人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
<   2008年 03月 ( 13 )   > この月の画像一覧
中断します。
お引っ越しのため、
ネット接続が31日で終了し、
次の引っ越し先は光はなく、
ADSLも、基地局から3km以上のため、使えず。
唯一のCATVとなりました。
恐らく、一ヶ月ぐらい、接続出来なくなりますので、
更新を中断します。

また、よろしくお願いいたします。

カシメ

どれだけ、カメラ、レンズが増えている事やら・・・汗
by kasime | 2008-03-31 01:05 | お知らせ | Trackback | Comments(0)
オーバーコッヘンよりお便りが・・・。
C・・・。
そして、
Nokton35/1.4・・・と・・・ああああああ。
いらない、いらない、いらないぞー!!!!
Carl Zeiss C Biogon T* 2,8/35 ZM
by kasime | 2008-03-29 23:04 | 機材 | Trackback | Comments(0)
Rollei35、カラーで。
今日もお引っ越しをぼちぼちと。
それから、モノクロの現像がもう今は出来ない状況なので、
FujiのPro400という、カラーネガを使ってみた。
カメラはRollei35。

露出計が壊れているが、天気もよかったので、
大体で。

ピント合わせが目測なので、
室内で、開放3.5では、最短90cmで。
パースを取って、どこかにピントがあっていたらいいなーとか。笑

外では、f11で1/125ぐらいかなとか。
適当に。

ピントもこれだけ絞り込んで行けばどっか合うだろうって。
これは中々、お散歩カメラにはいいかも。
特に片手にぶらぶらとするとき。

すぐに36枚撮り切り、セブンイレブンへ。
カラーネガはいつもセブンイレブンだ。
好きな色を出してくれるから。
そして、パトローネを出して、
お願いします。

・・・。
久々にアルバイト君を凍らせた。笑

全て、私が書き込んで、はい、集荷後だから、
3日後の朝届くと思うから、受け取りにきますよ。
・・・。すみません・・・と。

フィルム現像出す人ってさすがにいないのかな。
by kasime | 2008-03-29 23:02 | 日記 | Trackback | Comments(0)
引っ越しと物欲の関係性について
なんだか、引っ越しストレスか、疲れか、
物欲が・・・。
CLが欲しい。
Biogonが欲しい。
IIIaが欲しい。

はい、早速、
Sカメラへ電話。
露出計不良の50周年があるそうな。
「CLは露出計合った方がねぇ・・・」
そうですねぇ。
Biogonは?
「ありますよ、綺麗なのが。」
おっ、おいくら?
「2.8万ですね、とても綺麗ですね。」
改造の旨、伝えると、
「高いでしょう〜、工賃が〜。
それなら、Gのボディを買った方が良いんじゃない?」
あら〜。買いづらくなっちゃった。
IIIbの綺麗なのが入荷したとか。

はい、次、
Sカメラさん、
「14万でCLがありますよ。Summicron付きで。かなり綺麗です。」
たかっ!

はい、次、Hカメラへ。
CLの在庫確認で電話した所、
「いま、ないですね〜。ダメカメラでしょ〜。あれ。」きっぱり。
相変わらずだ・・・。汗
minoltaとCLの違いは?
「中身まるっきり一緒。だから、違いはないですよ。
むしろ、minoltaの方が数が少ないから希少価値はあるかもね。」
「なるほど・・・しかし、ダメカメラ・・・ですか・・・
では、むしろバルナックの方が?ピント合わせも?
「そりゃ、そうですよ〜。バルナックの方がピント合わせは楽でしょう。基線長が短いから。」
はぁ。
相変わらずだ、Hさん・・・。
IIIaは?
「ありますよー、二台。」
Summarを持っているので・・・。
「そりゃ、IIIaだね〜。」
そうですよねぇ〜。

結局、電話して、お話ししたら、落ち着きましたとさ。
はた迷惑ですな。笑
by kasime | 2008-03-27 01:59 | 日記 | Trackback | Comments(0)
引っ越し日記
くたくたです。
足腰が・・・。
で、ついにカメラに手を伸ばしました。
棚から、ストラップに気をつけながら、手に取る。
HASSELを手にする。
変な重みを感じる。
あ。
手前のDIIIをひっかけた。
ごん。50cmほど落下。
・・・。
ファインダーを覗く。
ダイジョウブかな・・・。
距離計に狂いが出てなければ良いけれど。

M3を手にする。あ。
ごん。ごろごろ。
Rollei35も落としました&転がりました・・・。
見たら、特に変化無し。
ダイジョウブ、ダイジョウブ。
・・・。
かな・・・。
しかし、段ボールだらけだ。
入れても入れても、部屋が片付かない・・・。
明日は、引き延ばし機、スキャナーを入れるか。
疲れたー。
by kasime | 2008-03-24 22:58 | 日記 | Trackback | Comments(0)
メモ #1
良い写真を一杯、撮っている人は、それ以上のダメ写真を撮っている。
by kasime | 2008-03-24 22:56 | つぶやき | Trackback | Comments(0)
ziessの仕事
先日、今、zeissって何をしているかと書きましたが、
何となく、知り得た事だけを書いてみます。

まず、忘れていたもので、「軍用狙撃銃のスコープ」です。
かなり凄い性能みたいです。細かい事はわかりませんが、
微調整などもオートでやってくれるみたいです。
最近のショットショウでも展示されたみたいです。
イギリス軍が正式採用しているようです。
余談ですが、
WWIIの時に、アメリカ軍がドイツ軍の狙撃銃を捕獲して、
そのスコープを見て、あまりに明るくて驚いたそうです。
ちなみにzeiss製だったそうです。
また、ドイツを占領した時、
イエナからそっこー、アメリカ軍がzeissの技術者を連れて帰ったそうです。
ですので、どちかというと、jena製より、zeiss製の方が当時は優れていたのかも?

あとは、
顕微鏡。
メガネ。
映画用のレンズ。
光学製品全般。

考えてみたら、カメラメーカーと言うより、
光学メーカーだったんですよね。
Nikonと同じですね。
戦艦大和の測距儀は日本光学製(=Nikon)で基線長は15.5m(!)
ライカは6cmぐらいですもんね・・・。

話がそれました。
とにかく、多くの光学製品がzeiss製なのかも知れませんね。
carl zeissのサングラスって凄そう・・・。

ああ、zeiss欲しい・・・笑
by kasime | 2008-03-24 01:54 | 機材 | Trackback | Comments(0)
諸事情諸々
お久しぶりのエントリですね。

お引っ越しします。
あ、ブログでなくて、
お家。笑

そんなこんなでドタバタとしています。
まだ、引っ越し日が決定していないので何とも言えませんが、
ここ、一ヶ月ほど更新がのんびりになると思います。
よろしくお願いします。

kasime
by kasime | 2008-03-22 12:37 | 日記 | Trackback | Comments(0)
どたばたと柿の写真と・・・。
復職してから、休職中とはがらっと変わった生活。
未現像フィルムが、溜まって行く・・・。
2〜3日前にはHASSEL&ポジで近所の河原へ。
夕陽を撮っていると、
「あー、なんだか、最近、忙しい。疲れるなぁ。」
また、のんびりしたい・・・。

なんて思っていたら、どんどん、夕陽が沈んで行って、
ああ、忙しい、忙しい。笑

と、休みの日、
11月の柿もぎの写真を届けに行きました。

玄関前につくと、
ドア越しにどなたかがいらっしゃるようで、
「ごめんくださーい」と声をかけると、
がらっと、引き戸を開けて、出て来られたのは、
70歳ぐらいのお婆さまと同じぐらいの女性。

かくかくしかじかと説明すると、
「ああ、あのときの!カメラもって撮ってくれてたわねー」と覚えてくれていた。
嬉しいなぁ。
で、
その時の事の写真ですと渡す。
サービス版20枚ほどと、引き延ばした、キャビネ版。
「あらー、いいわねー、ねぇ?」と二人で盛り上がっている。
不特定多数の方が写っているので、お婆さまは、
「あ、これ、〜さんよ、ねぇ?」とふたりで話し込んでいる。
「最近、写真撮らないからねぇー。いいわねー。」
「ほんと、記念よ、記念。」と、笑顔で話してくださった。
自分の住んでいる地域を伝えると、
「あらー、近いから、また、今年もいらっしゃいね〜」と。
是非是非〜。

すると、
「今度はお葬式用の写真を撮ってもらおうかしら。こんな感じで。」
とピースサインして笑っている。

なんでもエルビス・プレスリーが好きだそうで。
私が革のジャケットを着ていたら、
「こんなジャケット着ていたのよねー」とかなんとか。
笑いが絶えない。
「今度、お茶会の時にでもみんなで見るわね。」

「あとね、私もね写真、玄関に飾ってあるの」と。
どんなんですか?覗かせていただくと、そこには、

『カラーのゴリラ。』

エルビスかと思っていた私は、
ちょっとだけ、目が点になりました。笑

三人で大笑い。

なんでも、インターネットから、息子さんがプリントアウトしてくれたそうで。

いやー、下町の引き戸の玄関の中に
サイズはいくつだ?と思うぐらいの(A3ノビ?)・・・
額に入った写真。
「A3ノビのカラーゴリラ」
参った。笑

ではまたと後にする。
あえて(カメラで撮った事を思い出してもらえるように)ぶら下げて行った、
M3を見ながら、ふと思った。
なんだか、あの二人は長生きしそうだ。

さて、私もがんばろうっと。
by kasime | 2008-03-15 12:35 | 日記 | Trackback | Comments(0)
石川光陽と戦争
昨晩、東京大空襲の写真を撮った、
石川光陽の番組を見た。
彼の使った、カメラはライカDIIIにElmar5cm
彼がドラマの中で「濃淡が良く出てね、云々・・・」という、
台詞があったが、カメラ好きなんだなぁと。

当時家一軒が3000円のころ、DIIIは2000円だったそうだ。
フィルムも暗箱で手で入れていた。
ピント合わせのファインダーと、
フレーミングのファインダーもきちんと表現されていた。
かつ、シャッター音もDIIIの音だった。
これには驚いた。
(てっきり、一眼レフのカシャッ!とかさせちゃうの?とか気にしていたバカです。笑)
本人が構えている姿はさまになっているし、
それに、彼の役を演じた、中村・・・忘れた・・・は、
バルナックの巻き上げもしっかりしていたし、
構えもしっかりとしていた。
かなり、こだわって制作されたのかなと。

そして、
映し出された、写真は遺体。
拝みながら、シャッターを切ったという。

自分にはとてもシャッターは切れない。

でも、平和な今、私は平和で普通な写真を撮り続ける事に喜びを見いだした気がした。

そして、戦後すぐにGHQにネガを接収されそうになったが、渡さなかった。
その現存しているネガはしっかり、DIIIに入る、
『アンダーパーフォレーション』が入っていた。
戦後、自宅の庭に埋めた、そのネガは今、遺族が保管している。

が、最後に一番やってはいけないことを番組はした。

石川の撮った写真を、遺体の写った写真を、
東京大空襲を行った、
アメリカのパイロット、爆撃手に見せたのだ。
子供が焼きこげた遺体の写真を見て、
目をまっ赤にして、「子供・・・」と元米兵の老人は話す。
辛かった。そして、最低だった。
これで、また、苦しみが増える。

私個人の意見では、「被害者意識の偽善」だ。

アメリカのパイロットも命がけだ。
日本上空で撃墜されて、パラシュートで命からがら茨城で着地したが、
集まった群衆にリンチをうけた。

現代でも同様だ。ソマリアでは米兵の遺体を民衆が引きづり回した。

そして、捕虜になり、裸にさせられ、動物園のおりの中に入れられて、
見せしめにされた。「生涯で一番の屈辱だった」と。
戦後、精神を病んで入院もしたという。

その後も苦しんだ末、来日し、毎年、
東京の「東京大空襲・戦災資料センター」に200ドルを寄付して続けている。

卑怯だ。
自分の落とした爆弾で死人が出る事を知っているが、
命令で、戦争を行ったのだ。
それを、自分が爆弾を落としたために死んだ、
遺体の写真を特に、子供の写真を見せるなんて、日本がやるべき事でない。
それを見せて、苦しむ元米兵を、見たいのか。報復的だ。

以前、原爆被害者が、原爆を投下した元米兵に謝罪して欲しいと、
遺体の写った写真を見せて、詰め寄っていたが、
絶対に謝罪はできないと真っ赤な顔をして、断ると言っていた。
当たり前だ。逆ならどうする。

絶対に溝は埋まらない。

が、交流は出来る。
許す許さないではない。

被害者、加害者と言う概念が、戦争においてはおかしい。
アメリカが敗戦国にだったら、逆だ。

戦争だ。

当事者に良いも悪いもない。(無論、イラクの収容所での米兵の件などは論外)
生きるか死ぬかだ。

映画『プライベートライアン』でも米兵は降伏した独兵を殺している。

政治においての正義はあっても、
戦場に正義はないと思う。

戦争は政治行為の一つ。
国際法にも認められている、正当行為だ。

だが、戦争は絶対に反対。

ちなみにこの民間人虐殺とも、国際法を無視したとも言える、
そして無差別爆撃作戦を指揮した、カーチス・ルメイ少将は、
戦後、日本より、
航空自衛隊の育成に貢献したとの理由で『勲一等旭日章』を授与されている。

また、Wikipediaにおいては、石川光陽のページは削除される予定。

>>

私の家の側の古い民家が潰されていっている。
その家には、『戦没者殊勲遺族』と貼ってあった。

ご挨拶が出来ず、後悔している。
何度か、伺ったのだが、玄関が開いていても返事はなかった。

そんな、同胞としての日本人が亡くなった事に対して、
とても悲しいと思う。
そして、今後、そんなことが起こらないように努力をすべきだ。

私は戦争を知らない、平和バカだ。
だからこそ、戦争経験に耳を傾け、そして目を背けてはならないと思う。
知る努力をしなければ。
by kasime | 2008-03-11 21:30 | つぶやき | Trackback | Comments(0)