人気ブログランキング |
Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
> 川越さん ついにや..
by kasime at 15:52
やりましたね!私もM8...
by 川越 at 07:06
> 川越さん やっとこ..
by kasime at 01:39
お〜っ、やりましたね。い..
by 川越 at 22:16
> 川越さん ふふ、い..
by kasime at 00:44
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
anon
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2019年 10月
2019年 09月
2019年 08月
2019年 05月
2019年 04月
2019年 03月
2019年 02月
2019年 01月
2018年 12月
2018年 10月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
Summicron-R 50..
at 2019-10-14 10:38
ライカ M4 ブラックペイン..
at 2019-09-21 23:29
角田岬灯台
at 2019-09-08 14:55
NIKON S3 オリンピック
at 2019-09-02 21:47
ダンカンニッコール
at 2019-08-03 21:46
記事ランキング
C Sonnar 50mm、その後。
a0281778_20394669.jpg

M6 CZ C Sonnar 50mm f1.5

先日のエントリの後、再度コシナに連絡取ってみた所、
「規格外の前ピン」かどうか検査してみます。
例え「規格内」であっても、少しピントを後ろに調整しましょうか?
調整料はかかってしまうが、この提案を受けて送ってみた。

コシナに届いたレンズを検査した、お返事には
「やや規格に対して前ピンですが規格内です。」とのことだった。

?うん?つまり少し前ピンなのかなと。
これをほんの少し後ピンになるように調整します。
f2.8では深度が深くなっているのでピント内に入るように調整しますと。
今回は無償で調整して下さるとの事。素晴らしい。

お願いして、1週間程で戻って来た。
早速、M9-Pで試写。
うむ。ピントは以前より後ろになってる。

なんて言うか、ギリギリと音を立てる様な、きついピントではないけれど、
説明では、開放では若干のフレアを伴いながらも、解像するレンズとのこと。
そういう、クセのあるレンズなら、私はこれでいいかなと思う。

例えば、検証の為のプリント(全紙とか?)でないとわからないレベルだと思う。
私の日常はキャビネ〜六つまでなのでこれで満足できるプリントが出ればいい。

このレンズ、改めて使いこなしてみたいと思う。
by kasime | 2013-06-21 21:40 | レンズ | Trackback | Comments(6)
トラックバックURL : https://kasime.exblog.jp/tb/17978355
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by R100RS at 2013-06-22 12:15 x
「野暮ですよ。」

kasime様 こんにちは。
薄暮の頃の良い写真ですね~。

かの木村伊兵衛氏は自身がセレクトした写真(スナップショット)に編集者の「これピントが甘くないですか?」との指摘を受け、こう喝破したそうです。
まず、撮影する事が大切。(ピントが鮮鋭で有ればより良いですが)

フィルム撮影でしかもモノクローム印画はデジタルの解像力一辺倒ではない、観る者へその余白を託すのも味のうち、かもしれませんね。(単なる負け惜しみかな~)

しかしコシナ良い仕事しますね~。

敬白
Commented by kasime at 2013-06-23 00:08
R100RSさん、
こんばんは。
ありがとうございます〜。1月の益子です。

木村伊兵衛氏らしい「返し」ですね。
彼は名言を色々と残していますね。

そうなんですよね、デジタルだと「写りすぎているな」と思う事もしばしばです。
自分はそんなに鮮明にモノは見えていないように思うんですね。

「写真らしい」という、もうすでに抽象的な言葉でしか、話せませんが、
好きなので続けて行きたいです。

コシナ、またまた、応援したくなりました!
Commented by kumacphoto at 2013-06-25 20:19
むむ、深いです。
Commented by R100RS at 2013-06-25 22:14 x
北井さんから聞きました。

kasime様
こんばんは

編集者を「そりゃ野暮ですよ」と喝破されたこのお話は昨年12月の北井一夫さんのトークショー(ギャラリー青冬)でお伺いいたしました。

他にもネットではとても書けないお話もイロイロと・・・・。

敬白
Commented by kasime at 2013-06-25 23:16
kumacphotさん、
そうですね、「クセ」と言えばそうですし、
どうしてこういう設定なのかと考えてもうーんと考えてしまいますね。
が、今回の調整で開放でも気にならなくなったので、
コシナの仕事には満足しています。
Commented by kasime at 2013-06-25 23:19
R100RSさん、
こんばんは。
そうだったんですね。
私も7年ぐらい前に映画(昭和を代表する写真家達みたいな感じの)を見たあとに、
トークショーで木村伊兵衛氏と同行したときの裏話を色々とされていました。
<< 親子 Bouquet toss >>