Top

楽しんでいます。
by kasime
最新のコメント
Taroさん、 ええ、..
by kasime at 00:02
あれ? Rollei3..
by Taro at 02:57
とりおたさん、 コメン..
by kasime at 23:41
たまにはこちらにお邪魔し..
by とりおた at 17:10
川越さん、 いや、初耳..
by kasime at 23:59
外部リンク
フォロー中のブログ
言 壺。
sudigital af...
anon
mONOCHROMe
Some Night &...
私の好きなもの
Souvenir~散歩写...
またあした
柚の木にかかる秋の虹
Never Being ...
Andere Seite
いつも心にホリックを
tks旅行記
blue in green
ひげメガネの写真日記
いただきもの
b - r o a d
anonia
アマルコルド
フィルムでのんびり
空、飛んでみる?
Contact&LINKS
■LINKS
のび日記

★コンタクト
kasime[@]excite.co.jp
カテゴリ
全体
お知らせ
現像
つぶやき
買い方
今欲しくなったもの
日記
機材
写真
M9-P
M8
DP2
DP2M
DP3M
dp2Q
dp3Q
α7S
湿地帯
kasimepedia
危機的状況
このブログについて
ボディ
レンズ
フォトメンテナンスヤスダ
プリント
団地
フィルム
未分類
以前の記事
2017年 10月
2017年 09月
2017年 08月
2017年 07月
2017年 06月
2017年 05月
2017年 04月
2017年 03月
2017年 02月
2017年 01月
more...
最新のトラックバック
雪山を背景にて北杜市と韮..
from dezire_photo &..
奥日光
from To Hear the Fo..
色々
from Some Night & M..
検索
ブログパーツ
  • このブログに掲載されている写真・画像・イラストを無断で使用することを禁じます。
最新の記事
エスカレーター
at 2017-10-16 20:13
ズミクロン35mm 八枚玉
at 2017-09-15 20:23
夏から秋へ
at 2017-09-05 23:16
スーパータクマー
at 2017-08-26 21:29
洋館
at 2017-08-22 21:41
記事ランキング
<   2016年 10月 ( 19 )   > この月の画像一覧
Macは直らなかった
a0281778_00032556.jpg
Nikon F nikkor-UD auto 20mm f3.5(TX)

やっとMacが返ってきたが、症状が出ないということで返却となった。
いや、その症状が出た状態で渡したんだけれど、それはどうだったんだろ?
明日、アップルのコールセンターに電話するつもりだけれど、
ハード面での問題がないということで、
こちらのシステムの問題ということなら、何が問題か。
原因を探るためには何時間電話することになるのだろうか・・・。
やっぱり「クリーンインストール」が落とし所かな。
買い換えるとデータが移行できるようになってから10年ぐらい経つのかな。
それ以来ずっと、データを持ち歩いているからおそらく何かが悪さをしているのだろう。
でも、何が悪さをしているのかを特定するのは無理かなと。
初期化して、必要なデータだけ移して戻すという手しかないかな。
あー、あー、あー。

[PR]
by kasime | 2016-10-15 00:04 | 日記 | Trackback | Comments(4)
ファインダーがないと撮れない
a0281778_00123195.jpg
Nikon F nikkor-UD auto 20mm f3.5(TX)

最近、GRを使って甥っ子、姪っ子を撮る機会があるんだけれど、かわいいから、いっぱい撮ってしまう。フィルムカメラでも撮りたいが、今は「奪われてしまう」のでフィルムカメラを持ち込めない。よって、GRしか選択肢がないのだけれど、どうもGRのAFは最低らしくて、遅くて外す。遅いのはいい。dpで慣れてる。ピントの外し方がありえない外し方をする。手前に甥っ子姪っ子がいるのに、無限にピントが合ってたりすることがしばしばある。どうもストレスが溜まるのでもっと慎重に撮ろうと思って、じっと液晶でピントを合わせてから撮ろうとするんだけれど、ふと気づいた。
見えない。
ピントが合っているか見えない。
・・・老眼だった。
ネックストラップでピンと張って手で固定して手ブレを防いでいるんだけれど、その距離だと近すぎて老眼のため、液晶がよく見えないのだ。
このため、ピントを外していても、気にせず撮ってしまっていたのかもしれない。
ああ、もうファインダーがないと撮れないかもと思った。
遠くを見てからぱっと液晶を見て撮ろうとすると全然目のピントが合わなくてシャッターチャンスを逃すのでAFを信じてシャッターを切るとAFの精度の甘さも相まってがっつり外す。
これは・・・やっぱりファインダー付きのカメラの方が楽かもって最近考え始めた。
SONYのRX100シリーズとかいいなとか思ったけれど、高いのな。8万とか。
普通にEOS KISSとか買った方がいいじゃん。コンパクトじゃないけれど。
キットズームでX7とか4万ぐらい?
ともかくファインダー付きの楽々カメラが欲しい。

[PR]
by kasime | 2016-10-12 00:14 | 機材 | Trackback | Comments(6)
13hoursを見た(13時間 ベンガジの秘密の兵士)
a0281778_00461629.jpg
Nikon F nikkor S auto 55mm f1.2(TX)

13時間 ベンガジの秘密の兵士を見た。
評価;★★★★☆
監督はパールハーバーとか、なんか他の映画で有名なマイケル・ベイ。
パールハーバーは最悪でつまらなかったけれど、これはうん面白かった。
映画館で上映されなかったのが不思議なぐらい。
テレビに向かって前のめりになった。凄まじい緊張感。

この映画の題材は、2012年のリビアのアメリカ領事館が襲われた事件がもととなっていて、当時そんな事件があったなぁと思い出した。なんだかイスラム教を侮辱した映画だとかでイスラム圏内でデモが頻繁に起きていたように思う。そんな中でテロが起きる。
アラブの春で体制が崩壊したリビアでCIAが秘密裏に行動していて、それを警護するメンバーが主役。で、そのCIAの秘密基地と領事館は少し離れていて、領事館に警護兵はいるけれど2~3名。そこにリビアの駐在大使が訪れ、これはやばいでしょ?とGRSメンバーは危惧するなか、2012年の9月11日に領事館が襲われる。ニュースでも知られている通り、大使は死亡する。

なんとか大使を助けに行けないか、GRS(Global Response Staff)達はCIAスタッフに懇願するも、「本来ここにはいない存在」のためか、CIAスタッフは判断を躊躇して・・・GRS達は命令を無視して助けに行くも大使は行方不明。他1名のスタッフが死亡。残る警護兵を助け、GRS達も領事館を後にしたが、暴徒達はCIAの秘密基地に襲いかかる。
さて、どうなってしまうのか。

"GRS"って民間軍事会社なのか、それともCIAのパラミリなのか。ちょっとわかりづらい。
アフガン、イラク戦争以降、PMCの存在が大きくなって、戦争をするサラリーマンが増えて、民間警備員と職業軍人の垣根が薄くなっている感じ。
昔は傭兵なんて言ったけれど、いまやサラリーマンって感じ。
軍隊を退役したけれど、職がなくて、これやってますって。
一応、公には元ネイビーシールズ隊員でしたって、公表されているから、民間軍事会社なのかな。

あと、一つ星を減らしたのは映画館でもDVDでも一度見ただけでは全然役者を見分けられないってこと。これは映画を責められないけれど、全然わからん。
まぁ、中東で活動している特殊部隊はほぼ髭面で見分けがつかないから、リアリティを追いかけるとそうなるんだろうけれど、誰が誰だが見分けがつかないから死んでも感情移入できない。これが欧米人だと見分けがつくんだろうか。

あとは、リアリティあっていいんじゃないの?もう少し掘り下げた方向でやってもいいかもしれないけれど、キャサリンビグローとかになると、重すぎるし、かと言って、ブラックホークダウンの時のスタッフだとアメリカ礼賛になりそうだし。

助けてもらえないという感じは今も大統領の選挙戦中だけれど、当時が民主党だったから?共和党だったら、なりふり構わず、ガンシップとかで援護した?ちょっと政治的な部分が見え隠れしているところも考えてみると面白いかもしれない。

おそらく、当時の事件を知る、クリントンが大統領になったら、全面撤退の方向性を出すと思うし、トランプが大統領になっても案外、冷静に撤退命令出すのかもしれない。
それほど、中東は今、カオスだと思う。

アラブの春は失敗したのかな。
その結論を出すにはあと100年ぐらい必要かもね。
何人死ねばいいんだろう。

[PR]
by kasime | 2016-10-11 00:47 | 日記 | Trackback | Comments(0)
MacbookProが直らない
a0281778_23474138.jpg
Nikon F nikkor S auto 55mm f1.2(TX)

昨日に引き続き、直らないシリーズ。
MacbookPro15を去年の11月に買ったんだけれど、買った当初から調子悪くて、
スリープ状態から戻らないというか、バックライトはついているのに、画面は真っ黒。
で、12月に修理に出した。
1回目から上席に変わって担当制で対応してくれたんだけれど、
不具合が再現できないのでと返ってきた。
でも、家では再現しまくるわけで。(毎日出るわけではないのが痛い)
2回目の修理で「上席権限」というものがあるので、
不具合がなくても「ロジックボード交換」しますと言われて、じゃあ、お願いしますと。
で、返ってきた。
ダメだった・・・。
もう一度。3回目。異常なしということで戻ってきた。
電話口では「機械が馴染むまでしばらく使っていただけますでしょうか」といったニュアンスだった。
諦めて、使っていたが、結局、今日に至るまで不具合は続いている。
最近は毎朝、開くと熱を持っていたり、ファンが異常に回っているので、ちょっと火を吹くんじゃないかと不安になっている。
熱を持っていればその時は不具合が発生するとわかった。
その不具合が出た状態でそのままアップルストアに持ち込もうか。
1年ほど使ったが、そろそろ新品交換だー!ってなわけないよね。

[PR]
by kasime | 2016-10-07 23:48 | 日記 | Trackback | Comments(4)
エアコンが直らない
a0281778_23264656.jpg
Nikon F nikkor S auto 55mm f1.2(TX)

エアコンがまだ直らない。
部品ってそんなに作るのに時間かかるの?
基盤交換って・・・
1年半で壊れたので、ちょっと不満がある。保証は効かないという。2万7千円ほどかかりますって・・・。
百歩譲って有料なのはいい。
なんでまだ直せないのかが不満。
部品発注したのが9月12日って言っていたが、もう一ヶ月になってしまう。
21日に「しばらく入荷しないようです・・・」とサービスセンターの人が言っていたが、
「しばらく」って・・・1週間ぐらいかと思ってた。
さらに遅れるなら、遅れるって、連絡があってもいいと思う。
もう今は余剰在庫を抱えたくないから受注生産みたいになっているのかもしれないが、遅すぎる気がする。

今日なんて34度だったので、室内の熱がこもっていてなかなか抜けなくてけっこうきつい。

すぐに壊れて、いつまでたっても直せないってメーカー対応としては最悪じゃないのか。
今回の対応でこのメーカーのものはもう買わないかなと決めた。

[PR]
by kasime | 2016-10-06 23:33 | 日記 | Trackback | Comments(0)
55mm
a0281778_23163293.jpg
Nikon F nikkor S auto 55mm f1.2(TX)

55mmは少し狭い。
58mmはもっと狭い。
35mmになると結構広いなぁと思う。
これが50mmに戻るとちょうどいいとなる。
一眼レフは特にそう思う。
ただ、55mmも58mmもnikkorで好きなレンズがあるから使いたくなる。
今度はnikkor S Auto 5.8cm f1.4持ち出そう。

[PR]
by kasime | 2016-10-05 23:17 | レンズ | Trackback | Comments(0)
TRI-X
a0281778_00224792.jpg
Nikon F nikkor S auto 55mm f1.2(TX)

うーん、やっぱりトライーXはいいな。
適度なコントラストと滑らかさが好き。
他のフィルムを使って戻ってくると、いいなと思う。
慣れているせいもあるんだろうな。
しかし、高くなったもんだ。900円とな。

[PR]
by kasime | 2016-10-05 00:25 | フィルム | Trackback | Comments(0)
腰を上げて現像
a0281778_20151386.jpg
M3 Summicron 5cm f2(TX)


やっと腰を上げて現像した。
120が1本と135が3本。
アクロスとRPX400なので現像時間を間違えないように。
現像も腰が上がるまでがナカナカねぇ。
撮っている時は楽しいのにねぇ。
でも、今年はフィルム結構撮っているのでかなり楽しい。
数えてみたら、カラーネガ10本、120を3本、モノクロ135を33本。
合計46本。

ふむ。いい調子。
今年は久しぶりに長巻も導入して本数が増えている。
いいね。

[PR]
by kasime | 2016-10-03 20:15 | 現像 | Trackback | Comments(2)
香取神宮
a0281778_21145095.jpg
M3 Summicron 5cm f2(TX)

香取神宮。
この日は潮来のあやめ園に行った後、少し時間があったので寄ってみた。
夕方5時ごろに着いて、駐車場を見回すと、ほぼ誰もいない。
6月だったので5時でも陽が高い時だったが、参道に入ると、一気に薄暗くなり、雰囲気抜群だった。
そして、参道では人組の海外からの旅行者とすれ違っただけだった。
厳かとはよく言ったものだと思いながら、その雰囲気を味わった。
a0281778_21183977.jpg
神の使い

a0281778_21185311.jpg


[PR]
by kasime | 2016-10-02 21:19 | 日記 | Trackback | Comments(0)