人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
フィルムカメラが安くなっ..
by 川越 at 11:52
> kakitarouさ..
by kasime at 22:19
ヨスケさん、 初めまし..
by kasime at 03:03
初めまして。 ズマロン..
by ヨスケ at 16:03
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
記事ランキング
カテゴリ:プリント( 74 )
でかいこと言う訳ではないが
先日お願いしたプリントがあがった。
見本と書かれた自分のプリントと見比べてみる。

でかいこと言う訳ではないが、
ぱっと見、

「あんまり、変わらない。」

と言うのが正直な所。

というのも見本を出して、これで硬いかな思っていると伝え、
プリンターはそれほど硬さは無いと思いますと言う見解のもと、
どう違うモノかと見比べて「参考」にしたかった。

そう、参考になった。なるほどと。
仔細に見て行くと、トーンの出方とか違うが、
これがプロなんだなと。

私は私なりに、楽しんでいる。
これ以上とかよりも、何を撮り、印画紙に焼き付ける。
ある程度の加減で。

プリントに強いこだわりは無い。
自分で焼けば納得出来る。

すっきりした。
焼き加減一つかなと。
今、見直すとASPH.のプリントも嫌いじゃない。
自分で撮っておきながらだが写真も好きだ。

心置きなく、ASPH.も使うし、(って、持ってないし、当分買えないけれど。)
他のレンズも使う。

今のライカレンズは云々とか、ライツの頃は云々とは言わず、
撮りたいものを撮り、印画紙に焼き付ける。
この繰り返しだ。

さて、お散歩に行くか。
曇りで良い感じ。

a0281778_1634058.jpg

M4 Super Angulon f3.4 (TMX)
by kasime | 2009-06-08 10:31 | プリント | Trackback | Comments(0)
プリントを見てもらう
恵比寿へ。
プロラボで自分のプリントを見てもらうためだ。

今回お願いしたのは、以前、Elmarit 28mm f2.8 ASPH.で撮ったものを、
どれぐらい、プロの手で変化するのかと言う目的だったのだが、
レンズの描写力と、プリントは別物とアドバイスを受けた。

レンズによっては焼きやすいものと焼きにくいものがあると、
伝えると、もちんろんありますよね。
でも、それは主観的なものだと思います。うんうん。納得。

それだからと言って、ASPH.だから、焼きにくいとかそう言うことではなくて、
レンズの描写能力と、プリントは別と。
ふむ。

または、硬いと感じられるのでしたら、ネガを現像する時に調整するかなんですが、
これは、かなりシビアになってくるのであまりお勧めはできないかなと。
同感。
ネガを見た、プリンターさんからは、「綺麗なネガですから問題ないですね。」と言われて、
小躍りしそうになった。
「普通の現像」が幾分か、出来るようになったようだ。

以前とは違う、感情、感覚でオーダーをすることが出来た。

5日にあがる、プリントが楽しみ。
キャビネの半光沢と、無光沢でお願いした。
これで、気に入ったプリントが出て来たら、
それは私のプリント技術の問題と言うことになる。

結果的に、ASPH.レンズは云々というより、
何を撮ったのかと言うことが一番の問題となる。

一年経って、改めて、そのプリントを見ていると、
黒も潰れ切っていないし、白も飛んでいないことに気づいた。
あのときは、ダメだこれと言って、すぐに手放してしまったが、
もしかすると、「ふりだし」かも。
もう少し手を入れれば、このプリントより、マシになったかもとも思った。

さて、
とにかく、あがりが楽しみである。

a0281778_16225590.jpg

MP Elmarit28mm f2.8 ASPH. (TMX)
by kasime | 2009-06-03 18:19 | プリント | Trackback | Comments(0)
アナログな夜
今晩も焼いた。
夜を待って、カーテンを閉め切って、
焼くのだけれど、BGMはいつもはラジオ。
でも、ここ最近はレコードにしている。
まだ、CDとの大きな違いはわからないけれど、
何となく、針を落とした時のノイズとか、
あっという間に片面が終わってしまうこととか。

面倒くさい。

片面が終わって、ひっくり返していると、
なんだか、古いカメラにフィルムを入れているみたいに感じた。

でも、こんなテンポで段階露光して、
秒数を決めて、コントラストを試して。
これぐらい?
とかなんとか。

今日はセミ判をバイテンに焼いた。
驚くべき写り。
コントラストもあるし、滑らか。

ほんとは135も焼きたかったけれど、眠いのと、
また、セッティングし直すのが面倒で、終了。

別にいいじゃない、のんびりと好きな音楽を聴いて、
鼻歌まじりに、コンタクト見て、これを焼こうって決めて。

ちゃぷちゃぷ。
レコードからはちりちり。

夜が更けて行く。

a0281778_20443331.jpg

MP Summilux35mm f1.4 (TX)
by kasime | 2009-05-31 01:43 | プリント | Trackback | Comments(0)
焼きました
a0281778_20223828.jpg


a0281778_20225561.jpg

ああ、コンタクトばかり・・・。
眠い・・・。
by kasime | 2009-05-27 01:21 | プリント | Trackback | Comments(0)
コンタクトばっかり!
昨晩も焼き焼き。
コンタクトばっかりだ。
マシーンのように、コンタクトを撮り続ける。
そして、プリント時間が減る。

循環が・・・。
うーむ。

写真撮るのが好き。

現像する。

ネガが溜まる。

夜に焼く。あっという間に限界。

コンタクトばかり。

この「夜」しか焼けないのが、要因なのだけれど、
ま、自分で焼けるだけでもいいと思うのだ。

昨晩の発見。
純正フードをつけたSummarは驚きの写りをするということ。
びっくりした。
ぼやぼやしておらず、すっきり。
落ち着いていて、絞り4ぐらい?だけれど、すごく綺麗に写っていた。

あと、
コンタクトで見る限りだけれど、
Summicron90ぐっきり。はっきり。
背景と分離している。
これでもう少し軽ければなぁ・・・。

Elmarit90きれいー。
参った。

プリントしてみて、
Summicron5cm、焼きやすいー。いいねぇ。
Summilux50mm-1st、案外難しい。でも、好きな写り。

毎回思うのだけれど、スキャン画像との違いにびっくりした。
プリントって奥が深い。

覆い焼き、焼き込み、一通りやってみたけれど、
嗚呼、楽しい。自己満足。

また、焼くか!

a0281778_1954788.jpg

伊香保温泉 M6 Summilux35mm f1.4 (TMX)
by kasime | 2009-05-02 16:04 | プリント | Trackback | Comments(0)
最近
プリントしていないなぁ。
どれ位していないのか。
一ヶ月位か。
余裕が無いのかも知れない。

撮影:プリント=7:3に持って行きたいのだけれど。
8:2~9:1までがいい所かな。

ネガが溜まる一方だな。
今度、焼ける日は、1日かな。
by kasime | 2009-04-28 23:37 | プリント | Trackback | Comments(0)
プリントの違い
昨日、Lab Takeの大場さんと、
同じネガを大場さんが焼いたものと、自分が焼いたものの、
見比べをして、あまりの自分と大場さんのプリントの違いを痛感。
というより、ネガティブでなくて、目から鱗。
コントラスト。あ!と言う感じで、
言葉を投げられ、改めて見てみると、なるほど。
違う。
明らかになって来る、プリントの違い。

大場さんはプロ。職人。
素晴らしいのは当たり前と言えば、当たり前なのか。

が、何気に自分のプリントも好きだったりする。
うぉ、すげーの焼けたじゃんとか、自画自賛である。

でも、それが必要なんじゃないかとひしひしと今日になって、
思い始めた。
自分のプリントはまだまだと言いながらも、自分の写真である。
これで、いいのだと思えたから、その日は焼きを終了したのだと思う。

何よりも、何故そのネガを焼きたくなったのかが問題で、
つまり、「何が写っているか」だ。

Lab Takeのスタッフの方に「趣味だからキリがないんじゃない?」
と言われた。
「仕事だから、割り切れるんだよね。」と。

この言葉、趣味だからこだわっていいのかなと思った。

やはり、突き合わせて言葉を投げ合う。
これに尽きる。

a0281778_12284110.jpg

M6 Summilux50mm f1.4 (TX)
by kasime | 2009-04-25 09:25 | プリント | Trackback | Comments(0)
よしよし
昨晩、プリントをした。

結果から述べると、

「よしよし。」

21時半に始めることが出来て、0時に終えることが出来た。
コンタクト、10枚。
プリント、2コマ。

Elmarit28mm f2.8 2ndとSummilux50mm f1.4 1st

Elmaritはネガが良かったのか、レンズが当たりだったのか、
すんなり納得出来た。段階露光して、秒数を決定して、
焼いたら、よしよし。
他に焼き込んだりしなくても、このコマは良さそうかなと。

Summilux50はネガを見た時から、このネガはSummilux50だなと分かるぐらい、
何ていうか、凄い写りだなぁと思っていたのだけれど、
実際、プリントしてみると、おお、ここまで写っていたかと言うぐらい、
写っていた。

で、だ。
段階露光して、大体の時間を決める。
この辺りかなと決めて焼くと、「おっ、予定通り」と言った感じ。
少し、コントラストがきついのかなと、1号に変えてみたりしたけれど、
どちらも、特に不満はない。
締めに、最後に5号を1秒とかやってみたが、特に違和感ない。
こちらも、少し考えたが、焼き込みはしなかった。

4~5枚焼いて、0時に終了。
よしよし。

SummicronとSummiluxどっち?
と言われると、かなり、困る。

SummicronとSummiluxともに写りからすると女性と言う感じ。

二股だな。

というか、コンタクトを取るのに時間かかり過ぎ。
10本コンタクトって・・・。プリントやらなさ過ぎ。

あと、やはり、スキャンしないで、コンタクト取った方がいい。
今度のプリントの参考になる感じがする。
スキャン画像から選ぶと、「基準」がおかしくなる。

朝、乾燥した、プリントを見直してみたが、よしよし。

同時に、あることが、少し、もたげて来た・・・。
バライタ焼いてみたいな・・・。
by kasime | 2009-04-10 09:44 | プリント | Trackback | Comments(0)
集中力
昨晩、焼いた。
以前、撮ったネガから。
まだ、お店現像の頃のネガ。
びっくり。
超綺麗なネガ。ツヤツヤ。傷一つない・・・。
当たり前か・・・。
私の自家現像は絶対に傷の一つはあるのだけれど・・・。

が、焼いて気づいたことも、
現像ムラ・・・。
嗚呼。
サービス版しか見ていなかったけれど、
6つに伸ばすとはっきり出て来た。
お店の現像はこんなものかな・・・。
自分でムラを起こしたのなら、納得だけれど、
お金払って、ムラは納得出来ないなぁ。
ということで、自家現像に切り替えたのだれど、
どっちもどっち。笑
でも、自己責任と言う意味では、納得。
そして、自分でやっていると言うことに満足感がある。

さて、プリントだけれど、
Elmarit28-2nd、2コマと、CONTAX T3、1コマ。
まず、Elmarit28、改めて、色々なレンズを試してから、
この辺り、(時代の)レンズを使った、モノはどうかなと。
やはり、焼きやすい。
柔らかくて、階調がある(この階調があると言う表現が難しいけれど。)気がする。
でも、きちんと詳細に写っている。これは、解像度と言うのかな。
遠景だったけれど、きちんと木々の葉一つも、髪の毛の艶も。
やっぱり、このぐらいの時代のレンズが好きなのかも。

で、やはり、驚いたのは、CONTAX T3のSonnar35mm f2.8
すんごい、コントラストと、解像度。
「良く写っている」と思った。
しかし、ネガになんだか、ゴミがついている・・・。
取れない。
焼いてみると、嗚呼、だめだ。
水洗し直しだ。

でも、そこには携帯を持った、92歳のユキおばあちゃんが写っていた。
撮って良かった!

これはプレゼントしよう!

昨晩、感じたこと、やはり、集中力が途切れている時は、
焼くのを中止した方が良いと言うこと。
露光して、現像1分、タイマーが鳴る。
途端に、
パチンと部屋の電気を点けてしまう・・・。
これを二回やった。

あと、イーゼルに入れずに、上に置いただけで露光。
紙が斜めどころが、写っていない所も。
初めて、プリントしたものを捨てた。
だって、真っ黒か、完全に斜めで切れちゃってるから・・・。

やはり、その時、その時の自分の調子に合わせて、
気分よく、趣味はやりたいなぁと。
by kasime | 2009-03-11 11:13 | プリント | Trackback | Comments(0)
LeicaとLeitz
昨晩、「リベンジ」プリントをした。
そして、確かめたいことも確かめてみた。

一枚目。
ネガを見ると明らかにトーンが違うのに、
なぜ、同じ真っ黒になって、そして、黒がつぶれて行くのか?
と、疑問に思っていた。
コンタクトを見ていたら、やはり。
トーンが違う服を着ていた。
とりあえず、浅く焼いてみた。
出て来た。しわから、色の違いまで。
が、背景はぬるい感じ。
うーん。
覆い焼きとか考えたが・・・。自分的に限界。

二枚目。
相変わらず、シャープ。
でも、硬すぎず。
asph.とは違う。
このぐらいかなと思える、
露光時間だと、つぶれて欲しくない所の黒がどんどんつぶれて行く。
写真としてはいいなぁと思えるだが・・・。
頑張って声をかけただけのことはあると。
28mmだけれど、寄れたのが良かったのか。
もう少し浅めに焼く。
ぬるい。
号数を1号にする。
丁度いい。
黒の中が出てきた。
でも、なんだか、違和感あり。

3枚目。
段階露光の時に既に、やはり、これは期待出来そうと思えた。
いつか見た、写りだ。
シャープだけれど、きめ細やかで黒の中にモノが写っている。
完全に潰れ切れていない。
潰したい所ももちろんあるので、絶対に潰れないレンズも困るけれど。
一段絞って、焼いてみる。
あれ?ここに雲があったんだ。
スキャナーでは分からなかったけれどということがあった。
この写りは好き。もっと焼いてみたい。
ここの部分、出て来るか〜。すごいなぁと。
21mm、開放だけれど、周辺光量も落ちてないし、すごいレンズだなぁと。
あとはきちんとこの画角を使いこなせるかだ。
でも、当分、縛りをかけるので、しばらくお蔵入り。
これは絶対に手放さない。

4枚目。
これも、段階露光の時から、目を見張った。
おおっ、って。
被写体が浮き上がってる。
これも夜で開放だったのでどうかなと思ったが、
予想以上の写りに大満足。
バットの中ですーっと濃度が上がって行くのが気持ちいいレンズ。
上がり方がすーっと気持ちがいい。
50mm。

後半、2枚はすごくプリントを楽しめた。
前半は、悶々とした。
今もプリントを見つめながら、悩んでいる。
どう現像して、プリントするか。

ただ、確かめたことははっきりした。

前半、二本のレンズは「Leica」
後半、二本のレンズは「Leitz」

私にとって、この差は大きいようだ。
完全に好みの問題だけれど。

「Leica」レンズはこの二本だけなのだ。

どうなんだろう。
レンズの影響を私なんぞが語って良いのだろうか。
でも、高い趣味だけれど、趣味だから、好きなように、可能な限り楽しみたい。

あー、Elmar、焼きたい。
by kasime | 2009-03-07 09:57 | プリント | Trackback | Comments(0)