して下さる。
5Dで撮ったとのことだったが、

「1.4の開放と1.7の開放を出して見ますね。1.4は結構くせ玉というか、
1.7に比べると、ハマるといいのですが、安心して撮れるかというと、
難しいレンズだと思います。玉は一杯あります。ですが、1.7はあんまり無いんです。
売れなかったので。ですが、先日、プロの方が1.7を指名で買われて行きました。」

実は狙っていたのはこの1.7だった。
赤城耕一さんもいいと書いてあったのを鵜呑みにしていたのだ。
プラ鏡胴で、安い。でも、良く写る。
そんなイメージだった。

「へー、そうなんですか。」
「ええ、かなりいいですよ。で、これが1.4です。」
結構ハロっぽいと言うか、背景次第では汚いボケになってしまう。
でも、ピンが来て、巧い具合に背景処理が出来ているのは
かなり、雰囲気のある絵になっていた。
思わず、「絵みたいな、描写ですね。」と言ってしまった。
すると、「そう!そうなんです、この1.4でしか絶対に出ない写真もあるは事実です。」
ぱっと、頭の中をよぎったのは、akkyさんの写真。凄く納得。

「で、こちらが1.7です。見て下さい、このボケの違いと素直さがいいでしょう。」
あら、ほんとだ。
zeiss信者には怒られてしまいそうだが、
Summilux50とSummicron50の違いのようだ。

気に入った。
何本か出して下さる。
「それぞれピントを合わせてみて下さい。」
?なぜ?
「個体差があるんです。ピントが合わせやすくて、
クリアな物を選んだ方がよろしいかと思います。」

ほー。
ではと、RTSにつけて下さる。
ファインダーをのぞく、一本目、一番安い。
ん?少し暗い?
二本目。あ、少し明るくなって、カレンダーの小さい文字が読みやすい。
三本目、一本目に比べ4000円高かった。あ!これ、すごい。
キタキタ。これキタ。

店員さんにその旨伝えると、にっこり。
「これでも、1.7はレンズとして余裕があるので、個体差は少ない方です。
1.4はこれ以上にあります。組付け時からです。」

中古の良さはここか。
しかし、今まで、古いライカレンズばかりを見て来たので、
どれも新品のように感じる。
「これはチリが酷いんですよ。」
と言っているものの、素晴らしく綺麗に見えてしまう。
Summarit、Summarなんて、これを気にしていたら買えない。

もう一度、1.4を諦めるためにモニターで見比べてみた。
嗚呼、やはり、1.7の方がいい。なだらかで綺麗。

あと、あんまり開放で撮ることも少ないかもと思い、更に拍車がかかる。
ブツ撮り等はしません。外でお散歩がメインですと伝えると、
「嗚呼、それなら、もう、1.7を断然お勧めします。
最短が1.4は0.45で、1.7は0.6ですが、問題ないと思います。」

了解。

では、この一番ピントが合わせやすかったヤツをくれい。
いえ、買います。

フードってあります?
「ありますが・・・。」とショウウィンドウを開ける。
持って来る。
見るなり、信じられん。
なんだこの御椀のごときフードは。
「ね、これですから。社外品をお勧めしますよ。」
あらま。

フィルターは?
「『CONTAX』って入っているだけで中古で3000円ですよ。
これも社外品で充分ですよ。Zeissとは関係ないです。
このまま、新宿へ行って中古の55mmのフィルターを500円で買った方が断然いいです。」
と、笑っている。

家に55mmのフィルターあったことを思い出し、いらんと言うことに。

その後、MLレンズは同じ富岡の工場で同じ物と聞いたのですが、
本当ですか?と向けると、
「いえいえ、全く別物です。確かにラインが違うだけですが、硝材も違います。」
1.7を指差し、「こちらは『ショット社』ですから。」



「え!?そうなんですか?日本のガラスメーカーかと思っていました。」
「いえいえ、富岡のころ、つまり京セラに卸していたこれらはショット社です。」
へぇ、知らなかった。
あの、「新Elmar」のショット社にここで巡り会うとは。
つまり、今、私が使っている、1933年のElmarと同じ会社の硝材ということ。
無論、硝材の内容物は違うだろうけれど。
てっきり、HOYAとか旭硝子あたりかと思っていた。
日本の技術はすごいと思うし。

何かの縁だ。
買おう。
購入。


話は85mmのSonnarか、Planarか。
Tessarはどうか。
P35mmは1.4と2.8どっちか等々、話し込んでしまった。
いけない、いけない。

あと、コシナのレンズ、かなり安いです。
今まで見た来た、お店の中で一番安いです。
5000円以上安いです。
C Sonnar50mmなんてこんな値段!?
あと、例のNOKTONf1.1も信じられない値段でした。

楽しい時間を過ごすことができた。
思ったのはLeicaを扱っているお店とzeissを扱っているお店って、
熱い思いは同じだけれど、何かが違う気がする。
なんだろう。

Leicaは噂が先攻。
Ziessは真実が先攻。
そんなイメージ。
どちらも好みで使えばいいと思う。

あと、なんで、Leicaはモノクロのイメージが強くて、
Zeissはカラーのイメージが強いのだろうとか、
Planar50mm f1.7 MMJの入った紙袋を眺めながら、
そんなことを考えていた、帰り道。

さて、何撮るか。
by kasime | 2009-07-18 00:19 | 機材 | Trackback | Comments(0)