人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> kakitarouさ..
by kasime at 22:19
ヨスケさん、 初めまし..
by kasime at 03:03
初めまして。 ズマロン..
by ヨスケ at 16:03
> R100RSさん ..
by kasime at 16:23
> 川越さん そうです..
by kasime at 16:21
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
2018年 09月
2018年 08月
2018年 07月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
ライカレンズ
at 2019-05-17 22:49
AI Nikkor 50mm..
at 2019-04-21 19:59
f3.5というレンズ
at 2019-03-27 22:07
上総鶴舞駅
at 2019-03-14 00:03
NIKON SとNikkor..
at 2019-02-08 22:46
記事ランキング
生クリーム
日、目が覚めると頭の中が灰色の生クリームで覆われたような気分だった。
これは起きられないと思った。
寝返りを打つこと数えきれず。
だけれど起きられず。

が、いつも起床に使っているラジオからDJがわめき散らしていてうるさくて仕方ない、
なんで平日の朝からこんなテンションで話ができるのか。
昨晩タイマーをオフにしなかったことをこれほど後悔したのは久しぶりだ。

仕方なくベッドにかかっている普段より重い布団から抜け出る。
ぼんやりとしている。
生クリーム。

TVを点けるがニュースを見て一つの事柄を聞き見ると脳が停止。
生クリーム。

が、いつまでも生クリームに囚われていても仕方がない。
たかが生クリームだ。

ひと月に一回の通院。
主治医と話していると少し生クリームが溶けた。

その帰り道、お花屋さんへ向かう。
道中、高齢の男性が歩道で転倒していた。

近くのコンビニエンスストアの女性の店員さんが手を差し伸べていた。
また、20代後半とおぼしきマスクをつけた男性が腰を下ろしてその老人を見ていた。

気になって、小走りに近づくと老人は手をついたのか、指の先から赤い血が染み出ていた。
爪に沿って赤い滴が垂れていた。

大丈夫ですかと声をかけると、老人は手をついたまま言葉にならない声を上げていた。
そばにいた男性にどなたかこの方のお知り合いはいるのですか?と尋ねると、
意外にも自分がそうだと言う。

全く手を貸していなかったのでてっきり通りかかって困っているのかと思っていた。
だが、どうやら介護のプロの様子だった。老人が自身で立てるか様子を見ている。
それならお願いしますと言い残しお花屋さんへ。

一瞬、生クリームが完全に溶けた。
お花屋さんでナナを撮り、お話をした後、
その後も少しづつ生クリームに支配されて行くのがわかった。

帰宅してどうするか考えた所、やはり生クリームを溶かそうと思い、
Rolleicordにポジを詰めて外へ。

今日は寒かった。
ISO64で日暮れ。

線路沿いを歩いていると、雑草ばかりで放置されている感じを受けた。

ふとガレージのようなところを見ると、柵のなかで犬が小さくなって寝ていた。
寒いからだろうなと思い、しゃがんで撮ろうとした所、目がと開いたと思ったら、
起き上がり、思いっきり蛇のように体を伸ばし、表情はよく寝たと言っているようだった。
途端に柵に飛び乗り、尻尾はメトロノームのBPMが200以上で振られているようだった。

すると、玄関あたりから家人が現われたので、
ご挨拶。
「こんにちは、お邪魔しています。よろしかったらワンちゃん撮らせて頂けますか?」
60代と思える、おばさんは、
「ええ、どうぞ、どうぞ。」とにこやかに話された。
続いて、旦那さんが出てきた。
同様にご挨拶すると同様の返事。

ちょっと遊んでやろうと、手を出すと凄まじい勢いで舐められた。
牛が人の手を舐めるとこうなのかなと感じるほど激しかった。

旦那さんが出てきて、懐かしいカメラですなとカメラ談義。
旦那さんはデジタルカメラは使い方がわからないから、いつも使い捨てカメラだとか。
以前、親戚が札幌の雪祭りでバッテリーがすぐに落ちてしまって、
且つ充電器も持って行かなかったので散々な目にあったとか。
多めにバッテリー持って行かないとダメですよねとか。

Rolleicordに興味津々だったので、実際にのぞいてもらう。
「ほうー。面白いですな。」とにんまり。

男子二人、カメラがあればなんとかなるのだ。

構えてもらって、
「このレバーを左手の人差し指で・・・」と説明していた時に、
旦那さんの指が見えた。
ごつごつしていて、しわが少ない太い指。
指先、第一関節が無いのかと思う程太かった。
職人の手。

二、三枚ワンコを撮る。

その後、旦那さんは30分ほどガレージの前で日本のこれからについて話し続けた。
アネハ問題。小沢さん怖い人。政治家はお金をもらい過ぎ。日本の借金の話。
向かいの線路沿いにお花を植えていたが勝手に持ち去られることが多く放置しているとか。
果ては娘さんの話。
娘さんを嫁さんに下さいとか?

辺りがどんどん暗くなってきたが話をやめると言う選択肢はなかった。
しかし、寒さが増してきたので旦那さんのお体にも悪いかなと思い始め、
どう切り上げるか探っていた所、

すると、旦那さんが「寒い中すんませんね。」
「いえいえ、楽しかったです。また撮らせて下さいね。」
「どうぞ、どうぞ。ご近所さんだしね。」
「よろしくお願いします。」
「はいはい。」とにこりと笑いながら家へ戻って行く。

ワンコにも挨拶をしてやろうと思ったが、家に戻ろうとした旦那さんに夢中。
会釈してその場を離れた。

ふと、カウンターを見ると8。
あと5枚。辺りは薄暗くなっていたが撮れると思った。

辺りが暗くなって、12枚撮り切って、巻き上げていると、
私は生クリームが溶けていることに気づいた。

a0281778_21334788.jpg

DIII Summar 5cm f2 (125PX)
by kasime | 2009-12-15 22:32 | 日記 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://kasime.exblog.jp/tb/19592746
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
<< 今年の10大ニュース。 コンクリートかコンニャクか。 >>