人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
Kasime様 こんば..
by R100RS at 19:54
今日は養老渓谷でしょうか..
by 川越 at 09:26
> 川越さん 桜ですね..
by kasime at 21:38
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
記事ランキング
<   2009年 01月 ( 17 )   > この月の画像一覧
煩悩
今日は雨。
予定していた、撮影は中止。

で、ターミネーター2、サラ・コナークロニクルスをレンタルしていたので、
見て過ごす。
これいい。
T2の世界観を持っていて、なんと言っても、味方のターミネーターがかわいいのだ。笑

でだ、暇になったので、嗚呼、物欲が悶々と頭をもたげて来たので、
SOSを送った後、雨の中撮影に行くことによって、煩悩を振り払うことにした。

手にしたのはTMX100。
夕方、5時過ぎ。この雨。

うーん、しまった。
3.4開放で、大体シャッタースピード1/8。
手ぶれに注意しながら、ぱちぱち。

嗚呼、楽しいー。なんて言うか、初めてと言ってもいいぐらいの、
雨の中の撮影。
なんだか、新鮮だった。

あ、と思って、21mmだったので、被写体に追いつくために走ったりした。
我ながら、完全に物欲から離れた瞬間だったと実感。

こう言う時、広角は楽しい。
ピント合わせなどから開放される。
外付けファインダーでぱちぱち、構図のみ。

しかし、耳が痛い。寒かった。
眠いー。
a0281778_1754829.jpg

by kasime | 2009-01-31 17:03 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
確認。
今の機材を試しにここで確認してみようと思った。

*フィルムカメラ

Leica
III型
大好きである。なんというか、これぞ、カメラって感じがする。
必要にして充分なので、
可能ならこれ一台にしたいが、ちょっと、現実的でない気がする。
レンズのElmarも特別に好きだ。
ただ、出番は低い。
11月以来使っていない。

M3、好きだ。50mm以上のレンズに最適だと思う。
あの、傷のある、シャッター幕をそろそろ、交換しようか悩んでいる。
感光してから交換でもいいのではとヤスダさんに言われたが、
感光してからだと、私の性格だと、多分悔しがるので、
いつか、穴が開くのなら、そろそろしようかなと。
最近、出番が低い。
12月半ば以来使っていない。

M4、露出計無しのライカだとこれが一番使いやすい。
二番手に出番が多い。やはり、いいものはいいと言う感じ。
レバーも巻き上げやすいし、フィルム装填もM3、M2に比べたら、雲泥の差。
そして、フィルムの巻き上げも楽で早い。
いいカメラだと思う。

M6、露出計無しライカに慣れた今の私にとって、
一番使いやすいライカだと思う。

露出計無しに抵抗がある人がこれを買うと、
他のライカに手を伸ばす可能性が高いと思う。
やはり、露出計は便利。
露出計が壊れたら、潔く二束三文で手放す。
そして、また買い直す。

M4の露出計入りと言った感じで、
巷では巻き上げ感触が悪いとか言われているらしいが、
店舗では人気があるそうだ。
私は機械的に不満を感じたことはない。
むしろ、素晴らしいと思う。
なんと言っても28mm枠が出るのは好み。
現在入院中。
一番出番が多い筐体だけに、もどかしい。早く戻って来てほしい。

PENTAX
ME Super
父の形見。年に1~2回使う。
50mmのf1.4のMレンズがお気に入り。
開放のボケが汚いと思うけれど、つぼにはまると、
好きなボケになる。
しかし、どうも、あの、ピント合わせは肌に合わないので、いつも、
撮るスピードが落ちてしまう。

MINOLTA Hi-Matic F
これも父の形見。このカメラが一番「私を撮っている。」
結構使うことがある。
なんと言っても小さくて、良く写るから。
カラーの時は気づかなかったが、
初めてモノクロで撮った時は驚いた。
シャープできりりと写る。ただ、開放は四隅がざーと流れる。
別に気にならないけれど。
あ、今、書いていて、明日使おうかな。という、気分になった。

CONTAX T3
最強のコンパクトカメラだと思う。ほんと買って良かった。
コントラストが強く、開放でマクロ撮影すると、
被写体と背景が完全に分離するのが好き。
時折、持ち歩いて撮ることがあるが、入れてしまったフィルムを消化するために、
撮っている時がある。笑

と、まぁ、書き連ねて来たが、感想。
んー。
まぁ、いいんじゃないか。
by kasime | 2009-01-31 01:00 | 機材 | Trackback | Comments(0)
いい写真。
今、いい写真を見て来ました。
興奮しています。
勝手にリンク失礼します。
こちらです。
いつもお世話になっている、
momiさんの写真なのですが、一枚目、最高です。
どかんと来ました。

嗚呼、こういう写真撮りたいな。
by kasime | 2009-01-30 10:00 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
何故モノクロ?いい写真って?
なぜモノクロかと言うこと。

理由は、簡単。

安い。

これかな。(あっけない。笑)

詳しく書けば、ft缶買えば、36枚撮りを大体、20本弱取れるので、
TRI-Xのft缶、4400円ぐらいで、20本弱で220円強。
半額なら、安い。

まぁ、それはとてもとても、重要なことだけれど、
恐らく別の理由もあると思う。

自家現像が出来ること。
自家プリントが出来ること。
これも重要。
ちなみに、ライカもそう、自分でコントロール出来ることが魅力だと思う。

今のデジカメとか一眼レフは、フルオートで機械に振り回される・・・。
(機械音痴ともいう。笑)

でも、これも本当の理由ではないと思う。

恐らく、物事の本質を見たいからだと思う。

見た気がするから、シャッターを切るのだと思う。

着ている服の色が問題ではない。
髪の色、肌の色も問題ではない。
無論、空の色も。
花の色も。

その人がどんな人で、どんな気持ちでいるのか。
それを感じられたとき、シャッターを切りたいと思う。
無論、声をかけた時は、正面から向き合うことが多いのだけれど、
それでも、その人が今、どう感じているのか、

大げさに言えば、どう生きているのか。

モノクロだと、それが顕著に現われる気がする。

そして、色に惑わされない。

どんな色の空だったのかではない。
どんな空だったかだ。

モノクロは色から、完全に自由だ。
だが、自由が故、難しい。

少しでも見誤るとモノクロは死ぬ。

数値を大事にしている方もいる。
それも必要なのだろう。
でも、数値とかを理解できない。
わからない。幾ら、何度読んでも。
つまり、私は頭が悪いのだ。笑

フィルム曲線。
ハイライト、シャドウ。
露出。

フィルムが例えば400だとして、
TRI-XとPRESTOとT-MAX400とILFORD DELTA400に私は違いを感じられない。
(それも情けないとも思うが・・・。笑)
というか、問題ではない。
400なら、どれでもいい。

100も然り。
どれでもいい。

使ってみて、好きなフィルムを使う。
つか、長巻きがあるものしか使いませんけれど。笑

露出も完全に外すと言うことも減って来たので、
まぁ、こんなもんかと思っている。
ISO100でピーカンでどれぐらいとか。
日陰は二段ぐらい開けばいいかぐらい。
適当。

これでいいと思っている。

写真は好きか嫌いか。それだけ。
いいか、気にならないか。それだけ。

ブログでもしかり、
いいと思ったら、コメントを入れる。
特に何も感じなければ、何も入れない。
(いいと思っても入れない時の方が多いけれど。笑)

上記のことを二人展をして実感した。
私の展示している写真に興味を持ってくれた人は、
立ち止まって、これが好きだと言ってくれたりするが、
全然、琴線に振れない場合はさらっと見回して、去って行く。
ある意味、シビアだ。

なんのフィルムを使って、
どんな現像して、
どんなプリントしたのかが問題ではなくて、
見た人がいいと思ったものはいいという、極シンプルで、残酷な結果が待っている。

幾ら、突き詰めて撮影、現像、プリントしても、他人が見て、別にと言われれば、
それまでだ。

理屈でいい写真と言う写真ってどんな写真なのか見てみたい。
プリントが綺麗。
そうですか。

綺麗に撮れている。
そうですか。

微粒子で素晴らしい。
そうですか。

TRI-Xは硬いよね。
そうですか。

万が一、そう言われたら、私の写真には興味がない方なんだなって思う。

二人展でオーストラリアの若い男の子が、
「ここで、いい写真を見たから、もう一度見たい」と来てくれたのが、
今でも一番の支えになっている。その写真は差し上げた。
一緒に来た連れの子も喜んでもらってくれた。
生まれて初めて、サインを求められた。

そんな写真をまた撮りたいなと思う。

やはり、また、展示したい。
そして、審判をもらうのだ。なんてね。

みんなで楽しく、見て、話したいのだ。
つまり、私の求めている、趣味としての写真のあり方は、
プロや、セミプロになることではない。
楽しみ、笑い、せっせと撮影するのだ。

ここをこうしたらいいのではと言うことは、求めていない。
つまり、自己満足でいいと思っている。

そして、押し付けがましく、プリントを送りつけるのだ。笑

ただ、一つだけ、今、気になっていること。
大場さんに焼いてもらった、プリントと同じ物を焼いたのだが、
全く別物になってしまったことだ。

なぜか。理由をネットで探すのもいいだろうけれど、
私としては、試行錯誤してみて、解決しなかったら、
今度、直接、大場さんに聞きに行ってみようと思う。
そして、プリントを見てもらう。

あのプリントだけは納得がいかないのだ。

a0281778_16595564.jpg

by kasime | 2009-01-29 23:51 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
自分を知ること
どうも、おかしい。

最近、自分の身体をコントロール出来なくなっている。

一昨日、仕事を終え、プリントも終えて、くたくたになって、寝た。
昨日、起きられず、何も出来なくなった。
仕方なく、日中寝ていた。
このままではまずいと思い、
少し、夕方出かけた。
凄く疲れた。
即、寝た。

で、今朝だ。
やはり、起きられず。

何か、こう、疲労が取れない。
食べている。太ったぐらいだ。
一番、減った時に比べると、8kg太った。
それでも、「痩せ過ぎ」だけれど。

しかし、疲れが取れず、次の日に持ち越すことが増えた。
今まで出来たことができなくなっているのかも知れない。

自分のことを知る。

それは、内面的なことよりも身体的な部分を知ることから始めないといけない。
身体面から精神面の影響は計り知れない。

あれ、これは「老い」ってやつか?
それとも、やはり、「病い」?
どちらにしても、参った。

生活改善。

a0281778_16494727.jpg

by kasime | 2009-01-27 20:47 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
くたくた。
朝起きたら、くたくただった。洗濯中。のんびり。

池袋へ。
ジュンク堂に、頭山ゆう紀の写真集を見に行きたかったから。

「境界線13」のsampleを見たが、
イマイチ、今の私にはビビッと来なかった。
でも、若い人のエネルギーというか、熱みたいなものを感じた。
が、買うに至らず。

あと、北井さんのWalking with Leicaが3冊も!
早速手にする。
オリジナルプリントで見たものもあったため、やはり、プリントみたいなぁと。
これが「1」ということから、「2」にも期待かな。

あと、ジャンルー・シーフでもないかなと思って洋書を見たがなかった残念。
ブラッサイ発見。9000円・・・。買うなら、amazonだな。

棚のA~Bと見て、
Eで、エリオット・アーウィットを見ている、欧米の女性の方がいた。
やっぱり、人気あるんだろうなぁと思った。

で、前から見てみたかった、古屋誠一氏の「脱臼した時間」を購入。
キュレイターの小原氏の文も読まずにまず、写真を見た。
写真集に文は不要と考えているから。と言うか、いつも読む気が湧かない。

感想。中身を見られたら、買っていなかったかも。
「分からない」
なんて言うか、上田氏の「at Home」と重なってしまった。

で、購入後、新しく進出した、
ヤマダ電機のLabiに行ってみたり、ビッグカメラで薬品買ったり。
足がパンパン。

んで、プリントをした。
今回は撮り溜めたものがなかったので、ベタは無し。

約束していた、プリントを焼く。
んー、まぁまぁか。
Flectogon35mmの写真なのだが、開放なのか、四隅が結構流れている。

他、もう一コマ焼いたが、それは流れていないので、
プリント自体の傾きとかではないと思うが、・・・。
案外、Flectogonの癖なのかも知れない。
でも、良く写るレンズだと思った。
少し、焼き込んで完成。

そして、自分のプリント。
Elmarit28(4th)だ。初めて焼くレンズなので、
どんな写りか、楽しみだった。

焼きたいコマは絞り開放のコマ。
ストレートで。
カチカチ、シャープ。
私の下手な覆い焼きなどで色々と試してみたが、
フィルターの号数を変えようか考えたが、
0時を回っていたので、タイムアップ。

結構、硬い。
そんな感想を持った。
スキャンを先にしてしまったのだが、
その「画像」は柔らかいなぁと思ったが・・・。
ネガは結構シャープかなと思ったが・・・。

この感想はやはり、前提にスキャン画像を見てしまったのがあるかも知れない。
やっぱり、スキャンしなければ良かった・・・。
これ、asph.の時もやってしまった失敗なので、
やはり、プリントしてから、ネガorプリントスキャンだなぁ。

あと、
TXと、このレンズは硬めに出るのか、
それとも、現像時のネガのコントラストが高かったのか。
このレンズの時は少し、現像を切り詰めてみるか。
どれぐらいかなぁ。TMX、TMYも試してみたい。
と色々と考えてみた。

最近、「モノクロ写真塾」と言う、ベタな本を買ったので、
よく読んでみよう。

あと、無光沢の印画紙を買ってみようかな。
by kasime | 2009-01-26 12:42 | 日記 | Trackback | Comments(0)
とんぼ返り?
注。今日のエントリは写真関係ではないです。

今日は研修。退院促進とストレングスモデルを利用した地域ケアについて。
(あ、今日って土曜日か!そんな曜日に研修とはこの業界も変な業界だ。)
丸ノ内線に乗り換えて、茗荷谷へ。

えっと、今日、学んだこと。(復習含む。笑)

世界中の精神科のベッド数の30%は日本の精神科のベッド数。

精神科のベッド数、
人口一万人に対して、

日本、27万床(この数字10年前と変わってない。)
ニュージーランド、2.7床
(桁間違ってませんから。)

イタリアには精神科病院は公立病院以外ではありません。
設置さえ、法律で禁止。
(「バザーリア法」。)

アメリカの「ケネディ教書」は成功したかのような講義だったが、
私の時は失敗と学んだが?

あと、講師が話していた、
ある精神科病院の院長の話。
その病院の患者さんが退院する、条件の一つに、

「炊飯器でご飯を炊けること」だそうな。

目が点になって、こみ上げる笑いを堪えるのに必死。
未だ、そんな考えを持った、精神科医がいるとは。
サトウのご飯を食べている、大学生や、単身赴任のお父さん達。
入院しちゃったら、大変。

玄関開けたら二分でご飯♪

が、頭の中を木霊する。

国家試験の受験時代を思い出した半日と仕事の半日。
by kasime | 2009-01-24 22:38 | 日記 | Trackback | Comments(0)
Walking with Leica
北井一夫氏のWalking with Leica展が中野で開催中なので、とても行きたい。

以前にも、北井氏の個展にはお邪魔しているが、とても、きさくで飾らない方で、
写真にもその人柄が出ていて、とても好きな写真家だ。

同時にWalking with Leicaの写真集を出しているのだが、
ちと高いが、フナバシストーリーがとても良かったので、買ってみようかなと思っている。
ご近所散歩写真だ。

ちなみに、M5とSummilux35は北井さんの影響。笑
by kasime | 2009-01-21 22:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
昨晩のベタをみて。
ダメなコマばかり。

8枚ベタ焼きをとってみたが、(やっと終わった・・・。)
まず、驚いたのが、ある、一枚のベタが定着を終えてみていたら、
あれ?この写り、凄いシャープ。
このレンズなんだ?とネガのデータを見返したベタがあった。
明らかに他のレンズとは違う(気がする。)
今、見返してみると・・・気のせいかな・・・。苦笑

でだ、
今回とったベタは35mm3本、50mm1本、28mm4本だったのだが、
やはり、広角系はダメだ・・・。
何か、足りないものがある。
かつ、多すぎる。
結果、「何が撮りたかったの?」と言うヤツだ。

何を撮りたかったのかというものは、
当事者である、私自身は分かるけれど、
見る人は他人である。
その「第三者性」というものを通したとき、
何が撮りたいか分からない、無味乾燥なものだと感じた。

寄りが甘いというのはそれは分かる。
でも、それ以上に何かが足りないのはなんだろうか。
もうしばらく撮ってみよう。

で、昨晩は結局、22時にプリントを始めて、
ベタを8枚取って0時。
片付けてお休みなさいだった。

今度はプリントをしたい。

a0281778_16363663.jpg

by kasime | 2009-01-21 21:35 | プリント | Trackback | Comments(0)
足りない
撮影はしているがプリントが足りない。
コンタクトが増えるだけでプリントが出来ない。

コンタクトみていると、嗚呼、これもプリントしてみたい、
嗚呼、これも、とどんどん欲が出て来て、中々、そのネガから離れられない。
いい写真か別として、プリントしてみたいのだ。

で、プリントしてからアップと言う、公言を先日、ばっちりやぶった。笑

なんだか、毎日、だれかしら、来て頂いているのに申し訳ない気もした。
こっちの都合で運営していいのだと思うのだけれど、何となく。

先日、プリントしてから、体調を崩していたが、今日やっと復帰した。
で、明日まで出勤で、明後日休み。
明日の夜焼けるかどうかは、疲れ具合をみてからだ。

いっぱい、刺激を受ける写真があるので、どんどん撮って、
アップして行きたいと思うが、プリントもしたい。
悩ましい。

とどのつまり、
焼きまくれ!ということか。
by kasime | 2009-01-19 22:33 | プリント | Trackback | Comments(0)